« テッカテカ | トップページ | 店員チック »

2007年1月13日 (土)

テーラー

Dsc02095 浮いたり沈んだり、そういう気持ちの動き方は、それほど単純にキモチが良いものではないかもしれません。もちろん、移り変わる感じは様々な意味で経験にもなりうるし、そんなことを通して人は何かを形成するのでしょう。……でもねぇ、そんな綺麗ごとばっかり言っても、そううまくは感情ってやつは働かないもんなんですよね。うまく、いかないなぁ。

 さて、世の中のセールの流れに一歩遅れて、都心部のギャルソンやワイズ達はセールが始まります。そして、その頃に百貨店などの売り場にいくと、恐ろしい数の、見慣れた服たちに身を包んだ人々がいらっしゃいます。……女性も男性も。

 んで、一応、今回は優しく見守る姿勢を保つつもりが、やおら家人どもがやれレザーシューズだの、やれパッチワークブラウスだの、やれコーデュロイパンツだの、やれ新しいメガネだの―あ、これは違う系列か―を買い漁るもので、ほんの少しだけ、買っても良いかなぁと思っていた類に手を伸ばすことに。……まぁ、でもめぼしいところは既にプロパーで買っているわけですし、なおかつセールに素晴らしいモノが残っていることはあまりないのですけれど。

 そんな流れでとりあえず決めたのは、黒いパンツを買っておくべ、ということ。ギャルソンのセールにおいて、最もコストパフォーマンスにすぐれ、素晴らしい品質なのは、間違いなくパンツであると僕は断言します。綿にしたってウールにしたって、あれらがセール価格だと、明らかに価格相応以上。……ちなみに、履けばわかることです。逆に言うなら、履きもせずに「そんなに良いとは思えない」なんて言ってはいけません。履いて分かる、品質の良さがあるわけです、はい。

 チノパンとか、デニムとか、ウールスラックスとか、総裏地キュプラの綿パンツとか、それこそコーデュロイなんかも候補ではあがったわけですが、結果落ち着いたのは、やはりプリュスとかシャツ、ジュンヤなどではなく、オム。ギャルソンオムの、随分しっかりしたコットンの、ポケット部に小さくネクタイ柄のついたパンツ。……ネクタイシリーズはあんまりシーズン中では人気がなかったわけですが―僕の主観では―、果たしてモノとしてダメだったかと問われればそんなことはなく、ただただ「ネクタイシリーズをセットアップで着たりするには、似合う人が少なすぎる」というだけな気がしていたのです。……現に、僕のよく行くオムの店長さんは、良く似合っておいででした。

 そんなイメージだったので、パンツならネクタイ部の主張も少なく、なおかつ中前にしっかりとキュプラ裏地が張られているので、コレしかないな、と。コットンのハリがもの凄いので、履いていると自然と厳かな気分になります。ちなみに形はちょっとテーパード気味です。これも良いですね……って、ホントにテーパード好きです。

 黒いパンツ、と言いつつ実はベージュのチノパンも欲しいなぁ、と漁っていたのですが、やはりというか色味があんまり好みでないのでスルー。ギャルソンのパンツのベージュ色は、苦手なことが多いのです、何故か。やっぱりこうなりゃ、マルマルさんのお世話になるしかないのでしょうか。……しかし、価格が雲泥の差だからなぁ、としり込み。

 ところでギャルソンのセールはスゴイ人でした。感想としては、オムはデザインモノはわずかしか残っていなく、シンプルなものがたっくさん残っていた印象。スニーカーだとかは、店舗によりあったりなかったり。プリュスは、すごい売れ残りしかない感がありました。バイアスがやたら残っていましたが、結局あんまり好みでなかったし。……シャツラインは一番豊富でしたね。良いブルゾンだのジャケットだのも残っていました。ただね、セール価格でようやく普通の適正価格という印象が否めません。いい加減ユーロ高をなんとかしてほしいものです。ジュンヤはすんごい残ってました。リーバイスなんかはトクですよねぇ、あの価格なら。

 レディスもソコソコ。コムコムは結構残っているほうですかね。相変わらず欲しいブラウスがセールになっているものの、これまた結局サイズが増えたりしていることはないわけなので、買えない。着れるけれど、望むようなサイジングにはならないんですよね……レディスだから仕方ないけど。トリコはウールがトクです、ジャケット。本ラインは靴がおススメですかね。逆に言えばやはり良いコートやジャケット、ニットなんかはしっかり残っていませんでした。ジュンヤは断然コートがおススメ。良いのがまだまだ残っていました。……ありゃあ、セール価格だと素晴らしすぎるわ、お世辞抜きで。

 ちなみにヨウジさん方のセールも顔出し、つってもレディスのみ。メンズはもとより着る気があまりないので。ヨウジヤマモトではマフラーが秀逸。それにしてもいっつもビッグサイズだわー、としみじみ。ワイズに関しては、僕イチオシのかわいいコートが残っていました。買ってしまおうか悩んだのですが、「これは是非とも、女の子がきるべきである」と想いなおし、スルー。ワイズは結構、良いモノが残ってましたねぇ、毎度ながら。……ノアールも行きましたが、あまりの人の多さにまともに見れませんでした。普段はノアールなんて、僕が行くと店員以外見かけたことはないんですがねぇ(笑)。

 あ、めちゃ長いわ、シメ。FUDGEを読んでいて、すごく気になるトコロがありました。僕としては珍しい惹かれ具合。自分に、という意味でもそうなのですが、「あ、あの人に絶対ピッタリだ、コレ」って感じが強くしたのです。だからって、別にどうにかするわけはなかったり。すんごい余裕があったならば、「コレ、絶対ピッタリだから、ほら。」なんてしてみたいキモチはマンマンですが、今の僕にはまだ出来ません(笑)。……でもなぁ、絶対ピッタリなんだよなぁ、恐ろしいくらいに。

 本日のカップ:にゅう/緑茶。濃い目に淹れてくれたので、とても好みの味。お茶は濃い目が良いんです、個人的に。薄いのは、あんまり飲んでいる気がしないんですよね。正常な色の範囲で、濃い目がベスト。     circus

|

« テッカテカ | トップページ | 店員チック »

「fashion」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。

浮き沈みかぁ・・・私も今なんか不安定な感じで
本当は泣きたい気分なのに泣けないです。
すっきりしない感じが続いております。


あ、ガラードさすがです!
ミックジャガーの娘がクリエイティブディレクターです。

ガラードではスカルのことをヨリックと呼んでいるそうです。
私はこれまでドクロは苦手でしたが、
ペラフィネのドクロも
「人間はいつか骨になる」という宗教的意味合いが
込められているんだよ。
と聞いて単純なものですから
「ほう、ほう・・・」と納得しまして、
うまいこと丸め込まれてしまったのです。

早く手元に届かないかな♪

投稿: みゆ | 2007年1月14日 (日) 14時28分

飴、アタリでしたね、いいなぁ〜
1欲しいっすわ。

穿けばわかる良さって一番キケンですよね。
見ただけではなんてことないものも、穿いた瞬間に支払いをどうするか考え始めます。
よくあります(苦笑)

投稿: りやう | 2007年1月14日 (日) 15時55分

>みゆさん
泣きたいのに、泣けない。いやー、わかります非常に。
ペラフィネはドクロ満載というか、ドクロかヘンプかって話ですからねぇ、柄は(笑)。
僕もドクロは得意ではないのですが、そのドクロの在り方や使い方で、気に入ることもしばしば。
やっぱ、気になりますねぇ……見に行くしかないか。

投稿: circus | 2007年1月14日 (日) 22時47分

>りやうさん
僕は逆にりやうさんの10が羨ましくて(笑)。
そうそう、キケンなんです、実に。
今日もとあるモノに惹かれてしまい、「履いてみちゃいますか」という話になり、「いや、履くとたぶん買ってしまう……」なんて言ってました。
結局、履いたんですがね。
そのうち、アップします。……って買ってるじゃないか、僕。

投稿: circus | 2007年1月14日 (日) 22時50分

買ったんだ、買っちゃったんだ。
そのやりとり、とってもよーくわかりますよぉ。
よく言います「穿くと欲しくなるんでぇ」って(笑)
そればっかりですが、言うまでもないですが
その点はマルマルもとってもとってもキケンです。

投稿: りやう | 2007年1月14日 (日) 23時12分

>りやうさん
たぶん店側も分かってるんですよね、「あ、履かせれば買うな」って(笑)。
マルマルさんでもきちんと冒険してみたいところです、この春に出来れば。

投稿: circus | 2007年1月16日 (火) 00時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/11130/4917443

この記事へのトラックバック一覧です: テーラー:

« テッカテカ | トップページ | 店員チック »