« テンポ | トップページ | 程度 »

2007年1月 4日 (木)

転換

Dsc02084 例えば悲しい時や苦しい時、あるいは切ない時、ある種の転換を思考上、便宜的にだけでも行うことによって、グッと気分が変わったりします。それを言いようによっては、現実逃避とか悪く響かせることも可能だけれど、便宜的な切り替えを行えなくなったら、人間はパンクするんじゃないかなぁ、と思います。……ただただ、切り替えにも限度はもちろんあるので、その事象の種を、いち早くどうにかしなければならないのは、確かなのでしょうが。

 さて、イノシシ年ですよね、今年は。漢字で書くと、亥。ベアリスタくんも、新年を祝ってくれています。ブー、と。…………ブタやんけ、この鼻。一応テーマはイノシシなんです、はい。でも、かぶりものをして、装着しているマスクが……完全にブタさんです(笑)。なんとまぁ、愛くるしい。

 このベアリスタ、年末あたりから発売されましたが、今回は数がヤバイ感じに少ないです。日本向けには、そんなに数が入ってきてないみたいなんですよね。というのも、このベアリスタは中国の新年企画モノっぽいらしいので。道理で、色もなんだかアジアンだし、ぶら下げている袋も妙にチャイニーズです。

 以前もの凄く前にも、似たような類で香港向けだったかとかで「ドラゴンベアリスタ」があったりしましたが、それは今ではかなりのプレミアですからね。コレにそんなプレミアがつくとは到底思えませんが、ドラゴンばりに面白く出来が良いです。……にしても、ドラゴン欲しいなぁ。プレミア価格とかで買いそろえる気は全然ありませんが、せっかくなら欲しい。白くまも。

 あ、ちなみにマスクもかぶりものも、しっかりオープンすることが出来ます。コレ重要ですね。ベアリスタはその辺りは徹底してくれているから、良いのです。そこらの人形になってくると、かぶりものをはずせても、中がなんとなく手抜きしているのが見え見えだったり、そもそも完全に縫い付けられていたりして、楽しみが薄いんですよね。

 でもこんなにカワイイベアリスタくんも、袋に直行します(笑)。飾るスペースが……って前にベアを書いたときも、その前も同じこと言ってますね。そりゃ、そうだ、増える一方なんだから。アレですね、こういう時にこそ、どれだけドラえもんの四次元ポケットが偉大であるかを感じます。……ま、当然最強はもしもボックスであることは疑いありませんけれど。

 シメ。志村けんさん、すげぇわ、やっぱり。どれだけ面白いんだよ、と。レベルが違うんですよ、もうテンポもテクニックも。今の若手は、絶対にもっと志村さんのコントを見るべきです。実際、志村さんのフリークである、ダウンタウン松本さん、ナインティナイン岡村さんなんかは、あれだけ面白いわけですから。……ねぇ。

 本日のカップ:エチオピア、ケニア。やはりまだまだ、兄には敵わない。僕がワンランク腕を挙げると、兄も当然ながらさらに腕を挙げている。一体、いつになったら追いつくことが出来るのか、わかりません。けれど、せっかくハマり出したことなので、負けたくはない。そのうちに、追い越してやります。……でも、兄以上になったことがあるのなんて、そうそうないんですよねぇ。唄や文章を作るくらいかなぁ、きちんと勝っていると思えるのは。     circus

|

« テンポ | トップページ | 程度 »

「zakka」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/11130/4798406

この記事へのトラックバック一覧です: 転換:

« テンポ | トップページ | 程度 »