« テーラー | トップページ | 照り »

2007年1月14日 (日)

店員チック

Dsc02096 今月号のFUDGEは面白いです。若干ブランドの羅列に辟易する面もあれど、魅力的なトコロを幾つも取り上げてくれています。中でももの凄く魅かれたところがありまして、既に一つのアクションは取りました。いろいろ悩んで時間はかかるかもしれませんが、いずれお披露目できる日を楽しみにしたいですね。……あー、すんごく味気なく乾いてしまっている日常に、ありがたかったです、FUDGE。

 昨日のパンツに引き続き、洋服の山に飛び込んできたのはコレでした。ギンガムやストライプが気持ちよくパッチワークになっている、ブラウス。僕は去年の立ち上がりの際、最もパッチワークがもの凄いやつの濃紺を買いましたが、ピンクもやはり忘れがたい、とのことで購入。……それにしても、このパッチシリーズは一体、何パターンあったのやら。

 立ち上がりで見たときは、大きめパッチ、たてパッチ、もの凄いパッチ、の3種類しか見た記憶がなかったのですが、コレはまた別パターン。基本的には大きめにざっくりとパッチです。前身ごろは左が太ストライプで左が大ギンガム、襟は小ギンガムで、袖なんかもちょいちょい違って、ラウンドカラー。

 ところがどっこい、これ以外にもまだ違うパターンがあったようで、兄がそれの水色を買っていました。それは裾がスクエアになってまして、前身ごろは全部ギンガムで、裏や袖が違うようなパッチ……。こうして考えてみると、全部で5,6型はあったんでしょうかね? 結局は。ま、どれもソコソコ良いわけで。でもなんだか、某ローソンの店員みたいな感じがしてしまうのは秘密です。

 前買ったパッチは、スクエアだったのとサイジングがもとより小さめだったので、ピッタリ着たいキモチでMを選択しましたが、今回はS。珍しくサイズ変更です。セールにも関わらず、サイズは微妙に選べる状況ではあったので、いつも通りMでいこうかとも思いましたが、今回のパッチワークの感覚がなんとなくコムコム的だったので、それを意識してなるべくピッタリするサイズを選ぶことに。……ネライどおりの良い感じです、はい。

 それにしても、僕の服たちは赤だのピンクだのが多いような気がします。小さな頃から好きな色たちなために、仕方無いといえばそうなんですが。……でも世間的にいくと、男がやたらめったらピンクを着ているってのは、どうやら「なんだかなぁ」という感じみたいです。僕なんて、春はキケンなほどにピンクなんかのキレイなカラーが必然的に増えてしまうので、いかがなもんなんでしょうね。「なんだかなぁ」と思われたところで、変える気はめっきりございませんが(笑)。

 ブラウスが妙に増えていきます。たぶん、立ち上がりでも水玉さんが出るとか出ないとからしいので、いってしまうことうけあいですし。DIGAWELさんでも、定番をひとつ買い足すつもりですし、とあるところのベージュのブラウスも必然。……こんなにブラウスばっかり買ってどうするんでしょうか、僕は。まぁ買っておいて腐るような類のものではない―モノとしても、形としても―ブラウスばかり買っているので、問題はないんですが。幾つになっても着れるというか。大切にしさえすれば、何年も持つわけですし、服は。

 んでは。久々にブタの角煮なんてのを食べましたが、キツイ。かつてのころのように、「ウマイ、ウマイ、いくつでもいける」なんていう考えは、露ほどにも浮かばず……。やっぱり肉は鳥だろ、という結論に戻ります。そして今現在は、やたらと野菜がおいしいので、ついつい野菜ばかり食べたくなってしまいます。

 本日のカップ:しゃん/緑茶。あんまり油っこいものを食べてしまったので、なんとか油を退治してくれないものかとお茶。ウーロン茶が油を溶かすのは当然ですが、ウーロン茶を飲みすぎると喉がガラガラしてしまうので。

|

« テーラー | トップページ | 照り »

「fashion」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/11130/4930060

この記事へのトラックバック一覧です: 店員チック:

« テーラー | トップページ | 照り »