« テーマ | トップページ | テンポ »

2007年1月 2日 (火)

テリトリー

Dsc02082 今年初めてまともに読んだ書籍は、年が明けた夜に気分で選び出した、安部公房の『R62号の発明・鉛の卵』という短編集で、とりわけ「鉛の卵」に重心を置いて読んだのですが、今年初めてまともに読んだ長編は、村上春樹の「世界の終りとハードボイルドワンダーランド」になりました。……なんか、これまではハードボイルド側の話が好きだったのに、今年読むと、心境の変化なのか成長なのかは知りませんが、いつの間にか世界の終り側の話にひき込まれていました。それはもしかしたら、今の僕の心が、世界の終りの中の「僕」の心に、共感を憶えているというか、近いものを感じているからかもしれません。……夢と心と唄。多くのつながりで、愛が表現される。なんと素晴らしきことかな。

 さて、あれだけ今年は福袋なんて真面目に買ってみます、などと豪語していたので、他にやりたいことや眠気や寒気が襲う中、伊勢丹なんかに並んでみたりとかしてみたり。すんごい人でしたねぇ……中には、おそらく相方さんのために並んでいることがうけあいの女性もいましたし。メンズ館でもこのザマですから、本館はどれだけ恐ろしいことになっていたでしょう……伊勢丹、強いですねぇ。

 んで、並んでいる間に、一体何処の福袋を買うべぇ、なんて音楽を聴いてコードを浮かべつつ、かつ小説を読みつつ、さらにはもうひとつ別のことを考えつつ、バカみたいに4つの思考を同時に進めた結果……まずは当然として、普段見向きをしないようなトコロはカット、続いてデザイナー系もカット、加えてセレクト系もカット、となると、ラルフとか王道さんはと考えたのですが、やってないんですね、やっぱり。……ということで、もう最終的に初期の予測通り、スポーツ攻めでしょう、と。フレッドペリーの悩んだところですが、結局僕の中での定番、ノースフェイスに到着。

 諭吉さんバージョンと、ザ・たっち式諭吉さんバージョンと2種類あったのですが、たっち式バージョンを購入。というのも以前、諭吉バージョンを買ったことがかつてあるので。伊勢丹では、中身のすごく大雑把な説明をレジのところで開示してあります。諭吉バージョンは目玉がフリース、たっち式はそれにジャケットとのこと。……オーケー、申し分ない。

 入っていたジャケットが画像のコレ。なんとまぁ、普通に店頭で売られているV3ジャケットです。ストレッチソフトシェルってところですか。あるいは、ハイテクノロジーのジャージとも言えるか。コレ、いいですねぇ。どうせ入っているならアコンカグアか、こういうフードなしの中庸ジャケットがいいなぁ、と思っていたので。ヘタにマクマードとかアイスジャケとか入れられちゃったら、処理の使用がないですからねぇ(笑)。以前買ったときは、どうやらマクマードだったらしいので。……純粋にトクです。これだけで既に払った金額超え。色もなんとまぁ、ありがたいことにブラック。ありがとうございます、ゴールドウィンさん。

 次に入っていたのが、キョウトプラムなどという微妙なパープルのマイクロフリース。あ、でも元来パープルは好きなので、俄然いけます。おそらくフリースは福袋用の生産だと思われます、たぶん。コレもアタリ。そしてお次がモスグリーンのハーフジップサーマル。もう少し渋いグリーンがいいっちゃいいんですが、コレも断然役立ちさんです。ていうか、コレも未だに店頭売りしてるヤツですねぇ。

 んで、パンツも入っていました。粗めのコットン編みで製品染めチックなパンツ。形はモロにクライミングパンツ的―グラミチとかそういう感じですね―で、悪くない。というか、むしろ丁度良い。ベーシックなパンツを入れられても、きっと履かなかったでしょうからね。クライミングパンツなら、スタイルとして便利。……質感も結構好きで、履いて洗うほどに色が落ちてアタリが出る感じ。しかも色はまたしてもブラックときたもんですから、テンションは上がります。

 んで、仕上げがグレーのコットンT。それも変な柄じゃなくて、オーソドックスにうちでは愛されているロゴT。それもグレーグラデーション。……何枚あっても良い部類です。ここまでで、十分満足。コストパフォーマンスはかなり高い。まぁ、モチロンもともとノースフェイスに好感を抱いているし、自分の普段着に着るタイプだからこそ言えることですが。

 一応ですねぇ、そのほかに二つほど入ってたんですが……それらは譲渡することに決定。片方はフィッシング系のマルチベスト―意外にもこれも未だ店頭販売していて、何気に高かったりしましたが……使わないし―と、ハット。これらは親に譲渡です。あいやー、それはそれでいいか。……それにしても、総額としてはどうやら諭吉さんがバレーボールとちょっとくらい、というなんともアレな結果。価格相対としては、もっとトクな福袋はゴロゴロありますが、実用性という範疇においては、もはや一般的には服が有り余ってウジャウジャしている僕にとってしても有益に働いてくれる結果で、ノースフェイスはなかなかに素晴らしいと思います。

 みなさんは福袋とか、初売りとかいかがだったでしょうか。福袋に関しては、楽しめる人だけ買えばいーと思います。個人的には、デルフォニックスの福袋を逃したのが後悔ですが。……そんなこんなで今年の福袋チャレンジは終了です…………たぶん。

 んでは。とっても詩が書きたい気分です。この前頂いたベルリンのリン酸のビン、神保町の駅の少し汚れたレンガ模様、上から見下ろした道路交差の五角形、壊れ始めているCDコンポ、淡く表示されるデジタル数字……そういった何かが、頭をよぎります。ひっかかる。たぶん、どこかに真理が隠れているのではないか。ただの杞憂なんかでは、ない気がするのです。特に、レンガ模様が。

 本日のカップ:白ぶどうサイダー。なんとなく、しばらく炭酸を飲みたくないモードに突入しつつあります。今家にあるコーラを飲みきったら、たぶん本当にしばらく炭酸を断ちます。別に健康志向とかじゃ全然なくて、いつもの僕のパターンとしての「流れ」が来ただけです。誰も、理解はしてくれないけれど、そういう流れや波なんて。     circus

|

« テーマ | トップページ | テンポ »

「fashion」カテゴリの記事

コメント

おー、良いじゃないですかー、実用的。
V3ジャケットは私のバイト時用に良さそう、でも「いかにもアウトドアショップのスタッフ」すぎちゃいますかね。
ノースフェイスときたらハイブリッドアコンカグアのブラック、これカッコいいです(レッドは仮面ライダーみたいですけど)
写真、SO902iのカメラが悲鳴をあげてますね(笑)
拡大すると、赤とか緑とか見えてしまう。

投稿: りやう | 2007年1月 3日 (水) 00時30分

>りやうさん
実用性はピカイチの福袋でした(笑)。
V3は気軽に羽織れるので、非常に助かりそうです。
でも確かに、アウトドア臭は満点かも。

ハイブリッドのレッドを街で見ると、過剰反応します。
絶対アレ企画した人、ライダーV3好きだよなぁって。
ブラックは使えますよね、動きやすそうですし。

なぁんか、地味に濃い色に弱いみたいで、すぐ粒子がひどいことになります。
ま、携帯カメラにそこまで望むなってハナシかもしれません。
あー、デジカメ欲しいなぁ。でも買えない。

投稿: circus | 2007年1月 4日 (木) 00時28分

伊勢丹に行くなんてつわものですなぁ旦那。
新宿のあの人の多さに卒倒しそうな勢いなのに(笑)
でもよかったですな。
そういや福袋は購入したことないや!!

投稿: 弥勒 | 2007年1月 4日 (木) 23時24分

>弥勒さん
行ってしまいました、無謀なことです(笑)。
極力、周りの空気をシャットアウト―音楽を聴き、小説を読み、考え事をするという荒技―することにより、乗り越えました。
福袋、何が入っていてもある程度笑って流せる人は、楽しめます。

投稿: circus | 2007年1月 5日 (金) 22時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/11130/4772468

この記事へのトラックバック一覧です: テリトリー:

« テーマ | トップページ | テンポ »