« コンフィデンス | トップページ | コミット »

2007年2月15日 (木)

渾然

Dsc02137 前置きは連日して安藤さん。今日は必死こいて―こんなに必死こいたのは久々です―「唄い前夜」を耳コピしていました。ギター弾きにはツライ転調だったり、ギター弾きには決めあぐねる響きのコードだったり、紆余曲折の末、普通にギターで弾いて口ずさむ分には、十分に心地良くそれなりに適切なコードを、割り出しました。正直、ソコソコ大変でした。最近は楽な曲ばかり耳コピしていたせいかもしれません。……安藤さんのは比較的ラクな曲も多いけれど、面倒なのはホント面倒なんですよねぇ。

 今日は予告どおりの「甘くてステキなモノ」を出します。一枚目の画像の、この包み紙たちだけで分かったらスゴイです……って、名前が書いてある紙を一緒に撮っちゃってますね(笑)。これじゃ、分かりますね。そうです、伊勢丹にオープンしました榮太郎飴総本舗のポップかつカラフルなお店、Ameya Eitaro(あめや えいたろう)の飴たちです。

 ステキだと思います。伊勢丹にはまだ、少し出来る人がいるんだなぁ、と実感します。店舗スペースも悪くない。白を基調として、カラフルだけどどこか落ち着いた雰囲気で攻めています。定番の飴達も、オリジナルのパッケージで売られています。僕としては、元の昭和な感じの方が好きですが、まぁモードな感じにしたかったんでしょう。

Dsc02138 まずはコレ。一番の押しでしょう、今回のオープンに対するエース。板あめの「羽一衣」です。分厚い名刺のような佇まいのプレート達、これが飴なんです、はい。ストロベリーにミント、ミカンにアーモンド、ヨーグルトにチョコレート。……これが驚きの食感。製法としては、なるべく中に空気を混ぜ込むようにして、発泡させる雰囲気で飴を固めているのでしょう。

 バリッとか、ペロペロとかそういう擬音の食べ方ではありません。パリパリサクサク、ジュワーという擬音。なんというかスナックみたいな感覚で口に入れ、口の中では綿飴とかカルメ焼きのような風合いで甘さを残して溶けていきます……コレ、食べると分かりますが、本当に衝撃ですよ。絶対に、欧米ウケします、特にヨーロッパ。味としては、かなりリアル。ミントはかなりスッとするし、ミカンはオレンジではなく、ミカンなのです確実に。お気に入りはストロベリー、ヨーグルト、アーモンド。

Dsc02139_1 そしてある意味の金字塔。みつあめの「天使のおしゃべり」です。蜜状の飴なんですね、はい。まるでハチミツのような感じ。けっこう、ゆるいですけれど、固さは。パンに塗ったり、紅茶に入れたり、お菓子のソースに使ったり、本当に幅の広い使い方が出来ます、コレ。……これもスゴイなぁ、うん。

 画像は小さいビンの6個入り。中くらいのビンは、丸さがカワイイ容器で、大きいビンは、ビネガーのような容器です。どれも美しい。味は全部で6種。ベーシックな有平糖、黒糖、抹茶、アールグレイ、柚子、ハーブミントです。ベーシックなやつしかまた食べていませんが、面白い。すごいスッキリした甘さなんですね、実に。……ハチミツとはまた違う趣。コレ、香りつきの味は、店の人もいっていたように無糖サイダーとかで割っても、すごく美味しそう。うーん、いいですね。

Dsc02140 そしてコレが果汁あめの「太陽のウインク」。味は全部で10種。レモン・パイン・ラズベリー・グリーンアップル・ブルーベリー・グレープ・ストロベリー・キウイ・ピンクグレープ・パッション。……すごい沢山です。画像のは全部が一粒ずつ入った袋モノ。あとは個別のボトルが12粒入りで用意されています。あはは、でもこの袋は確実にパパブブレのパクリですね、ソックリ(笑)。

 コレ、まだ勿体無くて食べてないんですが、明らかに見た目が美味しそうなんですよね。パッションとか、やばそう。榮太郎の飴といえば、やはり砂糖というか有平糖全開って感じの味なわけですが、コレは別物っぽいですね。明日はお休みなので、コレをお供にして出かけようと思います。……うわ、ワクワクする。

 あとはノーマルな4種のえいたろう飴が先ほども言ったように、オリジナルパッケージであります。そしてマルジェラと同じノリの「組あめ」もあります。どれも、プレゼントに使えるような趣ですね。おそらくソレはネライなのでしょうけれど。……これまで榮太郎が好きでも、どうも人にあげるには無粋すぎる感があったので、これからは全くもってプレゼントに出来そうです。パパブブレには、ちょっと及ばないけれど、悪くないです。

 飴好きな方も、まだそうでない方も、是非一度足をお運びください。そして試食なりなんなり、しちゃってください。きっと気に入る方も多いはずです。今ならまだ、正直空いてます(笑)。知らない人もいるでしょうし、榮太郎のイメージよりカラフルだから気付いていない方もいるのでしょう。空いているうちに、いろいろ遊んでみるのが良いですよ。

 ではでは。明日はどうしましょうかねぇ、一箇所行くところは確定しているのですが、それ以外が全く未定。なるようになりますかね、流れに身をまかせましょう。でも、無駄遣いはしないように、引き締めていかないとな。

 本日のカップ:東ティモール/コーヒー。はい、ショート。今の自分のコーヒーの淹れ方を見ると、客観的に見て「昔の自分の淹れ方は、ちょっとアレだったねぇ」なんて思ったりします。兄にもその頃、「お前はまだまだダメだ」なんていわれていましたが、今になるとその意味がよく分かります。それだけ、腕が上がったってことでしょうかね。     circus

|

« コンフィデンス | トップページ | コミット »

「food」カテゴリの記事

「zakka」カテゴリの記事

コメント

実は今回の義理チョコレートのお返しには
ここの飴を第一候補と考えておりました。
去年のパパブブレがかなり好評だったので、
今回も飴で勝負かなと(笑)

というわけで、今回はcircus さんお勧めのこちらにしたいと思います。

投稿: juverazio | 2007年2月15日 (木) 23時55分

はじめまして!いつも楽しく読ませていただいてます!

わたしも今日伊勢丹へ行って、あめ見てきたのでびっくりして
ついつい書き込んでしまいました!(^^;
見た目にも可愛いと、ほんとにうれしくなりますよね。

それで先日の日記ですが、「春の雑誌は心躍る~」というやつ
私も年中春服で過ごすような春服好きなので、すごい共感しました!

投稿: 華子 | 2007年2月16日 (金) 00時34分

ちわーす。

すごいなー。その飴。飴って普段食べないけど、
これはその辺の飴とは違うんだね。
来月でも東京行けそうなので寄ってみなくちゃ♪
時間があれば、なんだけど。2泊3日じゃ足りひん!!

先日東京の広告○理店の男と逢う機会があったのですが、
遊びなれてますねー。
女遊びもたくさんしてるんですけど。
仕事もかなり出来る雰囲気だった。
いろんな意味で刺激ウケまくりでした。
私なんて所詮一般人なんだなーと。
男性からみてこういう男はどうなんだろう??

投稿: みゆ | 2007年2月16日 (金) 16時21分

>juverazioさん
パパブブレを使ってしまったとあれば、榮太郎はうってつけと思います。
特に羽一衣なんか、ウケルこと間違いないでしょう。

食べやすすぎて、太ることが懸念されるのが欠点ですが(笑)。

投稿: circus | 2007年2月16日 (金) 23時30分

>華子さん
はじめましてです。ご覧頂き、嬉しいです。
特に飴とかの類になると見た目、パッケージなどは重要ですよね。
中身に合った状態がベストだよなぁ、と感じます。

ですよね! 春はホントに大好きです。
今年は暖かくなるのも早そうなので、お互い楽しみですね。
これからもよろしくお願い致します。

投稿: circus | 2007年2月16日 (金) 23時33分

>みゆさん
どうもですー。

羽一衣は確実に衝撃を受けますよ、はい。
東京にいらっしゃるのですかー、伊勢丹は行っておいても損はないと思います、少なくとも他の百貨店に行くよりは。
2泊3日だとスケジュールがきつそうですね、代官山も楽しいですし、青山も良いですし。出来る限り楽しんでくださいね。

んー、僕としてはその人のやり方や動き方、ふるまいなどが、その人の役割と合致していれば好感です。
遊び慣れていると、多くの意味で様々な手間を省けたり、そうでない人よりも早く楽しみに順応できるので、悪くないのかな、と思います。
ただ、僕がそういうタイプでないから、というわけではありませんが、「遊び慣れているからといって、それが優れていて、その力だけで特別な幸せを享受し提供できうるとは思わないし、遊び慣れていないからといって、それが劣っていて、その力なしに特別な幸せを享受し提供できないわけではないのではないか」と感じています。
要するに、それは各々の「形質」や「性質」みたいな純粋なファクターであって、それ自体がコアであったりあるいは総てのメタファーであるわけではないと思う、ということです。
んー、上手く説明できない(笑)。

投稿: circus | 2007年2月16日 (金) 23時48分

こんばんわ~。
買ってきました榮太郎飴、噂通りのシュワしゅわ感ですね。
TBさせて頂いちゃいました。

投稿: juverazio | 2007年3月 5日 (月) 20時56分

>juverazioさん
こんばんはです。
パリッと、シュワッっと、ですよね。
不思議な感覚です。
あ、TBありがとうございます。
僕もメロン味、食べてみたいです……買いに行こう。

投稿: circus | 2007年3月 6日 (火) 02時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/11130/5356788

この記事へのトラックバック一覧です: 渾然:

» Ameya Eitaro - あめや えいたろう [STYLE OF THE R25]
噂の飴の正体です。 Ameya Eitaro (榮太郎飴)の板あめ「羽一衣」です。 去年に引き続きチョコレートのお返しは飴にて勝負です。 お店に並んでたのは6種類だったんだけど、この後なんとメロン味が登場との事で。 メロン食べてみたかったです。 とりあえず3つでいいやってお返し分は ストロベリー、ミカン、ミントと信号色で選んでみました。 そして手前のどっかで見たことあるような包装のほうが、 パパブブレ(通販やってるとこがあったみたいですね、しかも箱入りだそうです) ・・... [続きを読む]

受信: 2007年3月 5日 (月) 20時32分

« コンフィデンス | トップページ | コミット »