« 五分五分 | トップページ | 渾然 »

2007年2月14日 (水)

コンフィデンス

Dsc02141 昨日からずっと、「shabon songs」を延々リピートです。リピートの甲斐あってか、五分五分の状態から少し脱却し、「まぁ、これはこれで悪くないか」という具合になりました。お気に入りはシングルを除くと「手を休めてガラス玉」、「シャボンボウル」、「安全地帯」、そして「唄い前夜」です。特に唄い前夜。……みなさん、安藤さんを聴きませう。3枚目のアルバムから入ると、その後にファースト、セカンドと聴けるのはある意味楽しみですから。ぜひとも、素晴らしいので。

 さて、今日は「甘い良いモノ」を更新すると言っていたのですが、急遽予定を変更です。世間の流れに乗って、チョコレートを出してみようと思います。というか、すごく気になっていたナイスなチョコを頂いたので……。THEOBROMAのチョコレート達。あ、でもコレも甘いのには変わりないや(笑)。

 なんというか、巷で流行っているような外国人ショコラティエのブランドではなくて、日本人パティシエのブランドなわけですが、面白いのを作ってくれています。ソレが画像の上の黄色っぽい緑っぽい箱のやつです。その名はキャビア。……想像出来る人も大いにいらっしゃいますね? そういうことなのです。右下のはジャリ。左下のはオーソドックスなタイプです。

Dsc02142 開封した状態がコチラ。えーと、キャビアに注目。小さな粒粒のチョコレートがギッシリ詰まってます。それこそまるで、キャビアのように。入れ物の缶も、キャビア風。楽しく食べることが出来ます。……でもコレの良いところは、形オチで終わっていないトコロ。味もビターなんだけれど、ほのかな甘みを残してるチョコレートで、すっごく美味しいのです。食べやすさがその美味しさをさらに際立たせている、というわけ。

 どうやら、ミルクに溶かしてチョコドリンクとして飲むのも良いそうな。あー、いいですね、絶対にやります。チョコドリンクといえば、スターバックスもそういう類の商品を出していましたが、美味しいらしいですよ。オレンジの香りの方が特に。

 さて話は戻りまして、右下のがジャリですね。これも名前の通りです。若干大きめの砂利のように、チョコが散らばっています。コレ、知らない人は気付かないんじゃないかなぁ……色も数種類使っていて、しっかり出来ています。味はそこはかとなく懐かしい感じ。……なんか、小さい頃こういう味のチョコを食べていた記憶があります。どんなチョコだったかは、憶えていないけれど。

 左下がオーソドックスな形のチョコ。でもカカオの含有率、生産国がそれぞれ違っています。生産国ネタで行くと、やはりプラリュのあの独特な風味には敵わないでしょうが、カカオ含有率が違うのは良いですね。90パーセントってかなりアレですよね(笑)。とはいえ、もうかなり慣れているので、全然平気というかむしろ美味しく感じます。……んー、結構、原産国の香り重視よりも日本人の舌に合わせてある感じですね。まぁ、それが正しいでしょう。あんまり香りを出しすぎると、まず一般ウケしませんから、セールスがきつくなる(笑)。

 明日こそ、「甘くて素晴らしいモノ」を紹介しようと思います。お菓子ネタが多いですけれど、お楽しみください。

 そいでは。プリズナーリサーチが欲しいとここ最近は豪語しているのですが、もうとっくに売り切れていたりもするんですね(笑)。まぁ、自分の欲しいモノが残っていれば良いのですが……月末まで。モーター系のリサーチではパンツも良さそうだし、マウンテンリサーチ2はどうなんでしょうね。……小林さんの作るモノは昔から魅かれます。でも全然、買ったことはないんですよね。タイミングが合わないので。

 本日のカップ:タカナシのイチゴジュース。ま、ま、ま、まず……いえ、あんまり好みじゃない。ミルクを入れれば相当マシになりそうですが、どうしてタカナシはあえてミルクを入れずにストレート勝負にしたのでしょう。ストレートで勝負なら、イチゴで果汁10パーセント未満はありえませんよ、と。     circus

|

« 五分五分 | トップページ | 渾然 »

「food」カテゴリの記事

コメント

どうもはじめまして
だいぶ昔安藤さんの関連でやってきました。
それからちょくちょく来てます。
色々と趣味も共通してて勝手に親近感湧いてます。

自分も今回のアルバムは上手く成り過ぎた感があり
五分五分という感じでしたが、間違いでした。
聴けば聴くほど良いです。「安全地帯」「"I"Novel」「唄い前夜」他にも良い曲がたくさん。
特典DVDは聖者の行進が入っていれば満足だったのですが
それはライブでのお楽しみという事でしょうか

インストアイベント当ったようで羨ましいです。
自分は渋谷で買ったのでまだ結果はわかりません。
外れても勿論行くつもりです。

circusさんは安藤さんのライブ行かれたことありますか?
ライブでがっかりさせる事のない貴重なアーティストなので
是非行ってみてください。
なにやら初コメントなのに興奮して色々と・・
長々スイマセン。

投稿: john | 2007年2月15日 (木) 05時57分

>johnさん
はじめまして。
見ていただいて嬉しいです、ありがとうございます。
安藤さんには、滅法やられています。

ようやく「"I"novel」に慣れてきた感はあります。
ただ、僕の好みよりもアルバム全体のテンポがアップなんです。
それをこれからどう感じるようになるか、というところです。
DVD、聖者は見たかったですが、仕方ないですよね。アンディのテーマがバリバリ好きです(笑)。

インストア、ビックリでした。あ、渋谷だと後日連絡とかなんでしたっけ? 当たると良いですね、本当に。

ライブはまだ行ったことがないのですよ。
勧められてはいるのですが、なかなか踏み出せず。
でもテンション次第で、今回のは行こうかなぁ、と。
いえいえ、コメント大歓迎です。
これからもよろしくです。

投稿: circus | 2007年2月15日 (木) 23時27分

こんばんわ~。
Eitaroに続き、キャビアもかぶらせていただいちゃいました。
circusさん色に染まりそうです(笑)

投稿: juverazio | 2007年3月13日 (火) 23時28分

>juverazioさん
こんばんはですー。リアルタイム返信(笑)。
キャビアも面白みでいくと負けてないですよね、知らない人はかなり興味魅かれるはずです。
どんどんかぶってください(笑)。個人的に薦めたい意味で、多くを書いている面もありますので。
いろんなトコロから情報を得た後、それに自分なりの思い入れが生まれて、そうして結局はその人自身の色にまたなるのかなぁ、なんて真面目に思ったりしてます。
僕もjuverazioさんから、いろいろ影響受けてますし。
そういう繫がり方が、面白いし心地良いし、ブログっていいなぁなんて感じます(笑)。

投稿: circus | 2007年3月13日 (火) 23時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/11130/5344525

この記事へのトラックバック一覧です: コンフィデンス:

« 五分五分 | トップページ | 渾然 »