« 終わって欲しくない。 | トップページ | オーソドックスにいこう。 »

2007年3月25日 (日)

おめでとうございます・DIGAWEL一周年

Dsc02200 昨日のピクニックを経て、今日の昼方に奇跡が降りてきました。というのも、奇跡のメロディーが。ミスチルの『あんまり覚えてないや』におけるような、「世界中を幸せにするようなメロディー」なんかでは、モチロンないのかもしれません。でも、確かに今日降りてきたメロディーは、僕の心を潤して笑顔を生み出してくれるし、たぶんごく僅かの人に対しても同じように響くでしょう。……キーとなる言葉も、同様に降りてきたので、理想通り。しかもね、2曲ですよ、ねぇ。あまりに心地良いから、超簡易録音をしたレコーダーをループしてしまっています。ありがとう、お二人さん。きっとこれは、お二人によるメロディーだ。

 あ、前置きをもう一つ。僕のもう一つのブログ「想像と創造の空間」、このところハイペースで更新しているので、気が向いた方は是非。イキナリ更新が止まったり、急に始まったり、不思議なペースだし堅い文章ですけれどね。

 さて、昨日はピクニック後へDIGAWELさんへ。いや、正直ピクニックがあまりにもゆったりしていたので、道のりが辛かったのですが、どうしても行きたかったので。……というのも、DIGAWELさん、一周年です。いやー、おめでとうございます。その挨拶をしなければならない。しっかりしてきました。実際の一周年は3月の中旬ですが、その時は顔を出せなかったので。

 打ち合わせっぽいお客様がいる中、店長さんはいつものように接客まで。「一年とは思えぬ、上昇っぷりで」というと「いえいえ、まだまだ」と。でも、どう考えてもすごいのは明らかですよね(笑)。その後も、シャツの話であったり、僕の将来の話であったり、新作の話であったり……いつものペース。そしてその最中も、しっかり新作の八分袖ポロを物色。

 ま、ご覧の通り買ってしまいました。去年の半袖は黒をチョイスしましたが、今回は白。「八分袖を作ってるんですよ」と結構前に聞いた時から、「八分……うん、今回のはきっと白が僕に合う、それしかない」と感じていたのです。想像通り、イメージしたまんまです、白が絶対に合うと確信。迷うことなく。サイズは検討の結果、半袖同様Lに。DIGAWELさんのポロの型は、腕や身頃は余裕を持たせているのに対し、肩や脇下あたりはかなりタイトに作られています。だもんで、L。その型が着るとしっくり、ストンと落ちて気持ち良いのです。

Dsc02204 襟とポケット裏は麻。ボディは太目の番手の綿双撚り。このバランスはまたしても絶妙です。着るとまたわかるんですよね、この良さが。気になる方は試着を強くおススメします。……買っちゃいまっせ(笑)。

 黒は襟の麻も黒、ポケット部は白。僕の買った白は襟の麻は白、ポケット部は赤。半袖とは少し異なっています。さて、その異なった部分の赤の麻、コレがポイントで、あた細かなこだわりが。……袋の体方面の麻は強い赤なんですが、逆側は白の麻なんですよ。このおかげで、外のボディに赤が透けすぎず、丁度良い塩梅になってくれている、というわけ。

 また、前たてにも。半袖もそうでしたが、前たてのボタンホール側の裏地だけ麻を使用。……ちょっとだけヨレた風合いが出ています。

Dsc02206 これが袖のリブ。八分袖に対して長めのリブです。いわば、古着のスウェットに近い長さ。これがまたねぇ、着るとなんか面白いんですよ。腕の先のほうはキュッと締まる具合になり、ボディとのサイズバランスがスゴイ。なかなか無いですよ、この形は。うん、これも着てみれば分かります。

 これを着ると、「このポロは動くことを前提として作られているはずだ」と感じます。それくらい、動いた時のフィット感が良い。これはもう、ヘビーに着てあげることになりそうです。あー、今春はかなり高レベルなシャツだの着るものが多くて大変だ。

 一応、八分袖に合わせて丈を少し長くしたとのことですが、なんとなくボディ生地もほんの少し変わったような、かつ襟ぐりの広さが本当にごく僅か広くなったような……どうだろ。八分に合うバランスにしてあるんでしょう、きっと。いずれにせよ、緩やかでゆったりした空気とピシッと張ったパンク感の同居したポロです。

 うちには黒のMもやってきました。ま、僕のではないんですけれどね。僕が思うに、女の子は断然黒がおススメです。めちゃくちゃカワイイですよ、女の子がコレの黒を着ると。……あ、白もいいですけれど、もちろん。DIGAWELさん的にはゆったり着て欲しいとのこと。男の白、女の子の黒は絶対にそうすべきです。また、僕が感じたところではこの八分袖ポロにおいて男が黒、女の子が白を着るならなるべくピッタリした感じがいいでしょうね、ええ。コレはガチです。

 なんにせよ、まずは気になる方は試着を是非。気に入る人、いると思いますよ、かなり。他にもイロイロ語れるポイントはあるにせよ、この辺で。さてと、これからの新作にも期待が出来そうですよ。販売時期のズレはいつも通りありそうですが(笑)。そんな感じも、DIGAWELさんっぽいです。これからも、よろしくお願いします、とこの場で宣言。……あ、いや店でも言いましたけれど(笑)。

 そいでは。エビスビールの黒を飲んでいたのですが、やはりコレは名作ですねぇ。喉越しがとか、最初の一杯が、とかではなく純粋にそもそもの味が良い。それはノーマルエビスもそうですが。ところで僕はあまりお酒を飲むほうではないんです、一人でも多人数でも。ただ最近飲む人の気持ちが少しだけ理解できてきました。例えば、自分の心境がすごく豊かになった時、今日はソレでした。そして他人数においては、相手がとても大切な存在である時。なんとなく思ったのは、「正直、これまで僕の周りには、あんまりそういう人がいなかったのかもしれないな」と。ここ一年くらいで、随分と僕は変わったようです。僕自身も、周りも、多くで。

 本日のカップ:ブラジル深煎り/マカウバデシーマ農園/コーヒー。深煎りは香ばしさの割合が強くなり、これはまた美味。苦いんじゃないんです、深煎りって。ところで、このブラジル、もはや上質なビターチョコレートです。素晴らしい。多くの人に、そしてまた尊敬する人に、当然大切な人達に飲ませたいなぁ。     circus

|

« 終わって欲しくない。 | トップページ | オーソドックスにいこう。 »

「fashion」カテゴリの記事

コメント

んーちょっと迷い中(苦笑
シロ猛プッシュですね(笑)。でも僕は多分黒、、(焦。
でも悩んでるうちに無くなりそうな気も(うーん

投稿: JEIxx | 2007年3月26日 (月) 00時47分

んーチョッと迷い中(苦笑)
シロ激PUSHですねーでも僕は多分黒、、(焦ッ
でも悩んでるうちに無くなりそうな予感(ウーン

投稿: JEIxx | 2007年3月26日 (月) 00時49分

>JEIxxさん
コメントの感じ、面倒ですいません。もう少し、この感じで続けてみたいな、と。

そうですねぇ、確かに迷うところもあるかもしれません。
ただ僕としては、半袖バージョンのクオリティを知ってしまっているので、問答無用でした(笑)。
黒はカッコイイ雰囲気、白はカワイイ雰囲気というところでしょうか。
僕は可愛さを追求してしまいました(笑)。
というか、最近の僕の心持ちや趣向には、白がピッタリだったんです。
白というか、オフホワイト的ですけれど、実際は。

投稿: circus | 2007年3月27日 (火) 00時19分

お久しぶりです。

8分ポロが出たとHPで見ておきながら、
なかなかDigawelさんへ行けてません。

ちょっと出た赤ポケがかわいいですね。
これはモテますね。笑

週末、時間があれば行ってみます。
M、残ってるかな。

話は変わりますが、僕もエビス黒は大好きです。
ギネスよりも好みかもしれません。

投稿: nico | 2007年3月27日 (火) 08時02分

>nicoさん
お久しぶりです。

赤ポケ、ベロみたいに見えてますよね(笑)。
モテですかぁ、僕には縁遠い話でしょうかね。でも多数にうんぬんよりも、今は大切な一人に響けばいいなぁなんて。あ、真面目(笑)。

Mは残っている気がしなくもないです。たぶん一番売れているのはLだと思うので。
僕もギネスよりエビスに軍配を上げてしまいます。
ただギネスには他にない雰囲気がありますからねぇ、好きな人がいるのもうなずけます。

投稿: circus | 2007年3月28日 (水) 15時57分

お店に確認したのですが、MおよびLは両色ともに売り切れちゃったそうです。
残念というよりも、すごい人気ですね。
ビックリです。

もう着ましたか?

投稿: nico | 2007年3月30日 (金) 07時58分

>nicoさん
あらま、すごい人気ですね……。うーん、嬉しいけれど数が少ないのは、これから大変かもしれない。
僕も、なかなか買えないことが増えそうですね。

まだ着ていないのですが、近々おろす予定です。
真夏ギリギリまでは着れるので、ガンガンいければな、と。

投稿: circus | 2007年3月30日 (金) 23時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/11130/5816876

この記事へのトラックバック一覧です: おめでとうございます・DIGAWEL一周年:

« 終わって欲しくない。 | トップページ | オーソドックスにいこう。 »