« 完璧な休日―閑話編― | トップページ | 完璧な休日―アルプス編― »

2007年4月15日 (日)

完璧な休日―DIGAWEL③編―

Dsc02249_1  夕飯は久しぶりにカレーを作りました。手を抜く部分は抜いて、かけるところはかけて……なんか妙に美味しく出来ました。なんだろうなぁ、カフェ飯のカレーみたいな感じというか。カレーなんて、切って煮込むだけだがね、と言う方もいらっしゃいますが実は違いますよね。美味しくするには、それ相応の工夫も手間も必要なわけで。……うーん、今度はもっと真面目にスパイス調合からやりたいものだ。

 さて前の休日の際のDIGAWELさんにテーマを戻しましょう。DIGAWELさんからは、コレもうちにやってきました。うーんと、Tシャツというかどちらかというと肌着みたいな感覚でしょうか。……フランス製のデッドストック。

 デッドストックと言っても、92年とかなのでレアがうんぬんとかではございません。普通に今でも作っているTシャツかもしれません。ただ、この感じはまず日本製では作れませんよねぇ……。分かる方にはなんとなくご理解いただけるかなと。太朗さんとか、結構好きな方じゃないでしょうか。

 まず、色。画像の色とは実物はやはり違って、もっと濃く深みがあり、でも鮮やかなブルーなんです。まぁなかなか見ないですよ、はい。商業ベースから言っても、たぶん売れる類の色ではないのかもしれませんが……これがとても良い色で。……気になる方はDIGAWELで実物をご確認ください。

 そして形。明らかに着心地を考えた形ではないのです(笑)。その辺がまた面白い。素直すぎる真っ直ぐな形と言いますか……うん。腕とボディの結合部分の具合とか、なんとも微妙なんですよ。それが良さなわけですが。

Dsc02253_1  やっぱり色が巧く撮れないなぁ……仕方ないか、ケータイじゃ。首はこんな具合。現代のユルイ雰囲気とはまた違うユルさが漂います。この丸さもたまりませんよね。

 素材は当然コットン100パーセント。やはり用途が肌着的なわけなので、すっごくサラサラとしていて、ヘタするとポリ混ざってんじゃないかってくらいのもんです。でも、確かにコットン100パーセント。

 サイズは2種類ありました。76と80。どっちもかなり細く小さいのです。一応、76がレディス、80をメンズということで販売しているそうなのですが……きっと着れない人が多いはず。かくいう僕も、果たして80が着れるのかは冒険なわけですが(笑)。でもそれはともかく、まずモノとして凄くかわいいし、素敵なのでいいんです。

 では。僕のもう一つのブログ「想像と創造の空間」、良い具合で今年は更新できています。そもそもこのブログにすらコメントとかは少ないのでアレですが、向こうのブログにもコメント、リンク等は歓迎なので見てやってくださいね。ま、見てくれて考えたりすることがれば、もうそれで嬉しいわけですが。それとは関係ないんですが、やっぱり苦手な街ってありますよねぇ。僕の場合は渋谷に池袋。もうなんというか、ワケがワカラン。気持ち悪くなってきますし。誰にでも、そういうのってありますよねきっと。

 本日のカップ:ヴィッテル。特別美味しくはない。特別安くもない。でも思い入れがあるだけで、いろいろイメージは変わってしまうんですよね。文章の中でもヴィッテルを使うことはままあるんですが、名前は純粋に好きです。それはもう、エビアンよりもクリスタルガイザーよりも、ボルヴィックよりも。     circus

|

« 完璧な休日―閑話編― | トップページ | 完璧な休日―アルプス編― »

「fashion」カテゴリの記事

コメント

 勿論、大好きです(笑)。持ってますよ、全く同じかはわかりませんが、同じようなブルーのフランス軍のもの。着すぎてもう1枚欲しいと思っていたところです。夏とか重宝するんですよねー。首の開きがしまりすぎず、開きすぎずが最近の好みなので、軍モノではフランス・ブルガリア・オランダあたりが好みです、はい。ホントに今度7枚くらいまとめ買いしたいとずっと思っているのですが、なかなかできません…。

投稿: 太朗 | 2007年4月15日 (日) 23時56分

こんばんは。
DIGAWELネタで嬉しいことが、
我が都市でも、取扱店ができたのです。
本当に嬉しい。
やはり手にとってみたいですからね。

シャツ1のフルオープンも試着できるからやっと買えます。
サイドジップオフホワイトもいきます。

新作のウォレットどうでしたー。
なんか、ネイビーが気になるなあ。

投稿: k | 2007年4月16日 (月) 01時48分

>太朗さん
でしょう、やっぱり(笑)。
僕も今年はこれをかなり着ることになると思います。
ブルガリア軍ですか……抜群のチョイスですね。
確かに、まとめ買いしたい気持ちはありますよね、こういう類は。

投稿: circus | 2007年4月16日 (月) 21時26分

>kさん
こんばんは、お久しぶりです。
あれま、それは嬉しい限りですね!
それにしてもドンドン広がっていきますね、DIGAWELさんも。

試着したら、確実に買っちゃいますよー(笑)。
洗って着て、洗って着てを繰り返すとさらに良く感じて、ストックも欲しくなりますし。
サイドジップのオフホワイトは本当に使えますよ。
一枚でも着れる強さも持っていますし。

新作のウォレット、かなり良い出来ですよ。
使いづらさをあえて目指したモノなわけですが、結果として案外逆に使いやすく仕上がってます。
コバの処理やもろもろのディテールもすごく凝っているので、価格はなかなかですが、僕は買いますきっと。

コレも取扱店で見れるといいですね、財布ばかりは使い勝手がかなりのポイントになるでしょうから。
ちなみに、僕は全く持ってそのネイビー狙いです(笑)。
ところで革小物で行くと、小銭入れとギャルソンパースには新色のキャメルが出ましたが、ソレはかなり素晴らしいですよ。
まずビックリします、実物見ると。あんまり色味が良くて。

投稿: circus | 2007年4月16日 (月) 21時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/11130/6103759

この記事へのトラックバック一覧です: 完璧な休日―DIGAWEL③編―:

« 完璧な休日―閑話編― | トップページ | 完璧な休日―アルプス編― »