« カレント | トップページ | 完璧な休日―DIGAWEL②編― »

2007年4月12日 (木)

完璧な休日―DIGAWEL①編―

Dsc02239 僕にとって、ギターを弾きながら歌を歌う―とりわけ自分の曲を―のは何よりのストレス発散というか、気分転換になります。最近出来た曲は、本当に良い曲が多いし。

 今日は、お出かけ。「しっかり休むように」ということだったのですが、僕の場合は充実した休日を過ごすことが何よりの休みです。ということで、お出かけ。まず向かうは祐天寺。そうですね……もうお分かりでしょう、DIGAWELさんへ。

 今回もたくさんお話をさせていただきました。奥様も含めて、参考になるお話ばかり。うーん、本当に僕はこのお店と出会えて良かったと感じます。詳しくは言いませんが、ホントにいろんなことを教えていただいています、はい。

 んで、購入いたしますはチェックブラウス。コレはかなり素晴らしいブラウスでっせ。赤ベースと紫ベースの2色展開。僕は迷わず、赤をチョイス。僕らしいのは断然赤だったので。サイズ感は基本的には、白ブラウスと同様なのですが、僕は今回あえてLを。……「少し大きめに着ること」、このブラウスを見た瞬間にそれしか思い浮かびませんでしたから。

Dsc02240 チェックの感じ、分かりますかねぇ。赤をベースに、水色や茶色、薄い黒などがとてもキレイなバランスで使われています。なんというか、どことなく昭和の香りがします。……僕だけかな、そんな風に思うのは(笑)。

 とても柔らかく、クタッとした印象の生地です。ふわふわとでもいいましょうか。それはたぶん、総裏スレキの影響もあるでしょう。ともかく、とても軽いブラウスです。DIGAWELさんにて試着したところ、「circusさんみたいな着方はカワイイですね」と言って頂きました。どうもです。

Dsc02241 総裏スレキです、繰り返し言いますが。それも、かなり丁寧に作られていて、ただ単に裏を貼っているのではなく、裏からも縫い目なんかが巧くキレイに見えるように処理されているのです。

 予期せぬ嬉しい誤算だったようですが、裏でも可愛く着れてしまいますコレ。優しい色味のスレキから、チラッとチェックが覗く感じ。……いいですねぇ、コッチで着るのも本当にありですよ。そりゃ合わせは逆になりますが、関係ございません(笑)。

 肩の部分なんかも、きちんと裏からも折り伏せて見える具合になっているので、全く違和感がありません。襟ももとより小さめなので、折りが甘くなっても問題ないですしね。

Dsc02242 裏の背部分も、背タックが巧く出ているんですよ。これのおかげで、さらに裏で着ても自然な具合に。タグはやっぱり気になるところですが、たぶん何回か洗っているうちに取れるんじゃないかとも思うので、そのくらいになったら裏で本当に着てあげようと思います。

 今日はこのブラウスのほかにも、いろいろ手にしました。それはドンドン更新していきますので、お楽しみに。買わなかった小物なんかの中にも、素晴らしいものがあったりして、いずれ買うことになると思います、はい。

 DIGAWELさんを後にして、代官山を回り、新しいお店に入ったり、あるものを買ったりしました。とにかく、何気に天気も良くて、気分も良くて、人との繋がりもあって、すごく充実した休日でした。もちろん歩きづめだから体力は要しましたが、それ以上の休養の効果があります。明日からまた頑張ろう、と思えるというか。……眠いですけどね、今(笑)。

 そいでは。元アルバイト先にチラっと顔を出しました。純粋に用事があったからなんですが、外から改めてその環境を見るのはなんだかおかしな感じがしました。頑張って欲しい人もいるので、これからも少しは顔を出したいところです。

 本日のカップ:コロンビア/コーヒー。そろそろたくさん用意していた豆も、ショートしかけてきました。次の休みにはふらっと買いにいかないといけませんね。コーヒーはもう、僕の生活からは失くすことが出来ないものです。僕の周りの人は、あんまりコーヒー好きはいないんですけれど(笑)。ただ、そんな人達も本当に美味しいコーヒーを飲むと、意識が変わると思うんですがね。そのうち、僕が淹れてあげたいところですが、環境がなかなか。     circus

|

« カレント | トップページ | 完璧な休日―DIGAWEL②編― »

「fashion」カテゴリの記事

コメント

同じシャツ買いましたよ。もちろん赤です♪
素材の感じが凄く素敵でした。
ボクには細かいことは、全く持って良くわからないんですけどね。
ただDIGAWELさんのはシャツも含め、胸板があつく背が170cmの
ボクにはサイズ感が全く合わない感じなのが辛いところです(>_<)
またお勧め紹介して下さいね!

投稿: minami | 2007年4月13日 (金) 02時58分

>minamiさん
お買い上げですか、しかも赤を。
柔らか素材が良いですよね。それでいて総裏だからしっかりもしているし。

あー、僕も身長はそれくらいですよ、実のところ。
胸板はさほど厚くはないかもしれませんが……。
白シャツだとMが超ジャストなわけですが、今回は大きめにLで。
自分で言うのもオカシイですが、きっちり想像通りのスタイルで着れそうです。
ガンガンお勧めしていきます、なんだかんだで(笑)。

投稿: circus | 2007年4月13日 (金) 22時06分

買っちゃいましたか、赤チェック。
僕もお揃いです。笑

本当、ふわふわなんですよね~
幸せな着心地だなぁと思います。

ZIPティー、買おうか迷います。
押入れを見たら、LONティーがストックがありました。
着ない洋服は可愛そうですよね・・・

ではでは。

投稿: nico | 2007年4月14日 (土) 10時31分

>nicoさん
お揃いですね(笑)。紫もモノとしてはステキだったのですが、僕のカラーは断然赤でした。
DIGAWELさん曰く、「きちっと畳んだり、アイロンかけたりなんかしないで、むしろくしゃくしゃに放って保存して、着たくなったらサッと着るのがカッコイイのです」と仰ってました。
僕もそれには同感です、はい。
シアワセを感じさせてくれて、身を包んでくれる服ってのは凄くよいモノですよね。

ジップは……着てみて判断するのが良い気がします。
キナリの肌触りや、生地の揺れ方なんかは着るとかなり良いので。
オレンジに関しては、色好きならって感じですけれど。
……ま、着ると買ってしまう可能性が高くなる、というのは確かだと思いますよ(笑)。

僕は最近、着なくなったけれどまだまだ丈夫な服は、これからの世代である身内に、少しずつ譲渡しようと考えています。
自分で言うのも変ですが、「良い服に身を包むことで分かること、感じること」っていうのが絶対にあると思うので。
そのきっかけを作れればいいかなぁ、なんて。

投稿: circus | 2007年4月14日 (土) 19時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/11130/6072489

この記事へのトラックバック一覧です: 完璧な休日―DIGAWEL①編―:

« カレント | トップページ | 完璧な休日―DIGAWEL②編― »