« やめたい甘え。 | トップページ | やんわりと後ずさる。 »

2007年5月17日 (木)

安かろうて、かまうことなし。

Dsc02322 すごい人がいるもんだ。しかも、案外近くに。その人の知識量を100とすると、僕は5にも満たないかもなぁ、と思います。もちろん、僕の方が知っていることだって中にはあるんだろうけれど、それはごく僅か。……あんなに、広く深い知識を持っている人は、ちょっとこれまでで初めてです。そうそういないわ、絶対。

 コンビニによると、決まってチェックするのはお菓子コーナー。お茶風味のポッキーなんかにも惹かれたりはしましたが、それ以上に僕の心を掴んで離さなかったのはコイツです。……安いチョコ。チョコバットとか、そんな高尚なもんでもなく―あれは名品ですが―、それよりもさらにチープ。なんたって、15本入りで160円ですから。うまい棒並みの手ごろさ。

 でもそのチープさが、たまりません。味の淡白な細めのうまい棒に、これまた超駄菓子的な甘みのチョコをコーティング……。止まらないんですよね、逆に。一本食べていると、あと一口のところでもう一本の封をあけていたりします(笑)。

 チョコバットは、それはもう名品ですけれど、何気に駄菓子にしては重みがあるんですよね。パックパク食べるという雰囲気ではない。でもコレは、パックパクいける。まさに駄菓子。現代の小さい子どもたちは、こういう食べ物を食べているんでしょうか? 小さな頃から、やれとろけるプリンだの、やれ高級モンブランだの、やれトリュフチョコだの……そんなの食べてばかりじゃいけません(笑)。

 こういうチョコの美味しさや、ある種のクドさを知ってこそ、高級なモノに対する意欲も沸くし、食べたときの趣とかもあるもんです。そしてまた、この味に戻ったときに、それはそれで喜びと趣きを感じるわけです。幸せ2倍です、言うなれば。こういう感覚、大切な気がします。

 と、そんなことを言いつつ、コレを食べながら「あー、エヴァンのプラリネものはやっぱ美味いよなぁ」とか「うーん、モンブランってやっぱ甘美だよなぁ」とか「うむ、近いうちにまたとろけるプリン作るべ」とか考えているのも事実なんですがね(笑)。ま、いいんです、いろいろ食べれば。安かろうて、高かろうて、そんなことはお構いなしです。食べ物だけに限った話じゃないけれど。

 では。うーん、ノートが決まらない。これぞという、押しが足りない。というかノートを買っている暇があるなら、ほかにやらなければいけないこともあるし、欲しいものも出てきているわけで。お給料をもらうようになれば、必然的に少しは貯金が出来るんじゃなかろうか、なんて思ってたわけですが、そうはいかないもんですね。必要なものもその分たくさん増えてくるし―どうしても必要になりうるものが―、そういう生活だからこそ、また別の物欲も沸いてしまうし。……キリないなぁ、コレ(笑)。

 本日のカップ:ポカリスエット。今回の風邪は、何かおかしい。体が全く辛くない。のに、声が出ない。どーなっとるんだ、こりゃ。「はしか」だと流行りのネタで遊ばれます。でも、ホントに流行ってるみたいですね。みなさん、気をつけましょう。     circus

|

« やめたい甘え。 | トップページ | やんわりと後ずさる。 »

「food」カテゴリの記事

コメント

チープなお菓子。
侮れないですよね。
時々、うまい棒とチョコバットに手を出してます。

昨今、駄菓子を見かけなくなって寂しいですね~
小学生の頃、10円でヨーグルトっぽいものを食べてました。

投稿: nico | 2007年5月19日 (土) 09時40分

>nicoさん
侮れません(笑)。
チープだからこそ、その中で出来うることをやり尽くそうとしている感じもしますし。
うまい棒は永遠の駄菓子でしょう、チョコバットも次点には入りますし。

自転車でしばらくいくと、昔ながらの駄菓子屋がビルや住宅地に紛れて残ってるんですけれど、時折行きたくなります(笑)。
ヨーグルト、僕のころは20円とかだった気がします、確か。
あれも遠足のおやつなんかには、欠かせない存在でしたね。

投稿: circus | 2007年5月19日 (土) 22時55分

はじめまして。
いつも楽しみに見させていただいています。

すてきなノートは見つかりましたか?
実は私も今、B5のノートを探しているんですよ。
今日も輸入文房具のお店でなんとなく良いものを見つけたのですが、15分くらい迷ったあげく、やっぱり妥協できませんでした。
だから、ノートにこだわりを持ってしまうcircusさんの気持ち、ほんっとによくわかります。
昔、困ったときは無印で出していた茶色い再生紙っぽいシリーズを頼りにしていたのですが、もうなくなってしまったので…。

あと、アノニマスタジオはいいですよね。
フウチは創刊号から注目しています。
たまに開かれる料理教室に行ってみたくて。

投稿: ミモザ | 2007年5月20日 (日) 21時58分

>ミモザさん
はじめまして。
ご覧頂き、ありがとうございます。

すてきなノート、思い出して買ってみました(笑)。
アレかアレと考えていたどちらでもなく―そのうち買うので、まだ何かは言いませんが―、かといって定番的なモールスキンやロディア、ツバメに落ち着くでもなく、良いモノを手にしました。
いやー、思い出してよかったです。近々、更新します。
買ったのは、掌サイズなんですけれど。

B5ですと、なんだかんだでツバメが結構良い気がします。
シンプルだし、作りも非常にしっかりしていますし。
あとは普通のモールスキンではなく、薄いモールスキン、これ素敵ですよ。
僕も無印の茶色い紙のノートは好きでした。
今また出してくれたら、使いますね、まず。

アノニマスタジオは空気作りが巧いんですよね、きっと。
料理って本では香りや味なんか伝わらない分、写真や文章で美味しい空気を伝えなければならないわけですから。
料理教室、楽しそうだなぁ。

投稿: circus | 2007年5月20日 (日) 23時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/11130/6460268

この記事へのトラックバック一覧です: 安かろうて、かまうことなし。:

« やめたい甘え。 | トップページ | やんわりと後ずさる。 »