« ヤサイノサイ | トップページ | 矢の如し。 »

2007年5月 4日 (金)

Dsc02300 眠いです。徐々に体のリズムも変わってきたようで、随分早い時間から眠くなるようになりました。良いコトやら悪いコトやら。やることはたくさんあっても、睡眠を削ると大変なので、そこだけは無理せずにいこうと決めています、この頃。

 今日は銀座のとあるお店に行く予定だったのですが、下調べするとなんとも休みだったのです。いやー、珍しく調べてよかった。「毎日開いているわけではないので、気をつけたほうがいいですよ」と助言を受けていただけに助かりました(笑)。……だもんで、予定を変更してもんのすごい久しぶりに自転車で地元の図書館へ。

 ある種の特定の資料を探しに行ったわけです。何冊か該当するような書籍があり、「さぁさぁ、借りるべ」なんてしていたら、なんと返していない書籍があったことが判明。……全然、憶えてなかった。一度家に戻り、本棚を捜索し、本を発見。捨ててなくて良かった。

 んで資料は無事借りてきたのですが、それ以外にもチラホラ借りてみました。買おうかどうか迷っている書籍、なんてのが現実にはあるので、そういうのを中心に。その中の一冊がコレ、『Tシャツ・ブック』です。アシェット婦人画報社より出ている本です。その名の通り、Tシャツに特化した本。……年代を通じながら、時代背景と共に生まれてきた様々なTシャツを載せ、解説しています。なかなか、面白い。

 中の写真の多さなどから考えると、決して高くはない本なんですが、いざコレを買おうと思うと「うーん、ほかを優先したい」なんて思い続けてきました(笑)。なので、借りて読んでしまえばきっと十分だろう、なんて思ったのですが……大きな間違いだったようで。……これまでよりもっと「手元に一冊、置いておくのもいいなぁ」なんて思ってしまった僕。うーん、バカだ。

 結局、近いうちに買うと思います、普通に(笑)。それじゃあ借りている意味がないという意見もおありでしょうが、むしろ「これで良いのかな」とも思います。というのも、つまりは「図書館では迷っている本を借りて、それでも欲しいようなら買えばいい」、そんなスタンスで利用するのが賢いのかな、と。無駄遣いが減るし、無駄遣いを防ごうと気になる本に触れる機会を失くすこともない。……今更、この年になってそうするのも遅い気はするけれど。

 とにかく、これからは図書館に行くことが増えそうです。既に予約している資料も数点あるので、定期的に足を運ぶことになるわけですが。ただ、地元の図書館は蔵書がすごく多いとは言えないのが欠点かもしれません。静かで、雰囲気は結構悪くないんだけど。……あ、でもアレを置いているのには驚きました、その点はすごいかも。「アレ」はそのうち、ブログ内で記事にします。でっかい本なんです、実に(笑)。

 この辺りで。仕事の勉強をしているんだか、趣味を広げているのか、なんだか不思議な気分になってきています。資料を読んでいても、「おー、これスゲー」とか「うわー、これキレイだなぁ」とか言ってるもんで。まだまだひよっこにも達していないだけに、そんなペースでやってる場合じゃないんですけどねぇ……。ま、いいか。

 本日のカップ:煎茶。そういえば、伊勢丹の中の「うおがし銘茶」も当然リニューアルされましたが、あれだけお茶部門がきれいに固まると、きっと商売大変でしょうね。まさしく、商品で店の色を出すしかないですから。うちの場合はもう買うトコロを決めて動いているからいいけれど、良く考えれば決めていない人は迷いますよね。そういう意味では、伊勢丹の試みは親切なのかどうなのか、これからの展開に注意してみないといけませんよね。     circus

 

|

« ヤサイノサイ | トップページ | 矢の如し。 »

「book」カテゴリの記事

「fashion」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/11130/6305748

この記事へのトラックバック一覧です: :

« ヤサイノサイ | トップページ | 矢の如し。 »