« 安かろうて、かまうことなし。 | トップページ | 柔らかさを身に纏う。 »

2007年5月18日 (金)

やんわりと後ずさる。

Dsc02324 あんまり声がおかしいものだから、周りの方々にすごく心配をおかけしてしまいました。ところで、今日は大橋歩さんをお見かけしました。初めて生で見たのですが、とても落ち着いた雰囲気の方ですね。無論、ギャルソンを身に纏っておいででした。……自分が年を経たとき、それはギャルソンではないと思うけれど、自分が確かに好きだと思える、良いと信じられる服を纏えると、きっと幸せだろうな、と思いました、うん。

 ブラウスを整理していると、クリーニングの袋に入りっぱなしのブラウスが出てきました。なんとまぁ、わざわざ仕立ててもらった―といっても仕立券をもらってだけれど―カンクリーニ君ではないですか。……というか、完全に更新するのを忘れてました(笑)。

 カンクリーニの生地に関しては通常の仕立てのほかに、イタリアンクラシコの仕上げが可能だと促され、「んー、頂き物なわけだし、その生地のすすめに従おう、コッチは」というわけで、イタリアンクラシコで仕上げ。……詳細を決めているときに、いろいろ衝撃でしたね、選択の幅が狭くて(笑)。

 全体の佇まいはこんな具合。しっかりと体に沿って、かつ諸所にゆとりを持たせるというワガママを聞いてもらいました。全体像で思うのは、「やはり生地はいいな」ということ。今思うと、イタリアンクラシコなんかじゃなくて、コッチこそカフとか襟とか、やりたいほーだいやっとくべきだったと感じますが。

Dsc02325 カフに関しては、イタリアンクラシコにおいてはスクエアを選択できないので、致し方なくカッタウェイに。丸っぽいのはイヤだったんです、なんとなく。んで、カッタウェイだと幅を狭くすることがほとんど出来ないため、カフの幅が広い。……うーん、コレはちょっと個人的には素晴らしいとは言えないですね。

 とはいえ、自分の腕周りにはものすごくしっかり採寸してくれているので、着ていると案外悪くないのも確かです。その辺りは、さすがと言っていいのでしょうか。

Dsc02326 襟もショートポイントなどは選べないため、致し方なくナローのできるだけ短いタイプを選択。イタリアンってだけあって、襟のカットがボディに沿う形にギュワンとなってます。それ自体は面白いので、結構気に入っています。

 ちなみにポケットはスクエア。でもちょっとこの形にはサイズが大きすぎ、そして下に付きすぎでした。もうほんの少し小さい。あるいは上に付くほうがバランスが良い。次に作ることがあれば、間違いなくそこも指定しようと思いました。……ボタンは4ミリの貝。5ミリも選べましたが、やはり割れを考えると実用的なのは4ミリが限界かな、と。んで、モチロンのことフロントはステッチや付け前たてがないタイプ。スッキリと、これは譲れません。

Dsc02327 最大のポイントは、後でしょうか。背の上をタックではなく、ギャザーで寄せてもらいました。それと同時に、背中の真ん中の部分で絞りのダーツを入れるかどうかの話で、またイロイロと。タックは初めから外したとして、です。

 通常は「ギャザーで寄せて、背中をダーツで絞る」あるいは「ギャザーも何もなく、ダーツで絞る」もしくは「ギャザーもダーツもなしでスラッと落とす」というのがオーソドックスだそうな。……なのに僕は「ギャザーで寄せて、ダーツはなし」という選択をごく自然としてしまいました。こうすると、少しだけ背中のホントに真ん中辺りがちょっとふわっとする仕上がりになります。それを嫌う人も多いですが、僕としてはそこは「ゆとり」として解釈したい部分。そこまで絞って、全体をキシキシさせるのは僕っぽくないので。

 ピンクのブラウスに続き、「ホントにいいですか?」といろいろ聞かれながらも、相変わらず「はい、良いです」と即答。しかしまぁ、イタリアンクラシコで仕上げることは、もうたぶん二度と無いとは思います。あんまり仕立ててもらう意味がなくなってしまうので。

 職場には、「基本仕事のシャツはオーダーだよ」という方がいらっしゃいました。羨ましいなぁ、本当に。ついついマジですか! と食いついてしまいました。その他にも、随分とアレな方が職場には多くて、いろいろすごいです。ところで、このブラウスは某大手クリーニングに出したのですが、アイロンがあまりにもヒドイ。形が規定のシャツとかでないので掛けづらいのは分かりますが……なんとも。これなら、ゆっくりと自分で掛けたほうが良い。というわけで、これからはこの生地も自分でアイロンを誓いました(笑)。ピンクに比べて、コチラはあんまり、着ることはないんだけれど。

 では。今日明日と、喉を治すことに専念します。ひとまず、無駄な声は発しない、間違っても唄わない(笑)。そしてイソジンうがいを繰り返す。どうかなぁ、行きたいところも、勉強しなければならないこともあるし。声を出さずにどこまでやれるのか。普段は無口なタイプとはいえ、いざ声を失うとかなり厳しいですね。

 本日のカップ:野菜ジュース。「よくそんなにドロドロしたものを飲めるな」と言われましたが、慣れですよね、きっと。それより、「コーヒーを飲みすぎるのは体に悪いらしいよ」と聞きました、さらには牛乳も。……えー、どっちも欠かせないじゃありませんか。コーヒーは近々完全復活で飲み始めるというのに。ま、体に悪かろうが、結局飲んじゃうとは思いますけれど。     circus

|

« 安かろうて、かまうことなし。 | トップページ | 柔らかさを身に纏う。 »

「fashion」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/11130/6470203

この記事へのトラックバック一覧です: やんわりと後ずさる。:

« 安かろうて、かまうことなし。 | トップページ | 柔らかさを身に纏う。 »