« 柔らかさを身に纏う。 | トップページ | やんややんや »

2007年5月20日 (日)

やめられない、とまらない。

Dsc02335 今日はかなりてんやわんやでした。まだまだ―呆れるほどにまだまだ―単純に実力不足なので、無駄に忙しく感じてしまうのでしょう。効率の良い動き方というのを、全然つかめていないからというか。……それはともかく、今日はなんとなく「これからはこうしてみよう」みたいな方針が頭に浮かびました。ちょっと遅いけれど、自分の頭から自然と方針が浮かび上がるのは、僕にとって非常に良いことなので、大切にしたいところです。

 初夏や梅雨の空気が段々と漂い始める中、涼しげな雰囲気を求めてしまうのでしょうか。軽いけど大きなモノが右手にぶら下がってたんですよねぇ……(遠い目)。コムデギャルソンも、どのラインもそろそろ春夏の最終入荷あたりになってきているわけです。すると、ふらふらと見に行ってしまうのです。

 んでプリュスはともかく、シャツもともかく―ポロシャツは欲しいけれど―、ジュンヤもともかく、オムにはどうしても好みが出てくるんですよね、不思議と。前回の入荷であった、大き目のマドラスチェックの半袖切り替えしパッチブラウスが欲しいなぁ、なんて思っていたのですが今回の入荷で路線変更。

 ギンガムが入ってきたのです。黒と濃紺の。その一つがこのギンガムブラウス地ジャケット。要は完全にブラウスの生地でジャケットだってことで。これがなんとも僕好みでした。全体の佇まいも、ディテールも。黒と濃紺を迷いつつも、濃紺で決定。純粋にモノとしてみると黒の出来が相当良かったのですが、いざ袖を通すと濃紺がシックリきたのです。……うーん、いい。でも、こういうのは嫌いな人も多いですよね、見向きもしないというか(笑)。

Dsc02337 肩やサイドの部分は、インサイドアウトの作りになっております。縫い目の耳が表に出てる形ですね。今期のオムの期中の商品は、これが多かったですよね。ま、たぶんラクに面白みが出せるということなんでしょうか。……好きだからいいんですけれど。しかしアレですよね、絶対一度は言われるんですよね、ええ。お分かりでしょうが。

 ちなみにポケットやらなんやらはブレザー的な感じです。ノッチドラペルで3つボタン。形は非常にオーソドックスですよね。

Dsc02338 背中なんかもこんな具合。耳、しっかり出てます。画像だとなんか黒に見えますね、ギンガム。実物もパッと見は黒に見えかねないくらいの濃紺。なかなかありそうでない色味だなぁ、と思います。

 このギンガムシリーズ、半袖のボタンダウンブラウスがこれまた非常に素敵でした。アレは買いでしょう、特に黒。ギャルソンの襟の感覚でボタンダウンって、他のブランドではまずないですし、縫製なんかも云々言われる中、きちんとソコソコに柄あわせも巧いですし。欲しいなぁ、追加で。

Dsc02339 このジャケットで何気に気に入っているのが、ボタン。なんか色合いとかが非常に良い。ギンガムの色の濃さとのコントラストが丁度良いんでしょうね。

 よく考えてみれば、この時期になると毎年ここんとこギャルソンオムではギンガムのジャケットが出てます。ただ、その殆どが薄いブルーなんかだったように思います。その上、ディテールももっとシンプルな感じで。そう考えると、今期コレに急に惹かれてしまったのも分かる気がします。……ガシガシ、ブラウス的に着て洗えるってのが良いですし。

 ギャルソンといえば、プレイの香水とTシャツのセットが出てますね。そのついでといっちゃなんですが、来期のプレイでは黒ハートがまた出るそうです。コレット、プレイBOXに引き続きですね。シンプルなワンポイントTはもちろん、デカ黒ハートなんかも出るそうな。きっとポロシャツもやるでしょうから、そこは欲しいですかね、確実に。まず黒と赤くらいは。……秋冬と考えると、ニットも買ってもいいかなぁ、黒プレイ。緑は正直、紺ポロは買ったけどグダグダに着なかったし、やはりあんまり好きでなかったので。

 シメ。仕事用のスーツを買い足し。そこはリーズナブルに、出来うる限り安く済ませています。その中で出来うる限りのことはしますが……。これでしばらくスーツはいいかなぁ。あとは靴をちょいちょい追加して、消耗品のワイシャツを買い足せばオーケーでしょう。そこはゆっくりと。ちょっと浪費モードすぎるので、ここらで締めないといけませんね。

 本日のカップ:ボルヴィック。やっぱり味でいくとヴィッテルより美味しいかなぁ。けど、買うのはヴィッテルなんですよね、僕の場合。ヴィッテル、昔のペットボトルデザインに戻ってくれたら、もっと買うのになぁ。     circus

|

« 柔らかさを身に纏う。 | トップページ | やんややんや »

「fashion」カテゴリの記事

コメント

久しぶりに書けるギャルソンねただ〜
私はマドラスのにグイっと惹かれたんですよ〜
でもこれもいいなぁ〜。未見ですが。

大きな声じゃ言いませんが??やっぱり
ギャルソンの神髄はオムに出ているような気がするんですよね。
なんだかんだいって、個人的には
いちばんヒット率が高い。

ジュンヤ、カワクボetc各ブランドのいいとこ取りといえばそれまでですが
紳士服というワクの中でいろいろやるところが
ギャルソンだよなぁーって感じ。

投稿: ふなふな@ヒビコレ | 2007年5月21日 (月) 20時50分

>ふなふなさん
久々に買ってみました(笑)。
マドラスを買いに行ったんですがねぇ……はい。
あれはあれで色味もシブくて素敵だったんですが、どうしてもギンガムの魔術に負けました。

オムが楽しいですよね、ホントに。僕も結局はオムばかり買ってしまいます。
たまにプリュスやシャツを取り入れるって感じで。

確かにいいとこ取りではあるんですが、そのバランスが巧いんですよね、凄く。
大げさすぎず、でもおとなし過ぎず。
このジャケットも、まさにそんな感じがします。

投稿: circus | 2007年5月21日 (月) 22時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/11130/6491652

この記事へのトラックバック一覧です: やめられない、とまらない。:

« 柔らかさを身に纏う。 | トップページ | やんややんや »