« カリカリ | トップページ | 感性・慣性・完成 »

2007年6月26日 (火)

回転

Dsc02400 霧雨って言葉が正にドンピシャな天気でしたね。温度は過ごしやすくても、湿度が高すぎる。日本の四季といいますか季節感はとても好きだし、良いものだと思うんですが、時にもう少しゆるやかでもありがたいなぁと思ったりもしてしまいます。……ワガママだ(笑)。

 流れを見ている世代としては、これくらいなら読んでおこうかと感じ、購入。アンダーカバー特集のWWDですね。表紙はなんとなく、もの凄い特集を載せている風な煽りですが……、まぁWWDなわけでこの薄さですから、さほど期待もせずに読んでみました。

 なんと言いますか、新しい何かがドカンと書いてあるようなことはなく、淡々と。栗野さんとの対談や、インタビュー、大まかな流れの年表などなど。もう少し、舞台裏っぽい話であったり、川久保さんとのつながり方なんかを書いて欲しかった気がしますが、難しいのでしょう。

 読んでいて面白かったのは、栗野さんとの対談の一部で「パープル」のコレクションの際の話。細かくは買って読んでもらえれば分かりますが、「あー、やっぱりそういう拘束というか、縛りはあるんだなぁ」とか「うーん、ジレンマ」とか思ったりしました。……分かってはいたことでも、改めて実際にクリエイションをする側が言うと、いつも頭に残ってしまいます。

 パリコレに出始めてからもう随分と経ちますが、やっぱり思うのはそろそろ真面目にメンズもコレクションを始めるべきじゃないかなぁ、ということ。メンズのコレクションて、レディスに比べると良し悪しはどうあれ、単純にやりづらいとは思うんですが、コレクションでやるメンズのアンダーカバーってのを見てみたい。

 東京コレクションに出ていた頃、CSかなんかのテレビでアンダーカバーなんかも見ていて、その頃は東京コレクションを面白いと感じていました。規模としては、今現在は東京コレクションウィークなんて大きくなっているように思いますが、あんまり勢いが感じられないのはなぜなのでしょう。気になるブランドが無いわけではなくて、キノやマトフ、ネ・ネットなんかはそこそこ気になるのですが、それでも。……うーん、東京自体に面白みがないのかなぁ、ここんとこ。って、僕なんかが心配することでもありませんが(笑)。

 あれ、suzukitakayukiがコレクションを始めるのって、東京でしたっけ? それともパリやらミラノやらでしたっけ? どっかしらで始めますよね、確か。どこでやるにせよ、それは楽しみなんですけれど。

 ではでは。数学関連の本で、2冊ほど読みたい本があるのですが、相当に文字が詰まっていて、しかもやたら分厚いので、読み始めようにも難しいのです。いったん読み始めると、その本を終えるまで他の本を読んだりはあまりしないので……。どうしようかなぁ、うーん。

 本日のカップ:ミニッツメイド・ピンクグレープフルーツ。今日はやたらと酸っぱく感じました。いろんな心的要素で味覚がちょっとずれてるのやもしれません、キケンだ。とはいえ、僕の悩みとかなんてものは、多くの対象と比較するときっと大したものではない気もするので、なんとかするしかない。とりあえず、楽しみを見つけよう。     circus

|

« カリカリ | トップページ | 感性・慣性・完成 »

「fashion」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/11130/6940350

この記事へのトラックバック一覧です: 回転:

« カリカリ | トップページ | 感性・慣性・完成 »