« 風に溶ける。 | トップページ | 枯れない »

2007年6月 3日 (日)

紙という可能性

Dsc02355 なんとまぁ、僕はやはり周りに恵まれる。いろんな人達の力でもって、僕は生活できているようなもんで。独りで生きていける人間も素敵だし、カッコいいけれど、僕はまず無理でしょうね。でも、それで良いとも思います。もしかしたら自分だって、いつか誰かの力になれるときが来るのかもしれないし。……そんなことをふと感じた今日。

 さて、ポストカード。今は美術館でも雑貨屋でも、様々なポストカードが売られています。それこそ溢れるくらいに、印刷の波。その中で、僕がここ数ヶ月気になって仕方が無かったのが、活版印刷。……そうですね、ボコッするアレです。そんな活版印刷をテーマにしたお店と言うかブランドというか、随分僕の好みのトコロがあります。サブ・レター・プレスのポストカードです。

 活版印刷ってのは、昔ながらの印刷法。早い話が、文字そのものの金属板を造って、それをさらに並べて、インク乗せて圧力でもって印刷しよう、という感じ。手間がかかるんですよね、マジで。文字だって、大きさごとにその型を作らねばならないし、字体も同様。そして並べるにも工夫とセンスと時間が必要だし、圧力にしたって均一にどの文字も印刷するのは非常に大変で難しい。……でも、だからこそ面白い。

 印刷された部分はモチロン圧力で少し凹むようになるし、妙に味がある。通常の印刷に比べて、輪郭が優しいような雰囲気がするんですよね。活版印刷って、現代では廃れてきてしまっているものですが、最近また注目されつつあるのも事実。……うまく流れが出来て、また活版印刷が一つの選択肢として活躍して欲しいと考えています。

 だもんで、サブ・レター・プレスさんには頑張っていただきたい。ちなみに、僕は羊と鳥のポストカードを購入。兎なんかも素敵だったんですけれど……欲を言えば、サイを作って欲しいなぁ。造ってくれたら、大量に買い込むのに(笑)。そういえば、名刺なんかも活版印刷だと素敵ですよね。いつか自分で作ることがあれば、絶対にそうしたい。

 活版印刷に関連して、紙の可能性も僕は期待しています。紙って、もっと楽しめるはず。現代的な紙だけでなく、和紙なんかも含めて。とにかく、紙で遊ぶ、紙で創る、紙で楽しむということがもっと出来るはずではないか、と。サブ・レター・プレスさんでもそういう意味合いも含んでいると思われる、「PAPIER LABO」というお店をオープンしました。近々、足を運んでみたいと思っています。きっと、良い具合に響くはず。……調子にのって、カードやら便箋やら、あるいはいろいろ創ったりとか、浪費をしすぎないようにしなきゃなぁ。

 シメ。最近、「ギターの何が楽しいの?」とか「それの何処が好きなの?」とか話に出ることがあるんですが、考えてみると、正直なかなか難しいところなんですよね。論理でギターや歌の楽しさを説明しようとしても、全然浮かんでこないし、洋服や雑貨の面白さを分かってもらおうとしても、全然伝え切れないし。最後はもう、「なんか、好きなんです」としか言えないというか。多くの場合、モノを見たり買ったりする感覚は理解されないですし(笑)。……ま、そういうもんかもしれません。

 本日のカップ:コカコーラzero。やたら目立っていたので、飲んでみたのですが……なんのこっちゃない味でした。殊更、味がどうにかなったわけでもない気がします。ノンカロリー仕様の炭酸飲料は、やっぱりスプライト以上のものは出ないでしょうね、なかなか。     circus

|

« 風に溶ける。 | トップページ | 枯れない »

「zakka」カテゴリの記事

コメント

ちょうどゼロカロリー飲料のことについて書こうと思っていたので先を越された気分です(笑)
ほんとにどうでもいい味がしますね、ノーカロリーは…。
スプライトが激しく気になりました、飲んだこと無かったです。
今日買いに行きます!

投稿: MusT | 2007年6月 4日 (月) 14時32分

こんばんは。

ポストカードの絵がとっても素敵ですね。
こんなカードもらったら嬉しいよね。私は大型書店で
クレインのレターセット買いました。柄が素敵なんです。

ギターはずっと抱いてるだけて安らぐと弟が言ってました。
弾けたら楽しいだろうなぁ。
人それぞれ価値観が違うから説明は難しいよねぇ。うんうん。

投稿: みゆ | 2007年6月 4日 (月) 20時49分

>MusTさん
どうでもいい味なんですよ、ホントに。
あえてコレを飲む必要があるのか、みたいな。

ダイエットスプライトはそんな中での、唯一のお気に入りなんです実は。アレは美味しいと思います、素直に。
是非ご賞味を。

投稿: circus | 2007年6月 5日 (火) 23時08分

>みゆさん
こんばんはです。

柄もかわいいし、刷りもやはり味が感じられて良いんです。
僕も、こういうカードがいただけたら、かなり喜ぶと思います。
お、クレイン。良いですよね、高いけれど。
コットンペーパーの風合いも素敵ですし。

ギターがあると、いろいろ楽しいのです。
コピーを弾くのも良いし、オリジナルを考えるのも楽しいし、なんにも考えずグダグダするのも楽しい。
周りからすれば、迷惑なんでしょうけれど(笑)。

説明は難しいです。僕も例えば、昆虫標本(蝶以外)の楽しさとかは説明されても永遠に理解できないと思いますし(笑)。

投稿: circus | 2007年6月 5日 (火) 23時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/11130/6654962

この記事へのトラックバック一覧です: 紙という可能性:

« 風に溶ける。 | トップページ | 枯れない »