« 改革 | トップページ | 紙という可能性 »

2007年6月 2日 (土)

風に溶ける。

Dsc02350 楽な方向に流れたい、そんな風に思ってしまうくらいに、そこにいることが自然で、そこにいることで癒される。よくよく考えてみると、これまでの生活の中で僕は、「離れることで、感情が高まり、ある意味で柔和し、大切に想えるようになる」みたいです。……すっごく、面倒な性格。でも、実際にそういうことを多く感じてしまう。しかも、人でも環境でも、モノでも場所でも同様に。……どうしてかなぁ。

 今年、僕自身は半袖ブラウスは未だ買っていなくて、というよりはこの先も今年はちょっと買うかどうか微妙なところ―良いめぐり合いがないので―なのですが、このブラウスなら欲しいと感じます。……ま、サイズがないんで無理なんですけれど。そういうわけで、人に買わせたということです、つまり(笑)。cholonさんのオリジナルリネンブラウス。

 何気ないリネンブラウスですけれど、まずリネン自体がなかなか良いのです。白、ナチュラルなどカラーはありましたが、断然白が素敵でした。形はシンプルにストンとしているのですが、脇の下あたりにダーツが組まれていて、「まったりとしている形なんだけれど、もっさりしない」感じになってます。……半袖や裾の具合も好バランス。

Dsc02351 大事な襟はこんな感じ。角襟なんだけれど、少し丸みを帯びさせてあります。それがなんとも、リネンとのマッチングが面白い。大きさも結構小さめで、個人的に好きですし。

 そして、ボタン。共布で包まれているボタンを使用しています。自然な雰囲気がより強調されているようで、巧いです。ちなみに、首もととかにタグなんかはありません。……一応、品質表示タグとかが付いている部分に、さりげなく小さなタグはありますけれど。

 ちなみに、これはポケットは付いていません。ポケットが付いているタイプのブラウスもあったのですが、そちらはボタンが黒ボタン(共布とかではなく、通常)です。それはそれで悪くないのですけれど、ポケットの形が若干リネンの空気と異なっているような気がしてしまったので、コチラを強く押し。……価格相対比も良いので、かなりお勧めです、女性の方。

 ブラウスはリネンやガーゼで出ていて、長袖もモチロンあります。長袖も実はかなり素敵。長袖は黒がとても良かった。あとはTシャツがかなり良いです。レディスの2サイズ展開みたいで、今月あたり大きいほうが入荷されるそうですけれど―小さいほうはかなり小柄な女性サイズでした―、どれくらいのサイズが気になりますね。大きければ、黒や紫やピンクが欲しいところなんですが……ま、いくらなんでも無理か(笑)。

 ではでは。ある事情で、一枚何かしらCDを買おうと決めてタワレコに行ったんですが、こういう時に限って欲しいCDが見つからない。そこそこ好きなアーティストでも、なんか煮え切らない。結果、ふらふらと探し回り、一つ気になるCDが見つかりました、ギリギリのタイミング。これから聴きますけれど、どうなのかなぁ。……期待はしすぎないでおこう(笑)。

 本日のカップ:アイスミルク。ナカザワのミルクを飲んでいるんですが、やっぱり僕はタカナシの方が好きです。ナカザワはすごくスッキリ爽やかな味をしているので、コーヒーには好相性だろうし、ミルク嫌いも比較的飲めるのではないかとは思いますが……。うーん、単純に美味しさならタカナシだと思うんだけどなぁ。     circus

|

« 改革 | トップページ | 紙という可能性 »

「fashion」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/11130/6640902

この記事へのトラックバック一覧です: 風に溶ける。:

« 改革 | トップページ | 紙という可能性 »