« 表裏一体 | トップページ | 骨董品 »

2007年8月18日 (土)

おいしくて、つよくなる。

Dsc02440 昨日に更新した生地の地直し中。ある意味では、これが一番面倒かもしれないのですが、やはりやるとやらないのでは、後々にかなりの差が(主に後悔が)生じるので、ここは外せません。……ところで、24時間テレビの日ですね。僕は自分の中で確固たる自論があるので、24時間テレビは基本的に出来るだけ見るようにしています。小さな頃はもの凄い頑張って、特に理由もなく24時間見通そうと頑張ったものです(笑)。今は、それ相応の理由をもって、無理をしない範囲で見るという生活。

 我が家にこんなものが転がっています。赤い色と魅惑のカタカナ三文字を見て、「うわー、ビスコあるじゃんか、買ってきた人マジで最高。」と無駄にテンションを上げながら手にすると、なんか違う。……ていうか、箱じゃないじゃないか、と。全くもって硬い缶ではないか、と(笑)。

 ビスコと言えば、昔の黄色いパッケージの胚芽入り(今の青いパッケージはちょっと好きではない)がもの凄い好きだったんですが、無論赤いビスコだって好き。こんな缶のタイプって出てるんですねぇ……備えあれば憂いなし、の保存缶バージョンだそうな。

 こうなると、まだ賞味期限が相当先なので、開けづらい。別に保存缶だからって普通に開けて食べてはいけないわけではないのに、開けづらい。食べたい気持ちのやり場が、微妙になくなって、うむぅと唸ってしまいます。缶の中に窒素が充満しているので、一度開けるとダメなわけですから。……しっかし、なぜうちの人はコレを買ってきたんだろうか。しかも、唐突に。

 どうやら、グリコ缶もあるみたいです。いいですね、グリコ缶も。おいしくて強くなる、グリコもビスコも同様です。おいしくて強くなる、といえば肝油ってのがあるわけですが、小さい頃あの味が結構好きで、何粒も食べようと試みたものですが、「一日に何粒も食べると、栄養過多で死ぬんだよ」と小さい子にはえげつないような教えを受け、おとなしく一粒に甘んじていた思い出があります。死ぬかどうかはともかく、確かに食べすぎはどう考えても体に良くないと思うので、今となってはその教えの意味も分かるわけですけれど(笑)。

 この缶、やっぱり開けられないから、コンビニ行ってビスコ買ってこよう……パッケージは好かないけれど、胚芽入りを。

 シメ。面白そうなモノを見つけて、ちょっとワクワク。新しいものと、今更なものと。今更なものは、ホントに今更で記事にしようもない気がしますが、新しい方は出来るかもしれません。色はどうしようかなぁ……やっぱり、ベーシックなところかなぁ。

 本日のカップ:煎茶。今日はなかなかに涼しかったので、暖かく煎茶を。そういえば、抹茶の点て方を習いに行きたいなぁ、とこの頃思っています。本気で何流うんぬんとかじゃなくて良いので、とりあえず点てられるように。……うおがしとかのレッスンに参加してみようかなぁ。     circus

|

« 表裏一体 | トップページ | 骨董品 »

「food」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/11130/7586140

この記事へのトラックバック一覧です: おいしくて、つよくなる。:

« 表裏一体 | トップページ | 骨董品 »