« たまには。 | トップページ | ツートン »

2007年9月25日 (火)

配色

L1000108 ここ4日間は、非常に消耗した毎日でした。体力的にも、精神的にも。ちょっと、本気の疲れが出ています。もちろん仕事ってのはそういことの連続だと思うし、ある程度は自分が進んでやっていることでもあるので、仕方がないといえば、仕方がない。さらに、僕よりももっともっと大変で、疲れが溜まっているだろう人が上にいると、「疲れる」とか「ツライ」とかは、一切言えるはずがないし、言いたくないわけで。……明日の休みは、とても助かる。

 さて、こんなものを頂きました。巾着、というかお弁当包みだそうな。とても良く出来ていると思うのですが、これ手作りなんですよね。こんなに上手く創れたら、きっと楽しくて仕方がないはず。

 生地は真ん中部分に麻の生地、トップには茶系のギンガムの綿麻の生地、そしてボトムには淡くかすんだ緑色系のギンガムのおそらく綿生地。そして中央下部には麻テープ付き。絞る紐は濃い目の茶色で、見事にトップのギンガムの色と調和しています。……つくりもアレですが、この生地選びも巧い。茶色と生成りと緑色を合わせる。これ、とても好きです。しかも、その配分も良くて。ギンガムがうるさすぎず、かといってアッサリすぎることもない。

 諸所の部分(というかたぶんほとんど)は手縫いで行われています。結構、大変ですよね。こういうのを時間かけて創れる人を、僕はとても尊敬します、冗談抜きで。それを販売するとかどうとか、形式によって評価は変わりますが、こういう具合のものを生活の上で提供するというスタンスは素晴らしい。……って、褒めすぎでしょうか。

 ちなみに、中にはしっかり裏地も付いてます。いわゆるスレキ、あるいはシーチングで。しっかり出来てます、いや本当に。きっとやれば出来ることなんですけれど、それを真面目に出来るのが、いい。僕も、もっと製作意欲ってものを持たなければいかんな、と再認識させられました。

 よく考えたらこれ、弁当包みでなくても、普通に小物入れ巾着としても良い気がします。……使おう。

 それでは。人によって、ある種の洋服に対する考え方が、これほどまでに違うものか、とまたもや驚きました。例えば、「スカジャンをファッションと捉えるか否か」、「ジャージをファッションと捉えるか否か」、そしてやはり「レディスとメンズという境目はどういう捉え方をするのか」などなど。僕としてはスカジャンはファッションとしてとても好きですしアリですし、ジャージはもってのほかというかど真ん中もいいところですし、メンズやレディスに関しても、このブログでもあるように言わずもがななんですが……はい。

 本日のカップ:エビアン。甘いもののブームが、大きく冷めてきていることをまたもや、認識。決して食べたくないわけではないけれど、熱意がないというか。いやー、本格的ですこりゃ。訪れそうなのが、予想していた一つの穀物ブーム。麦とか、玄米とか、そういう話。……もともと好きだから、その好きの度合いが高まるだけといえば、それまでなんですけれど。     circus

|

« たまには。 | トップページ | ツートン »

「zakka」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/11130/8108076

この記事へのトラックバック一覧です: 配色:

« たまには。 | トップページ | ツートン »