« 羽織る。 | トップページ | CANNE »

2007年9月28日 (金)

XS

L1000120 結構久しぶりにモツを食べたんですが、いいですね。今年の秋冬はちょいちょいホルモンを食べたいところ。焼肉においては勿論のこと、やっぱりモツ鍋は欠かせないでしょうね。……あ、それはそれとして、ハラミが食べたい。

 タイミングがピッタリ合ったことに、感謝でしょうか。ドーバーストリートマーケットトーキョーにて販売された、DIGAWELさんの白ブラウス。いろいろスペシャルだということで、違いを中心に更新してみます、はい。……それにしても、販売日が平日だったにも関わらず、これを見に来る方が何人もいらっしゃいました。相変わらずの、すごい人気。

 通常のものと何よりも異なるのが、生地。光沢があり、張りがありつつもとてもしなやかな、綺麗な生地です。ギャルソン系のシンプルな白ブラウスのような、かなり良質な生地。通常の生地感もすごく好きなのは当然なのですが、このスペシャルさんも、また好きです。……ちょっとシックな印象になりますね、なんとなく。

 襟にはリブブラウス同様にステッチが。そこも通常とは異なるポイント。襟のステッチはあるかないかで、かなりイメージが変わります。それはDIGAWELさんのものに限った話ではなくて。どちらか優れているとかの問題ではありませんけれど、生地や形に合っていると嬉しいですよね。

L1000123 一枚目の画像にあるように、タグも違います。通常のブラックではなく、ブラウンのタグ。渋い感じになりますね、渋い。そして、裾部の刺繍はブラックで。これも渋い感じです、渋い。……やはり全体的にシックな具合に思います。

 また、縫製の糸も異なっています。より光沢感のある糸で全体を縫製しています。生地の光沢であったり、目の細かさなどに合わせて、綺麗に見えるようにしてあるのでしょう、きっと。また、細かい部分を見ていくと縫製の仕方もちょいちょい変わっていたりもします。……まぁ、離れてのパッと見では気付かない部分かもしれませんが、そういう部分を楽しませてくれるのも好きですね。

 全体のフォルムも少々異なるようで。雑誌なんかでは「丸っぽい」と評されたりするDIGAWELさんのブラウスですが、生地の風合いも含めて、その感じはすこし抑えられているような。……あ、サイズは相変わらずMを購入。

 実のところ、DIGAWELさんのブラウスで何気に好きなポイントは、ボタンとそのつけ方だったりもします。その辺りはしっかりとコチラも。ボタンはそこそこ厚みをキープした綺麗な白蝶貝ですし、つけるのも十字ですし。ここはずっと貫いて欲しいポイントで。

 スペシャルな部分はまだ他にもあるわけですが、そろそろこの辺で。スペシャルとはいえ、価格も非常に良心的でした。ここはもう、完全にDIGAWELさんの主義によるものでしょうね。ありがたい限りです。明日また、全サイズが販売されるそうなので、気になる方はドーバーで是非。

 それでは。今回の暮しの手帖は、かなりキてます。ヒルサイドパントリーに、ドーナッツ、さらには干物。他の小さな記事も面白いものがつらつら。ドーナッツ、作ろう。

 本日のカップ:コンランブレンドコーヒー。コンランショップの隣、コンランカフェのコーヒーは非常に優秀です。すごく、美味しい。ま、ホリグチ繋がりなので、当然といえば当然なのですけれど。ニュークロップの香り高いコーヒーが、しっかり飲めます、あの環境で。フードもそれなりにキチンと美味しいのもありがたいし、ちょいちょいお世話になります。     circus

|

« 羽織る。 | トップページ | CANNE »

「fashion」カテゴリの記事

コメント

タイミングがぴったりとは、羨ましいですね。

スペシャル、さすがに売り切れてますよね、もう。

実物を拝みたかったです。

ねじられたあれ、こっそりと買いました。

ではでは。

投稿: nico | 2007年10月 4日 (木) 23時42分

>nicoさん
本当にたまたま、休みか被ってくれたんですよね。

スペシャル、かなりの人気だったみたいなので、難しいかもしれません。でも、またそのうちギャルソンと絡んでいる限り、やってくれるのかもしれません。

ねじられたアレとは、もしかして。

僕もひょっとしたら。

投稿: circus | 2007年10月 5日 (金) 22時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/11130/8152810

この記事へのトラックバック一覧です: XS:

« 羽織る。 | トップページ | CANNE »