« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月

2007年10月31日 (水)

赤の誘惑

L1000207 鞄と雑貨、どちらが優先されるべきか。現実的な側面で見ると、無論のこと鞄を優先するべきなんだけれど、雑貨は雑貨でいわばこのチャンスを逃すと、もう手に入れることが出来ないような類でありそうだから、困る。英国紳士にロシア文学。ファイバーにドストエフスキー。……決まらん。というか、ドストエフスキーはそもそも無理かもしれないっていうのが、またなんとも言えないところだけれど。

 ふわふわして、気持ちよいのは確かです。ただそんなことよりも、ディズニーという存在そのものが素晴らしいので、このクッションも素晴らしいのです。ミッキーとミニー、本体でいくと俄然ミッキーの方が好きですが、この水玉だけを考えると、ミニーはたまりません。……って、あぁディズニーに行きたい。

 お土産なんですよね、結局。今年はまだ、ディズニーに行けていないのがなんとも。もうクリスマスのパレードの始まりなわけなので、非常に行きたいところ。舞浜の駅に降りた瞬間に、胸が高鳴るあの感じを、味わいたいというか。

 この前ディズニーについて考えたときに思ったのが、「別に乗り物にはそれほど乗れなくてもいいな、よく考えれば」ということ。ランドに限って言えば、プー、ビッグサンダー、スペース、ホーンテッドあたりに一回ずつくらいは乗れれば、あとはテキトーに過ごすだけで構わない気がして。ランドの中にいるというその感覚自体が、楽しかったりするので。……ま、その感覚はかなり周りからは理解が少ないですけれど(笑)。

 12月に入ると、とたんにディズニーは混む具合が半端じゃなくなるので、なんとか11月に行ければいいなぁとか思うけれど、それはそれで簡単にはいかなくて。うーん、難しいな。

 では。明日を越えると、明後日がやってくる。明後日こそは、出来うる限り様々なところに足を延ばしたいと思っている。でもその前に、明日を精一杯、超えなければならない。うーん、こういう感じは苦手だなぁ。

 本日のカップ:コーヒー牛乳。一気飲みしてしまうところが、よくない。もっと、ゆっくりとしっとりと飲まなければ。甘めの飲料に限って、そうなりやすい傾向にあるので、どうにかしないと。体にも、良くないし。     circus

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月28日 (日)

petunia

L1000205 なんというか、無言の力というのは、僕にとっては大いなる脅威であるようで。言葉に出さないことこそ、畏怖を感じてしまうわけで。さてさて、どうなるやら。……もう、どうにも。

 そんな昨今、心を癒すは植物なり。昔はそれほど花だとか草だとか、そういうものに癒しを感じたり、魅力を見出したりすることは少なかったのですけれど、ここ数年で、そんな感情もガラリと変わって。……植物から、様々なインスパイアも受けるし、すごく刺激を感じます。無論、癒しも。

 植物を中心としたライフスタイルを提案する、planted。初めは人に教えられてみてみたのですが、これが素晴らしい雑誌で。特に今出ている♯5は、かなり良い。表紙の写真が優れているのもそうですが、香木の特集だったり、麻の特集だったり、他もろもろの特集も面白くて。……そしてまた、数々の写真が良いのがポイントで。

 正直、これまでのplantedもかなり面白いものだったにも関わらず、「買いだしたら、ずっとだものなぁ」なんて思ってしまい、手を出していなかったのです。主に人のを見たりしていて。ただ、今こうしてみると「んあー、やっぱり♯1から総て買っておくべきだった」なんて後悔してしまったり。……古本って形ならまだ手に入るかもしれないし、地味に在庫が書店に余ってたりするかもしれないので、ちょくちょく当たってみようと思います。

 種が、付いてきます。植物のきっかけ。これがまた良いのです。ただ文章や写真だけでスタイルを提案するだけでなく、実質的なアプローチをつけている。ちなみに、今回の種は「ペチュニア」。花言葉が「あなたがいれば、心が和らぐ」。いい言葉ですね。……色とりどりに彩ることが、出来ればいいですね。

 植物なんてなぁ、と遠ざけずに是非とも見てみてください、planted。サイズが大きくて、持ち歩くのは大変ですが、何かこう、心がほっとするので。

 ではでは。旅立ちの唄だけでなく、カップリングバージョンのいつでも笑みをもCMで流れている。どちらも自然と笑みがこぼれる様な、心をくすぐる唄。うーん、頑張らないとなぁ。

 本日のカップ:ディスカバリーズ・ミラノ。やはりこれが、基本的に美味しいとは思う。明日は豆を買いに行こうと思う。いつものところと、また違うところでも少し買おうかなぁとも思う。あと、アレ。     circus

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年10月27日 (土)

豊かに。

L1000203 時折、今この場所に自分は居るべきではないのではないか、などと感じたりします。そういった時はひどく暗い気持ちになり、どうしたらよいのか途端に不安になり、心が固まる。……だからといって、現実の表層に影響が激しく出るのかというと、そういうわけでもなくて。だからこそ、嫌な感じのスパイラルはなかなか終わることもなくて。そんな折に、ひそやかに笑いを生み出す人がいると、すごく救われたりする。

 暮しの手帖は、普段もリニューアルしてからというもの非常に心くすぐられるようになったわけですが、別冊はやはりまた格別だったりします。キッチンものに続き、同じ空気の別冊「私の好きなインテリア雑貨」。

 それぞれの人が紹介しているものは、新しいものもあれば古いものもあり、分かりやすいものもあれば非常にマニアックなものもあったりします。また、様々な方のインタビュー的なページも面白くて。中でも安西さんだったり、なんたって小林聡美さん。

 小林さんのページがあるからこそ、なんの悩みもなくサックリ買って読んでいるようなもんで(笑)。実際ページ数はほんのわずかですし、映っている写真も少ないのですが……すこぶる素敵なんですね、すこぶる。なんでしょう、とても柔らかくて、ふんわりとした空気に包まれるというか。ま、ただ単に好きなだけだろって話ではありますけれど。

 また終わりのほうにある、大熊健郎さんが選ぶ「新定番インテリア雑貨50」は、確かに新定番が多いです。うちにあるものももの凄い頻度で入っているし、「まぁ、そうですよね」と頷けるチョイスもあったりします。ベタっちゃあベタが多いっていう意味でもあるわけですが、少なくとも「定番」という名に合ったモノが紹介されているので、チラッとでも見てみると良いかもしれません。

 そういえば、関係ないですが天童木工PLYさんで、柳デザインの家具展をやっています。行かなければ。これまでの定番はもちろん、どうやら新作もあったりするとかなんとからしいので、うーん確実に行かなければ。気になる方は天童木工PLYさんへ、是非。

 では。いやー、ドラクエがやりたい。かといって次の9には恐ろしいほどに期待していないこの頃なので、3,4,5あたりをやはりじっくりとやり直そうかなぁと、思ったりします。中でも僕は3が一等好きなわけで。あー、パルプンテが使いたい。

 本日のカップ:アイスコーヒー。昨日から、コーヒー漬け。かなりの量を飲んでいます。飲みすぎると逆に体に良くないとか聴いたような気もするので、飲みすぎは避けているのですけれど、つい選択肢にあると選んでしまう。……んー、新しいマグが欲しい。     circus

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月24日 (水)

スライダー

L1000202 なんとなく気が向いているので、久々に「リンクの輪を広げようキャンペーン」を打ち出してみようと思います。半年くらい前にもやったような気がしますが、再び。服とか、雑貨とか、食べ物とか、本とかなんやかんやで関わりがあって、ちょいちょい気にかけてくれてる方がいらっしゃれば、是非リンクを広げましょう、と。……じゃあ、と腰を上げてくれる方がいれば、コメントなりメールなりで。

 ポテトチップスを食べたいと思ったら、動くしかなくて。定番の味や、ちょっと高級な味も良いのですけれど、なにか違ったのが食べたくて。それで結局は、カルビー。期間限定で出たばっかりの……オニオンソルト。いやー、オニオンとつくと無条件に反応してしまう自分が、ちょっと悲しい(笑)。

 オニオンソルト、非常に良いです。ガツンとオニオンってわけではなく、ほのかに風味や甘みがして、さっぱりと塩味で楽しめる。コンソメパンチなんかだと、結構後半に飽きが来てしまうこともあるのですが、これはその感じが無くて。でも味はしっかりしているから、ポテトチップスを食べている満足感もあって。

 部分的にオニオンが濃いパーツがあったりして、その辺りも面白い。単なる味のムラじゃないかと言われれば、確かにそうなんですけれど。ただこのオニオンソルト、いっそ作り続けてもよろしいのでは、と思ってしまいます。コンソメパンチに変わりうる力を、持っていると僕は思ったりして。

 この味、粉砕してサラダに混ぜても絶対に美味しい。フライドオニオンを使うことも時にありますが、その代わりとはいかぬまでも、結構いい線いってくれそう。……食べ過ぎに、気をつけよう。

 ではでは。IQテストってあるじゃないですか、あ、テレビとかのじゃなくてリアルな。この年になってやることなんてないから、凄くやってみたいんですよね。アレって、そういう機会とか作れるんでしょうかね。病院とかでやってくれるのかなぁ……。

 本日のカップ:とあるドリンク。ゲロルシュタイナーを記事にしたばかりですが、今日また、魅力的な飲み物が。不思議な感覚な飲み物で、ありそうでなかった感じ。近いうちに、記事に。     circus

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年10月23日 (火)

次点

L1000197 いろいろな方面を検討した結果、なんだかんだでとある地点に戻ってくる、ということがよくあります。年末前あたりまでには、新しい鞄を買おうと決めているわけですが、様々な候補を並べた結果、高校生の頃からの憧れを追いかけることになりました。……いやー、それを高校生の頃に憧れてるのもどうかって話なんですが、やっぱり良いもんは良いので。まだ今は、明言しませんけれど。

 さて、泡だて器ってのを初めに考えた人は本当に偉大であるなぁ、とメレンゲを作ったり、ホイップを作ったり、生地を作ったりしているとひしひしと感じるわけですが、うちのがまた新しくなりました。……うーん。

 僕としては「次はコレに決まってるさぁ」と心に誓っていた泡だて器があったのですけれど、勝手に違うものを買われてきてしまったんですよね。それがコレなわけでして。……柳宗理の泡立て。いえ、素敵は素敵なんです。独特な丸っぽいながらも無駄がないフォルムだったり、握りやすいグリップだったり、先端の金属部の組み合わせだったりも、良いんです、確かに。

 だから、とりあえずはこいつに落ち着いてもよろしいか、ということに。買ってきてしまったものは、どうしようもないですし(笑)。しかも好きな柳デザインなわけですから、悪くはございませんし。次点としての存在だったものの……しばらくは。

 そのうちきっと、元々欲しかったものを買うには違いないのですけれど、現時点で目の前にあると、この泡立てはパンケーキなんかの絵に合いそうだなぁと感じるし、もうひとつの欲しかったほうはメレンゲの絵に合いそうだなぁと感じるし、早いうちに両方使うことになるやもしれません。……価格が宗理の倍ってのは、気になるところではあれど。ま、宗理デザインは買いやすい使いやすい価格というのもテーマのひとつに入れてデザインしているので、そうなるのも当然っちゃ、当然ですか。

 では。ここのところ、「美味しいポテトチップス」をあまり食べていない。定番のカルビーすら、食べていない。そんなことをふと思うと、急激に食べたくなってくるから、不思議なものですね。あー、コンビニ行こう。

 本日のカップ:ディスカバリーズ・シアトル。シアトルを飲むのは久しぶり。大概はミラノ。時にクァンディ。食事時はパリというパターンだったので。飲むとやはりクオリティの高さに、改めて驚かされる。いや、ホントに、凄いと思ってしまう。     circus

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月22日 (月)

1400

L1000195 距離というものは、とても大きな意味を持っていて、例えばそれは理想で語れるようなものではなく。遠い、ということは間違いなく遠いわけで、近い、ということは間違いなく近い。遠近のどちらが優れているとか、どちらが大切とかは無いけれど、現実問題として近いということは、非常に心に染みこみやすいのだと、思う。

 最近、よくCMが流れています。正直どうなんだろうこれ、と思っていたのですが意外や、意外。硬度1400の炭酸水「ゲロルシュタイナー」ですが、これがまぁ良い出来。……飲まず嫌いは、いけませんね。見た目で判断ってのも、いけませんね(笑)。

 クリスタルガイザーとパッケージの雰囲気が被ってるよ、と思いつつも飲んでみました。うん、非常にスッキリとした飲み口で、炭酸もオーバーじゃないけれどしっかりと感じられて、確かに水なんだけれど水とは違う美味しさがあるのです。いわゆる最近の流行のスパークリングウォーターのように、レモンとかのフレーバーを足しているわけでもない、天然炭酸水ってことですが、十分美味しい。……海外では炭酸水がノーマルということに、つい頷いて合意したくなるような、出来。

 こういう水が自然に店でも家でも出るようになれば、日本でも炭酸水がデフォルトになるんじゃないか、とすら思えます。それくらいナチュラルに生活に溶け込める味です。食事にも、合う。こってりした口の中が、すごく爽やかに洗い流されるし、なおかつフラットな状態にしてくれる。まさに、炭酸と水のいいとこどりなわけですよね。……って、炭酸水なんだから当然ですが。

 さすがはドイツ、と唸ってしまいます。これは今年の飲み物の中でも、かなり上位のヒットです。CMの流し方の戦略とか、展開の仕方とかはそれほど面白いとは思いませんが、モノとしての質がきっちりしている。……飲んでみてこそ、わかる驚き。

 まだ飲んでない方、是非。これ、ずっと続けて欲しいですね。サッポロ、頑張れ。

 それでは。とある番組を見ていて、なんとなくやりたいことが出てきました。ギュッと、グイッと、シワシワと。うまくいったら、面白いことになるなぁ。

 本日のカップ:アイスティー。ここんとこ、アイスコーヒーよりもアイスティーにはまっています。どうせランチ時に飲むコーヒーは、いわゆるスペシャリティとかではないわけで。それならアイスティーのほうが実は好きだったりしなくもなくて。……うーん、紅茶っていいですね。あ、でも美味しいコーヒー豆、ありますわ。もう売り切れそうな感じですが、そろそろ記事にしても、良いかもしれない。     circus

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月20日 (土)

海月

L1000190 服でもなく、音楽モノでもなく、やはり雑貨的なものでとても気になるものが出てきました。たぶん、日常としては全く必要性のないものだし、趣味としてもごく一部の人くらいしか面白いとは思わないのかもしれませんが……ちょっとものの割りに値段が張るので、買うのはもう少し先になるかもしれませんけれど、早く、欲しいなぁ。

 遅ればせながら、浸っています。今回は2曲しか入っていないけれど、その2曲目は安藤さんの作曲じゃないけれど、それでも、浸れるCD。もちろん、DVD付きを買っています。……安藤裕子さんの『海原の月』。

 「海原の月」を初めて聞いたのは、今年の春ごろ。タワレコのインストアライブにおいてでした。その時は「今ちょうど出来ている曲」ということで、映画の話だとかそういうのは無かったのですけれど、良い唄でした。無論、そのころよりもさらに唄いこまれた具合で、CDにはなっているわけですが、ずば抜けて良いとかではなく、なんとなく良い。……なんでしょう、非常にゆったり。

 DVDに記録されている、PVが素敵です。堤監督が撮っただけあって、これまでのPVよりも、かなりPVらしいというか、すごく形がしっかりしているというか。もちろん、これまでのPVでも好きなものはたくさんあるのですが、ごくごく単純に映像としてだけの評価をするのであれば、三本指には違いありません。

 そういった意味合いも含めて、やはりDVD付きをおススメします。それにしても、安藤さんはまだまだ、先が楽しみです。もっともっと、何かが弾けるような気がして。期待を込めて、しっかりと追っていきたいところです。聴いたことがない方、とりあえずアルバムとかをサラッと聴いてみてください。……グッとくる方、います、きっと。

 では。様々な価値観が変わる瞬間というものがあって、それは意識の段階でもあり、あるいは実質的な段階でもありうる。いずれにしても、後から昔を振り返って、「あの頃に、今の価値観を持っていたら」と思ったところで、どうしようもないのは確かで。だからこそ、出来る限り早いペースで、たくさんの経験を通過して、多くの価値観に触れていきたいと感じたりする、この頃。……限りはなくとも、少なくともそうしていたいと、強く想う。

 本日のカップ:ホットミルク。落ち着く、瞬間。甘みを強めにして、飲む。ただ、ホットミルクにすると、牛乳の良い部分だけでなく、悪い部分も分かってしまったりもする。もっと美味しい、ミルクにしないとなぁ。     circus

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月17日 (水)

包まれる。

L1000176 学生時代のアルバイト先の、愛すべき後輩が就職の内定が決まったようで、もの凄い嬉しい気持ちでいっぱいになっています。いや、本当にめでたい。我が事のように、嬉しくて。すごく賢い子だし、可愛い子だし、滅法良い子なだけに、上手くいって欲しかったんですよね。……いやー、素晴らしい。お祝い、しなくちゃ。出来うる限り、心を込めて。

 そんなめでたい日に手にしたコレは、もしかしたら喜びを予兆していたのかもしれません。今年の秋冬のセンターを張ってくれるであろう、ジャケット。……ヘリンボーンツイードの洗いねじれジャケット。

 去年はツイードを求めながらも、気分に沿ったツイードものが見つからず、なんだかんだで他に流れたわけですが、今年はしっかりと見つかりました。しかも、色までドンピシャで。

 全体の雰囲気はこういう具合。皺が適度に入りつつ、どことなく上品。襟のサイズだったり、袖の作りだったり、着た時のフォルムや丈だったりが、とても面白い。総裏地で、保温性もそう悪くないと思います。何より、アルパカが入ってますし。

L1000183 ヘリンボーンのツイード、コットンの裏地、あめ色のボタン。風合いが伝わるでしょうか。高級な感じではありませんが、すごくナチュラル。というか、日常的。その空気感がいかにも素敵なんですよね。

 色はグレーと茶がありましたが、グレーを迷わずチョイス。売れ筋は茶みたいですが、個人的には完璧にグレー。裏地やボタンなどとの相性が良くて。

 サイズはLを購入。Mが基本的にはジャストサイズ。9分袖の特徴がより強いのもMだったのですが、着てみてLに。理由としては、まず一つとして「僕はジャケットというよりも、ショートコートの感覚で着たい」ということ。また「どちらもいけるけれど……Lでしょうね。と頷き合えた」ということ。そして「今年の冬はふんわりとしたかった」ということ。

L1000189 後ろ姿。可愛らしい仕上げ。前面とのギャップもまた、心地良くて。何よりこのジャケット、軽いんですよね。それがありがたい。しかも家でガシガシ洗えるし、保存もくしゃっとしておけば良いし。縮絨なんかもそうですけれど、ラクっちゃあラクなんで(笑)。

 この皺は自然な洗い加工のみなので、そのうちに取れていきます。ただ、その姿がまた素敵だと思うんですよね。ある程度維持するために、保存はくしゃっとしますが、取れたときの趣も、良さそう。

 このジャケット、是非Sサイズなんかを、女性に着ていただきたいですね。パターンとしてはレディスを基礎としている形だそうなので、シックリくるはずですし。また、それをサイズアップして出来ているMやLを男が着るのがまた良くて。いろいろと凝ってるんですよね、形。肩周りとか、裾への広がりとか、本当によく考えられているな、と。

 今日はこのほかにも、ウールのハーフパンツやベストも見ました。パンツはちょっと僕には合いそうに無く、ベストはすごく良いのですが僕が着ると、あんまりモノの良さが際立たない感じがしたので、見送り。またシャツコートが非常に良かったです。画像だけでは分からない、面白いポイントがたくさんあって。あれはきっと、はい。

 一気にいろいろ入荷していたので、モノがたっぷり豊富な状態でした。しかも久しぶりに店長さんもいらっしゃいましたし。あ、そういえばリブシャツもありました、赤だけですが。着てみて分かる面白さがあるので、これも是非。

 ではでは。風邪が随分と良くなり、声もある程度元に戻ってきました。初秋を飛び越えて、本格的な秋に入り、このままさっさと晩秋になりそうな勢いで冷え込んできていますが、もう今年は風邪をひきません。とにかく寝る時に、とことん暖かくしよう。

 本日のカップ:エスプレッソ。砂糖を入れて、かきまぜずに飲むっていうのを好きな人が多いですが、というかイタリアなんかでは普通そうらしいですが、僕は別に何も入れないほうが好きだったりします。ガツンと、強いほうが。砂糖いれるなら、ミルクも入れたくなってしまうし。不思議な感覚。     circus

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2007年10月15日 (月)

コンテンポラリー

L1000174 八方美人って、世間的には悪いイメージがつきものですけれど、僕としては八方美人にも3パターンくらいあって、一概に悪いとは思わず、むしろ凄いことだと感じたりもします。「周りの人々総てに媚びて、取り入ろうとする八方美人」、「ただただ、皆と仲良くしたい八方美人」、「様々な人と交流を交わし、なおかつ自分を示す八方美人」。……いわずもがな、初めの一つがいわゆる悪い八方美人だと思いますし、二番目は良い人の雰囲気、三番目は凄い人。……これまで三番目のタイプは3人に出会いました。そしてそれもっと高次に飛び越えた人が1人。僕も、そんな人間になりたいと思ったりします。

 今月のPEN。PENを買うのは久々です。雑誌の選りすぐりをしっかりするようになってからというもの、大概PENは立ち読みで十分という対象。しかしながら、今回はまぁ買っても良いかもしれない、と。……現代アート特集。

 PENの特集って、タイトルは毎回良いんですが、いかんせん毎度毎度内容が薄すぎるので、買わない対象になっていたんですよね。今回も濃い、とまではいきませんがサッと読むに面白く作られているなぁという印象。もちろんすごく大雑把に現代アートを切り抜いていくわけですが、それはそれでまた現代アートという形に沿っているような気もして、アリじゃないかなんて。

 現代アートって、良くも悪くもやはり面白いんですよね。単純に可愛いとか、綺麗だとかも感じられるし、なおかつ不思議な心持ちも体験できる。無論、正統派というか現代アートに括られないアートもそれ以上の楽しみがあったりするわけですが、それとはまた違う趣で。……現代アートはワケわからんって人も多いと思うんですが、それはそれでそのワケわからなさを楽しめるかどうか、というトコロなのかもしれません。

 それにしても、ディア・ビーコンってメチャクチャ面白そう。そして奈良さんはやはり素晴らしい。そんなこんなで、今回のPENは面白いです。

 ではでは。だんだん、今年の冬のイメージが膨らんできました。あ、えーと、冬服ってことですけれど。コレを着て、ぬくぬくして、アレを着て、ボーっと歩いて。そういう感じで。今年の冬の気分は、ふんわり。全体的に、ふんわりした空気で、歩けたら良いなぁと。……キッチリと見えるよりも、しっとり。

 本日のカップ:オレンジジュース。なんというか、頭を切り替えるのが難しい。要領を良くするのが難しい。落ち着くことが難しい。オレンジジュースで、気持ちだけでも、切り替える。     circus

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月14日 (日)

フローレン

L1000172 普段、周りから「温厚そう」だとか「怒ったりするのか」なんて言われたりしますが、僕だって人間ですから理不尽なことに怒ったりするし、ふざけるなと思う瞬間も多々あるわけです。今日は仕事上でそんなことがあったり。でもだからといって、そのせいで周りの方々に不快な気分や迷惑をかけたくないから、必死にいろいろ抑えるのですけれど。でも、今日はある意味で抑え切れていなかったかもしれません。明らかに、そのことがあってから、動きが異常に悪くなってしまったので。……まだまだ、未熟な証拠。

 アラビア。パラティッシブラックが記憶に新しいですが、ムーミン。まぁ、こういういわむるムーミンマグがアラビアというメーカーだとは、知らずに使っている方も多いのではないかと思うのですが、やはり良い。……これはムーミンの彼女フローレンですね。

 僕の中では、ムーミンといえばママ。誰がなんと言おうと、ママ。ムーミンママこそ、愛すべき総てと言っても過言ではないのですけれど、人によって愛着のあるキャラは違いますよね。人気があるのはやはりミーだったり、あるいはスナフキンだったりするのかもしれません。もはや有名な話ですが、ミーとスナフキンは姉弟です。ミムラ、ミー、スナフキンですね。……あ、人気で言えばニョロニョロも捨てがたいか。

 いずれにせよ、ムーミンはすごく愛くるしいです。小さな頃から馴染みが深いのか、と問われると、他のアニメなんかに比べると勿論馴染みは薄いのですけれど、何故かお気に入り度は妙に高い。特に、キャラクターに対して素敵な空気を感じるのは、トップクラス。……不思議ですね。

 ムーミンママの魅力は、やはりバッグです。あのバッグの中には、色んなものが入っているわけで。ムーミンたちに必要なもの、緊急時に必要なもの、そして優しさや暖かさや、夢なんかも詰まっているわけです、絶対。それをいつでも、抱えている。素敵以外の何者でもありません。

 それはともかく、ムーミンマグは日常使いにも使いやすいサイズだと思うので、ムーミン好きは是非。あ、画像で価格が見えちゃってますね。サイズに対しては割高に感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、そこはご愛嬌。

 では。少し憂鬱な、夜。明日のことを考えると、胸がそわそわして眠れそうにない。嫌な予感がするのです。決して良い日にはならないような、予感。時折、訪れます。多くが当たります。あー、明日はちょっと具体的に嫌なことも待っているだけに、どうにも。……イヤだなぁ、この感じ。

 本日のカップ:アイスアメリカーノ。ココアを飲もうとするも、「ホイップマシーンが壊れてしまって……」と。はぁ、まぁ仕方が無いといえば仕方が無い。まさか、ハンドホイップしろとは素人には言えないですし。それにしても、ホイップ系の飲み物が多い店で、それは致命的だろうなぁ、と思ったり。……二台あればいいんでしょうが、高いのでしょうね、価格が。難しいところです。     circus

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月12日 (金)

湯治

L1000170 眠れるだけ眠っているような気がして、幾分喉も良くなってきたような、そうでもないような。それにしても、秋冬もそろそろ本番。とはいえ、イロイロと買うものが確定してしまっているため、新しいものが出てきてまたどうしようか焦っていたり。……どれを選択して、どれを見送るのか。非常に難しい問題ですね。

 最近うちで、妙に流行っているもの。ある意味で贅沢品としか思えないようなもの。果たしてどんな効果があるのか、信用できそうで出来ないもの。……入浴剤ってそんな感じがします。

 小さい頃はバスクリンってのが大好きだったもんです。入って気持ちが良いとかそういうんじゃなくて、単純に色が変わるから。その次は乳白色系の温泉の素みたいなのが好きになり、その次にはバブとかの炭酸系が好きになったりしました。年を重ねている具合が、モロにしますね(笑)。ゼリーみたいになるやつだったり、泡になるやつだったり、かなりのパワーアップを遂げている入浴剤ですが、ここんとこはあんまり使ってませんでした。

 そんな中で、久々にまともに使っているのがこれ。なんというか、見た目とかは全く魅かれもしないパッケージなんですが、使ってみると案外良くて。スパイシーなお湯ってどうなのか、って感じですが、山系の温泉に近いようなニュアンスのお湯になります。……んで、やたらと血行が良くなる。

 よくよく考えると、一袋で一回分だし、それで数百円するわけだし、別に普通のお湯でも悪いわけでもないのですから、やはり贅沢品なわけですよね。小さな、小さな贅沢。体調がすぐれない時こそ、すごく体に染みます。

 小さな頃から、「こんな入浴剤があれば好きなのになぁ」と思う理想像があるのですが、未だにそういう雰囲気のものには出会いません。色だけだったら、白だから、あるのですけれど。でも、お湯のしっとり感だったり、とろとろ感だったり、入浴剤そのものの形態だったりが、上手く組み合わさらない。……いずれ、出てくれるのかなぁ。

 それでは。好きな多種のブランドから、様々な秋冬ものが出るわけで、全部欲しいと思うこともあるけれど、そうはいかない。あー、ただでさえ貯金するべき時だから、一定以上は買えないというのに。貯金をしていると言うと、「お前はそんなことをしているのか、ダメなヤツだ。使ってこそナンボだぞ」と周りには言われたりします。分かります。使って、使って、結果としてまたお金が入ってくるし、経験が重なることがあります。尊敬している方にも、そういうニュアンスを言われましたし。……でもねぇ、ただただ使えばいいってもんじゃないし、貯金しているのはまとまった資金が必要だからだし。そのバランスが非常に、取りづらく、難しい。

 本日のカップ:小岩井コーヒー牛乳。豆を買いに行く体力が無く、代用。どうかなぁ、明日には完全に治れば良いのだけれど。     circus

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年10月10日 (水)

ジャーニー

L1000161 いやぁ、ずば抜けて眠い。今日はずいぶんと疲れています。明日は幾分余裕を持って、と思いきや、明日は明日でそんな余裕は全然なかったりして。……やることが見えているのに、一定以上スピーディにこなすことが出来ない自分に、やきもきする。

 ところで、ふとアクセス解析(byココログ)を見ると、そこそこ前に30万ヒットを超えていたとか。実際はココログの解析って、拾えていないヒットがかなり多いので、忍者でいくともっと多いはずなのですけれど……。ともかく、いつも見てくださる皆様、ありがとうございます。ここ最近の来訪者数も、休止する前に少しずつ近づいています。これからも、精進。

 さて、バッグ。こういった類の小さなバッグが、何気にうちには多い気がしますけれど、またもや。そして、いつものようにスターバックス。ハロウィンの雰囲気が漂っているこの頃ですが、このバッグはかなりのヒットです。……コーヒーを舞台とした、ジャーニーをコンセプトにした柄のコットンバッグ。

L1000164 表も裏も、かなり良いプリント。地図だったり、コーヒーだったり、農園の人だったり、ロゴだったり……ランダム風に、でもバランス良く柄が作られています。この柄を作った人、すごく素敵ですね。

 底の部分にもプリントがされています。この手のバッグは小さなところで手を抜きがちになるのですが、しっかりと細かい部分まで凝っているのが素直に凄いと思えます。大きさも、ほどよく。

 うちにはこれが2枚きました。スターバックスではこれまで、幾つもバッグを買ってきましたが、中でもトップクラスの出来だと思います、これ。ヘタな鞄メーカーよりも、よっぽど良いデザイン。

L1000166 表地はコットン、中はしっかり裏地も張られています。中にはスターバックスタグまで。だんだん、本格的なモノを作ろうとしてきているみたいです。

 さらに良いポイントが、持ち手の部分が妙な構造してまして、そこにポケットがあるんですね、2つ。その部分の中生地はナイロンが使われているので、かなり面白い。スターバックスらしさをそこで感じ取れますね。スターバックスのドリンクやディスカバリーズ、あるいは普通のペットボトルなんかを入れておける、防水的なポケット。……いや、本当にこのバッグを考えた人は、巧い。

 価格はかなりのお手ごろなので、おススメ度がすごく高いです。是非、近場のスターバックスを訪れてみてください。このディテールとクオリティに対してのあまりの破格に、たぶん買ってしまう人も、いるはずです。普通に、使えるし。

L1000168 ハロウィンなので、一応、コイツも。この前に出ていたシンプルなエプロンのやつもうちにはいます。なんだかんだでぞろぞろ増えていきます。……どうなることやら(笑)。

 それでは。風邪は一向に良くならず。そりゃまぁ、仕事なんかには影響を出さぬよう、そこは気を張って無理しますが、家にいるとやはりグダグダ。……あー、キツ。

 本日のカップ:アメリカーノ。風邪なのに、コーヒーという刺激物を選んでしまう自分が、なんだか悔しい。でもいざ飲むとなると、どうしてもコーヒーに流れてしまうのは、もはやどうしようもないのかもしれない。コーヒー無しの生活は、ちょっと変な感じだったものなぁ。     circus

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 9日 (火)

蓄光

L1000157 痛恨のミス。風邪の前兆を感じて、前もって薬を飲んだにも関わらず、微妙な風邪。熱は、ほとんどない。咳も、出ない。喉がガサガサして痛いことと、上手く息が吸えないのが、まずい。とにかく、早く寝よう。明日は、朝も早い。

 プレイングカードは、大好きです。雑貨屋で古いカードを見て、気に入ったものを買うのはもちろんですが、古くなくたって良いカードはあります。古いものだけに、偏りたくは無いですし。……グロウインザダーク・プレイングカード。

 現代的なプレイングカードです。まず、カードそのものがクリアのプラスチックタイプ。カードがあるようなないような、でも確実にそこには数字やマークが見える、ちょっと不思議なカード。こんなカード、中学生くらいのときにあったら、もの凄い良かったのに、なんて思ってしまいます。

 カードの柄は表も裏も、基本的に超ポップ。オレンジとグリーンの配色で、とても僕好み。数字やマークのタイポもポップで、とても欧米的です。オーソドックスなカードも素敵だけれど、こういうモロに遊び心を出したカードも、たまには良いじゃないですか。

L1000159 クリアなだけが取り柄ではなく。オレンジやグリーンに混じって、白で縁取りされていたり、模様が付いていたりします。……これが、蓄光塗料で塗られたライン。つまりは、暗いところでブワーンと光り出します。

 いいですね、非常に。薄暗い状況でも、気軽にカードが出来る。キャンプだったり、修学旅行だったり、そういう暇つぶしにもってこいですね。だからこそ、中学生くらいの頃にこれがあれば良かったのに……と。大貧民にはまりまくった世代であるため、きっと役立ったに違いありません。

 ま、それでも今現在、プロダクトとして素敵ですし、いつ何時、こういうカードが必要になるか分かりませんから、良い品には変わりありません。こんなにお金がかかっていそうな割に、価格は格安。素晴らしい、コストパフォーマンスです。

 それでは。あー、もう寝ます。明日は朝が早い上に、いろいろとやることが重なっています。明日一日で総てが出来るとは思わないけれど、少しずつでも進めて、一週間以内くらいには、総てを形にしなければなりませんし。……むぅぅ、どうか。

 本日のカップ:野菜ジュース。二杯も飲む。でも確かに、風邪などで弱っている時には、こういうのがポイントだったりする気がします。それにしても、自分の趣向に合った服装をしている人を見ると、無条件に素敵な人だと思ってしまう自分を、なんだか恥ずかしい。     circus

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年10月 8日 (月)

ユニバーサル

L1000153 果てしなくネスプレッソが欲しい症候群に駆られるも、「ま、まぁ、今すぐ必要ってもんでもなし……う、うん」となんとか自らに言い聞かせ、抑制。その直後に魅力的な毛糸を見つけ、とにかく何か編みたい症候群に駆られるも、「と、とりあえず今は他に作るべきものがあるし……ね、ねぇ」とさらに言い聞かせ、抑制。……いやぁ、ある意味よく頑張った。

 OXOと言えば、サラダスピナー(水切り)だったり、上から見える目盛り付き軽量カップだったり、滑りにくいまな板だったり、もっぱら家では大活躍で、もはやユニバーサルデザインうんぬんを飛び越えた便利グッズをホイホイと出してくれているわけですが……これがまたドンピシャ。

 グッドグリップスシリーズのポップコンテナ。パッと見は単なる容器、タッパーみたいに見えるのですが、ところがどっこい。これが凄く便利さんで、プロダクトとして優れているのです。用途はタッパーみたいなもんですが、基本的に乾き物用です。お菓子とか、コーヒー豆とか、シリアルとか……。

 んで、何が変わっているかというと、蓋。蓋の真ん中に丸いスイッチボタン(大きめ)があるのですが、これを押すとボタン部分がポンっと飛び出てきます。すると密閉はもう解けていて、飛び出た部分を片手でつまんで蓋を取るだけ。……逆に蓋を閉めるときも、容器の上に蓋をポンとおいて、飛び出ているボタンをパチッと押し込むだけ、またしても片手作業。これが、なんともすごい。……聞くだけだとそうでもなさそうに感じるかもしれませんが、実際にやってみると、かなり面白い。

L1000155 また、様々なサイズが出ていて、それぞれ積み重ねることが出来るのも良い。それこそ、まるでコンテナのごとく。テトリス感覚で、ストンストンとモノをスタッキングできるわけです。

 しかも、デザインもスッキリしているものの、ぽってりとした可愛らしさも備えていて、素敵。どんなキッチンにも対応してくれる気がします。

 こんな風に、角砂糖なんか入れるのが、また良かったり。テーブルにサーブする時はともかく、保存しておく際になんか味気ない雰囲気になりがちだったものが、急に魅力的になれる。……あ、ちなみに中はこの前も記事にしましたが、ペルーシュのブラウン。話はそれますが、これまでペルーシュがなんだかんだ一番だと思っていたものの、ちょっと最近気になる角砂糖があります。しっかり比べて、試してみます。

 とにかく、このOXOのポップコンテナ、良作です。OXOを置いている店でもあんまり取り扱いしてなかったり、まだまだ地味な存在だったりもしますが、あるトコロにはしっかりあるので、是非体験してみてください。かなり、おススメです。

 ではでは。東京事変『娯楽』を買い、聴く。今回はほぼ浮雲さんと一葉さん、そして亀田さんの作曲で、林檎姉さんは作詞担当となっているわけですが、うーん……僕としては、少々苦手。良い曲も多いですし、演奏も相変わらずですし、林檎さんの歌や声は素敵なんですが……どうにも煮え切らなくて。ただ、亀田さんの作った「私生活」は凄くお気に入りです。ループ。

 本日のカップ:ごちゃまぜブレンド・オレ。もう鮮度がアレな豆が集結。ただ、それでもそこらの豆よりはおいしいわけで。オレの状態にすると、なお更。ハチミツを切らしていたので、甘みを角砂糖で。これはこれで、悪くない。     circus

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 6日 (土)

レンズ

L1000151 半年という期間は、本当に長いようで短くて、いろいろ経験出来たようでまだまだひよっこなのも確かで、少しはまともになったようで全然そうでなくて、ようやく自分の力で生きていると思えるようで実は及んでいない現実もあったりして……とにかく、多くの意味で密度の濃い半年だったように思える。少なくとも、ここ数年の中では最大限に、濃い。……さぁ、ここから、どう変わるか。まずは、楽しみをもっと見つけよう。

 雑貨、連続。ブリキだかアルミだかの小さなケース。もっと小さな部品を纏めておくためのケース。部品ケースという体で売られていたケース。けれど、既に魅力的な中身で満たされた状態。そんなケースは、もはやオブジェと言って良いかもしれません。……リムアートにて、部品ケース。

 ジャラジャラと、中身は入っています。ネジだったり、小さなピンだったり、いわゆる時計部品が入っているケースがズラッと並んでいたのですが、僕はその中でも、小さすぎず大きすぎずの可愛いサイズの揃った竜頭がたんまり入ったケースを、チョイス。……竜頭、漢字がよく似合う。

 何に使うって、何にも使えません。竜頭だけこんなにあったところで、どうにかなるもんでもありません。たとえそれがネジだろうと、ピンだろうと同じ事かもしれません。とどのつまりは、見て楽しむものとして、手元に置いておきたいものとしての、価値。昨日に続き、いわば個人の雑貨としての、価値。

 実は、ピンが入ったタイプと非常に悩みました。大した価格じゃないので両方買っても良かったのですが、なんとなく二つ手にするのは何か違うな、と感じてしまったのです。一つを手に持って、握り締めたかったというか。……悩み悩んで、言葉の響き、漢字の響きに魅かれ竜頭に。

 最近の若者(僕も若者ですが、とりあえずは除いて)は、デジタル慣れしすぎているせいか、「竜頭」と言っても通じないことがあったりしました。いくらなんでもあんまりだ、と驚いたりしたもんですが、仕方が無いっちゃ仕方が無いかもしれません。

 欲しい時計は、昔から決まっています。それは既に、兄に先を越されました。でも、欲しいものは欲しいから、いずれ買うことにはなるのだろうと思います。安ければ10くらい、本来欲しいのは40くらい。なんとも難しいところです。……40って、軽く出せるもんじゃないものなぁ。それが5回重なれば200だし、10回なら400だし、それくらいあれば夢の一歩が踏み出せてしまうし。……ま、10回とか考えるのがオカシイってのは、ともかくとして。

 シメ。日本語と英語のどちらが好きか。僕は英語がすこぶる苦手だからというわけではないけれど、それは度外視して関係ないと考えても、僕は純粋に日本語が好きだったりする。音の上での響き、文字に変えた時の形、あらゆる角度から優しさや柔らかさや、厳しさや壮大さが、表現されているようで。そして、感情が表現されているようで。……とても暖かい、言語だと思う。

 本日のカップ:ディスカバリーズ・パリ。ほぼ毎日のように飲んでいるような気が、しなくもない。なんだかんだで飲みたくなるのが、不思議だ。それはかつてのミラノもそうだったし、クァンディも同様で。ただ単にスターバックスが好きだという理由だけではなく、味が良いからというだけでもなく、惹きつけられる何かがあるような気がして、ならない。     circus

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 5日 (金)

L1000145 まだまだ数少ないコーヒーチェーン、ZOKA(ゾッカ)へ。内装やサービス、製品自体にも荒削りな部分だったり、上を目指せる部分は沢山あるけれど、悪くないお店。プレーンなコーヒーそのものは、スターバックスと力をはることが出来る味。……チェーン店で機械淹れの中では非常に高レベルで、純粋に美味しいと思える。

 カプチーノなんかのエスプレッソドリンクはもう一つ。まずはミルクを明治ではなく、タカナシかナカザワに変えるべきだと思う。ただ、カプチーノに自然と絵を描いて出すのは、受けやすいのだろうな、と感じるし、それをやるには多少の味の犠牲も仕方が無いとも思う。……ただ、それでもそこそこに美味しい。非常に実力のあるチェーンだと感じる。展開の仕方や、これからのクオリティの維持によっては、スターバックスの驚異になりうる。少なくとも、タリーズやザネッティなんかよりはよっぽど。ある意味で、楽しみ。まだ行ったこと無い方は是非。空いているし、雰囲気も良いし、損はないでしょう。

 さて、前置きが長くなりました。現在リムアートさんでは、エコピリカの展示を行ってます。中には面白いモノがあって、それほど多くはない展示ですが足を運んでみるのも良いと思います。僕が気に入ったのは、オセロと家具です。そういう感じが好きな人は、是非。

 そのリムアートさんで雑貨を。10数個のボタンを、一連にして売ってます。素材はなんだろな、単なるプラスチックではなさそうな感触なんですけれど、確実なことは分かりません。ただ、一連になっている空気感が良くて、購入。実際にボタンとして使うかどうかは、なんとも言えないところですが、色や質感は好きなので機会あらば、という具合でしょうか。

 こういう雑貨は、価格はそれほどでもありません。趣味というか、好きなものとしては非常に安上がりと言えなくもない。ただ、雑貨というのはあくまで自分基準の好きなモノであるから、えてして他人からは理解されないことも多くて。別に他人に理解されたいがためのものではないから、構わないっちゃ構わないのですけれど、理解されないよりはされたほうが、そりゃいいよなぁと最近は感じたりします。

 例えばちょっとした作品を見て、例えばちょっとした部品を見て、例えばちょっとした素材を見て、あるいはその周りに付随する環境や空気を感じて、様々なことを多くの人と共感出来たほうが、良いわけで。もしかしたら、ウェブという間接的な状況ではあれど、そういうものを少しでも強くしようと、ブログってものをやっているのかもしれません。単なる自己日記という側面は勿論だけれど、そんな想いも、なくは、ない気がします。

 それでは。買うべきCDと、気になるCDがいくつか溜まっている。ただ、どれもかしこも買っていると、そこそこヤバメな金額になるので、何処でラインを引くかが難しいところ。どこまで手元に置くことを選び、何処からをデータだけで済ますか。……それは、非常に悩みどころだ。

 本日のカップ:ブラジルとカプチーノ。ZOKAにて。ブラジルは高レベル。これを日常で気軽に、外でふらっと飲めるのならば、とても良いと思う。カプチーノは楽しめる。味もそこそこで、絵によって飲む楽しみはまた増える。そのうちフィンランド系も日本には進出するのかもしれないけれど、そういう日が来たら、もっと楽しみは増えると思う。     circus

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 4日 (木)

メディスン

L1000142 常日頃感じていることだけれど、僕は幅広くバランスの取れた人間になりたいと思っている。もの凄く深い部分なんていうのは、ごく一部の一般的にはどうでも良いような部分だけでいいから、その他の部分はとにかく広く、バランス良く生きたい。そのためにどうするべきか、常に試行錯誤する。……試行錯誤は嫌いじゃない。

 タミゼの多くの素晴らしく良いモノは、得てしてそれなりに高価なわけですけれど、手をだしやすくて面白いモノもちょいちょいあって、そういうのが丁度、手にすると微笑んでしまうような「なんだか良い雰囲気」のモノだったりします。……タミゼにて、昭和初期のガラスの薬ビン。

 風合いのある木箱の中に、こんな小さな薬ビンがズラーっと並んでいました。大体同じ形だけれど、そこは昭和初期、それぞれ微妙に違います。大きいのもいれば小さいのもいるし、ちょっとぽってりしたのもいればスッとしたのもいます。その中から、二つをチョイス。

 一つは言わずもがな。コルク栓が残っている状態だったんですよね、コレは買うしかない。中に何も入れられない状態じゃないか、と言われそうですが、そんなのはどうでも良いのです。もはやこの姿が良いので。そしてもう一つは、口の部分の気泡の入り方が綺麗なモノをチョイス。……たくさんある中で、すぐ決まりました。コレとコレしかないな、と。

 無論、家にあって何に使うのかと言えば、別に何かに使うわけではなくて、半ばインテリア雑貨と化すわけですけれど、これらが自分の周りにあることが、そもそも嬉しいのです。雑貨好きは、そういう傾向も強いと思うのですが、いかがでしょうね。

 今度行く時も、まだ数が余っていたら少し買い足してもいいかな、と思います。でもそれよりも実は魅力的なグラスと皿があるんですが……高い。あと猫目のガラスボタンもずっと売れ残っているから、そろそろ僕が救出してあげたいなぁ、と考えています。相場からすると、少し高いんですけれど。

 それでは。活版印刷機が欲しい。それなりに値が張るので、おいそれとは買えないもので。綺麗なトルソーが欲しい。これも風合い良いのは値が張るので、おいそれとは買えないもので。別注で、シーリングスタンプが作りたい。これはちょっと頑張れば出来るけれど、実用性がないのも事実で。……なんだかなぁ。

 本日のカップ:ディスカバリーズ・パリ。ディスカバリーズの巧いところは、見事に本家のスターバックスと販売枠を被らせていないことだと思う。それでも、チルドカップの分野ではトップを走れるクオリティ。このチルドカップがあるからといって、スターバックスで飲み物を買わなくなるかと言えば全く持ってノーだし、かといってスターバックスの冠がふさわしくないチルドカップかと言えばそれも全く持ってノーだ。……そのバランス感覚は、非常に優れた褒めるべきところだと、思う。     circus

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 3日 (水)

秋の気配。

L1000133 思い通りに出来ないのが、つらい。それどころか、周りに迷惑をかけることがさらにつらい。今日は、個人的にかなり悪い一日だった。というよりも、良いポイントが何一つ見当たらない厳しい一日だった。……どうしようもない溜め息を、久しぶりに吐いた。

 今日はコチラ。最終入荷分とのことで、ようやく我が家へ参りました。コーナーで見たときから購入を決めていたものの、「なんとなく祐天寺で買いたいなぁ」と思ってしまったので、随分遅くの到着。……DIGAWELさんの、イージーパンツ。

 色は濃いベージュのタイプを選択。これはもう、一目惚れの色だったので、迷うことなくチョイスしました。サイズはM。Sと非常に迷ったのですが、「イージーパンツですし、イージーに履きましょう」ということで、Mに。

L1000136 生地は綿と麻の混紡。表地は麻が多め、総裏の裏地は綿が多め。そのため履き心地はとても柔らかくて、良いです。表地と裏地の間に空気の層があるような雰囲気で、また柔らかく優しい。ふわふわで。

 裏地は濃い目のピンクベージュのような色味のヘリンボーン。これがまた、非常に風合いが良いのです。この裏地は見せることを前提とするために使われたそうで、裾は捲くって寸足らず気味に履いて欲しいとのこと。……ま、もともとそういう空気で履くつもりだったので、ありがたい限り。

 SではなくMにしたのはそこの原因もあります。Sだと、捲くりが綺麗じゃないのです。というか、捲くるにはいくらなんでも裾が足りない(笑)。Mだと細めに一巻き、太めに一巻きできます。それで寸足らずな感じ。捲くらないでも、ほぼジャストなのでソレで履くこともあるとは思いますが。

L1000137 ジップにはお得意のririのピンクジップ。パンツなので、財布やジャケットなどとは違う平たいジップです。この色はまた、生地感に合ってます。普段は見えない部分ですけれど。

 イージーパンツの紐はチェックの生地。パンツの個体によって、チェックの出方が勿論異なりますが、僕のは片面が黒多めの部分で、もう片面が白多め。このバランスはラッキーかなぁ、と感じます。他のサイズのものは、両面とも白多めだったり、チェックの出方がちょっと好きでないものだったので。

 イージーパンツとはいえ、紐だけではなく、きちんとベルトループは付いています。ちょっと細めのベルトループが。

L1000140 でもイージーパンツには違いないので、腰後ろの部分はゴムが入っております。Mだとウエストは緩めなので、ゴムが活躍する感じは全然しないんですけれど(笑)。Sでも、あんまり活躍はしてなかったし。でも生地の寄り方とかの面白みには、丁度良い。

 後ポケットの裏にもチェックの生地。これまたあんまり目に付かない部分ですが、ペロンとした形とチェックが面白いので、好きなポイントです。ポケットと言えば、前にあるコインポケットも可愛いですよね。……使うことは少ないかもしれないけれど。

 ディテールを追いましたが、全体の佇まいと履き心地が何より良いのが、このパンツの魅力でした。秋には、大活躍をしてくれそうです。うーん、白のほうもちと欲しくなってきてしまいました。それくらい、好きです、コレ。

 では。この間、お休みの際に「今日は何を着るかなぁ」なんて考えていると、ちょっと切なくなりました。すごく好きで着たい服がたくさんあるのに、着れる時間が少ないのだよなぁ、と。スーツとかの時間が多すぎて、いわゆる私服というかゆったりと服を楽しむ時間が少ない。……なのに、服は増えていくという果てしない矛盾。たとえあまり着なくなった服でも、モノとして好きな服は手放す気にはならないし、大変なことです。

 本日のカップ:ジンジャーエール。ウィルキンソンを箱買いしたくなる衝動に駆られる。しかしそこは冷静になり、「ビンってほら、重たいし」とかいいながら切り抜ける。でもたぶん、そろそろ通常のカナダドライとかじゃ、満足できない期間が訪れる。     circus

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 2日 (火)

AU LAIT

L1000131 ポッと気が付いたことは、いい加減にメガネを新調するべきだということと、狙っていたマフラーの存在をすっかり買い忘れていたことと、悩んでいるバッグが数少ないものだということと、そろそろ決めている靴を買うべきかもしれないということと、欲しい雑貨が何気に高いということだ。……よりによって、物欲ばかりな自分自身に、問題を感じる。こんなんじゃ、いくら稼ごうと足りない。……あ、それはともかく映画を見に行かないと。

 今日、デビューです、新作。ディスカバリーズのパリ、砂糖不使用のカフェオレ。砂糖不使用というのがやはり第一ポイント、そしてラテではなくオレなのが第二ポイント。……早速、飲んでみました。

 ここまで、どれも秀作揃いだったディスカバリーズ。いやが上にも期待が高まります。飲んでみた結果としては……なかなか。これまでのモノに比べると、ガツンとくる感動はありませんが、レベルは高い。少なくとも、同じような砂糖無しのカフェオレの中では、これはトップ。

 ミルクの甘みが巧く出ているし、コーヒーの空気もそれなりにする。十分良いバランスでカフェオレになっていると思います。これで砂糖を使っていないというのは、凄いことで。ミルクをよっぽど良いのを使っているのだろうな、と想像できます。その分、消費期限は同じ類のものよりも少し短め。……そういうことをやってのけるサントリーとスターバックスはやはり強いな、と。

 ただし、これはカフェラテではありません。そこを勘違いして飲むと「コーヒーの香ばしさが他のものより弱いじゃないか」とか「ミルク感が強すぎる」とか思ってしまうかもしれません。でも、それでいいんですよね、だってカフェオレだから。適度なコーヒー感としっかりとしたミルクの味を感じられるのが、良いわけで。……ラテとはまた異なる趣なわけで。言葉としては、ラテもオレも「ミルク入りコーヒー」には違いないのですが、同じ認識ではなく。

 とはいえ、僕も普段は面倒なんで、家で淹れる際は区別せずにどちらもラテで括っちゃったりするんですけれど(笑)。実際のところ家では、大半はオレなわけで、本来は。だって毎度エスプレッソを抽出するのもアレですし、美味しいコーヒーを淹れるついでとかもありますし。どうでもいいっちゃどうでもいいですか。なんにせよ、このディスカバリーズはカフェオレです。そういう面において、ずば抜けて美味しいのは、確実です。

 まだ飲んでない方は是非。砂糖不使用、ということを忘れかけるほど、良質な甘みがあって良いです。

 それでは。今日はイロイロ面白いものを購入してきました。そのほとんどが、「何に使うの?」と言われてしまったわけですが、おいおい更新していこうと思います。楽しいなぁ、雑貨。

 本日のカップ:言わずもがな、ディスカバリーズ。歩きながら飲むっていうのは、行儀が悪いけれど、このチルドカップはそういう気分で飲みたくなってしまいます。ゆるやかな坂道を下りながら、ゆっくりとふらふらしつつ飲む。もう何ヶ月かすると、冬。冬には通常のスターバックスのコーヒーやラテ、アップルサイダーなんかを同じような雰囲気で飲みたくなるのです。……街の良さを感じます。     circus

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2007年10月 1日 (月)

香の味

L1000127 ソニーって、やっぱり凄いなぁと思う瞬間があります。ダメな部分がどれだけあろうと、そういう感動の瞬間を与えてくれるので、やめられないのです。……ところで、僕はもっと無理をするべきなのだ、と感じます。頑張っているつもりでも、まだまだ無理が足りない。だって、たっぷり寝てるし。……もっとイロイロとやらなきゃいけませんね。体を壊す、ギリギリを見極めて。

 乾いたときの香りは、耐えられないほどに苦手なのですが、食べるのは好きだったりします、納豆。時折ブームが訪れて、毎日のように食べる日が続いたりします、納豆。納豆、納豆と言い続けていると、納豆という言葉自体が異様に不思議なものに思えてきます、納豆。……のおかき。

 ドライ納豆ってのが、そもそもすごく好きなんですが、その延長的なニュアンスでこういう納豆おかきって感じも好きなのです。この前伊勢丹に行った際に、面白い食べ物が食べたいと思い、ほわーと歩いた結果目に留まったコレ。……周りに訝しがられつつも、購入。

 いや、美味しい。普通に美味しいとかでなく、かなり美味しい。なんというか、おかきの醤油加減と納豆パウダーの納豆感があわさって、リアルに納豆の空気を纏ったサクサクのおかき。ちょっと、しょっぱい部分もあるのですが、飲み物とともにだとスペシャルに美味しい。……無論、納豆が苦手な人は無理ですけれど(笑)。

 これ、限定とかそういうんじゃなくて、定番的に作れば良いのだと感じます。あと、もっとこういう系統の納豆お菓子が増えていいじゃないか、と。うまい棒だって、納豆味はすごくイけるではないか、と。いざという時、納豆の代わりにうまい棒だって使えるんだぞ、と。……ま、それはともかくとして、納豆お菓子、素敵です。

 シメ。すこぶる眠いです。でも、眠らない。眠る前に、やらなければならないことが、ある。そういえば、「眠る前に」という言葉が好きだったりする。その音の響きからくる、とても優美な雰囲気とまったりとした空気が、好きなのかもしれない。あるいは、ただただ「眠る前に」の状態にいるのが、好きなだけかもしれない。

 本日のカップ:オレンジジュース。やはり疲れると、自然とビタミンを補給しようとする傾向にあるらしい。でも、近くに僕よりももっと頑張って、僕よりももっと疲れている人がいるから、僕はもっとやらなきゃいけなくて。自分をどこまで追い込めるか、そこがポイントになる気もする。はじけそうになるのが、怖いけれど。     circus

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »