« ジャーニー | トップページ | フローレン »

2007年10月12日 (金)

湯治

L1000170 眠れるだけ眠っているような気がして、幾分喉も良くなってきたような、そうでもないような。それにしても、秋冬もそろそろ本番。とはいえ、イロイロと買うものが確定してしまっているため、新しいものが出てきてまたどうしようか焦っていたり。……どれを選択して、どれを見送るのか。非常に難しい問題ですね。

 最近うちで、妙に流行っているもの。ある意味で贅沢品としか思えないようなもの。果たしてどんな効果があるのか、信用できそうで出来ないもの。……入浴剤ってそんな感じがします。

 小さい頃はバスクリンってのが大好きだったもんです。入って気持ちが良いとかそういうんじゃなくて、単純に色が変わるから。その次は乳白色系の温泉の素みたいなのが好きになり、その次にはバブとかの炭酸系が好きになったりしました。年を重ねている具合が、モロにしますね(笑)。ゼリーみたいになるやつだったり、泡になるやつだったり、かなりのパワーアップを遂げている入浴剤ですが、ここんとこはあんまり使ってませんでした。

 そんな中で、久々にまともに使っているのがこれ。なんというか、見た目とかは全く魅かれもしないパッケージなんですが、使ってみると案外良くて。スパイシーなお湯ってどうなのか、って感じですが、山系の温泉に近いようなニュアンスのお湯になります。……んで、やたらと血行が良くなる。

 よくよく考えると、一袋で一回分だし、それで数百円するわけだし、別に普通のお湯でも悪いわけでもないのですから、やはり贅沢品なわけですよね。小さな、小さな贅沢。体調がすぐれない時こそ、すごく体に染みます。

 小さな頃から、「こんな入浴剤があれば好きなのになぁ」と思う理想像があるのですが、未だにそういう雰囲気のものには出会いません。色だけだったら、白だから、あるのですけれど。でも、お湯のしっとり感だったり、とろとろ感だったり、入浴剤そのものの形態だったりが、上手く組み合わさらない。……いずれ、出てくれるのかなぁ。

 それでは。好きな多種のブランドから、様々な秋冬ものが出るわけで、全部欲しいと思うこともあるけれど、そうはいかない。あー、ただでさえ貯金するべき時だから、一定以上は買えないというのに。貯金をしていると言うと、「お前はそんなことをしているのか、ダメなヤツだ。使ってこそナンボだぞ」と周りには言われたりします。分かります。使って、使って、結果としてまたお金が入ってくるし、経験が重なることがあります。尊敬している方にも、そういうニュアンスを言われましたし。……でもねぇ、ただただ使えばいいってもんじゃないし、貯金しているのはまとまった資金が必要だからだし。そのバランスが非常に、取りづらく、難しい。

 本日のカップ:小岩井コーヒー牛乳。豆を買いに行く体力が無く、代用。どうかなぁ、明日には完全に治れば良いのだけれど。     circus

|

« ジャーニー | トップページ | フローレン »

「life」カテゴリの記事

コメント

人生には貯金のチャンスが3回.
独身時代,夫婦共働き時代,子供が独立したあとから定年までの間,だそうです.
日経ビジネスAssocieに書いてました.

秋冬は一枚一枚が高いですからねぇ.
そのぶん,それ相応の満足感も手に入るわけですが.
かといって,なかなか手が出るわけでもなく.
永遠の課題です(笑)
ちゃんと貯金できるって,それはそれでスゴいと思います.
って,そう思ってるうちは貯金できない人を脱却できそうにありません...

投稿: りやう@貯金できない人 | 2007年10月14日 (日) 23時36分

>りやうさん
確かに、考えてみればチャンスは3回ですね。
アソシエ、やりますね。

秋冬はかさみますよねぇ。
満足度が高いのは嬉しいのですが、ある意味でツライ。
僕も、未だにアコガレだけで終えている大物が幾つもいますし。

貯金つっても、微々たるものです。
ただ、最終的には、3年か4年くらいで、そこそこの金額を必要とするので、頑張らないといけません。
服を買わなければ、あっという間なんですけれど(笑)。

投稿: circus | 2007年10月15日 (月) 00時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/11130/8373863

この記事へのトラックバック一覧です: 湯治:

« ジャーニー | トップページ | フローレン »