« 赤福 | トップページ | Meets »

2007年11月 5日 (月)

ラボ

L1000218_2 ガリレオ、面白いですね。久しぶりに月9っぽいというか、毎週それとなく見たくなるような面白さが、しっかりあるというか。エンディングテーマは福山さんが柴崎さんに曲を書いているわけですけれど、完全に福山さん曲の空気全開ですよね。……ただああいう曲調は、福山さん自身が歌ったほうが、はえそうですが。アルバムとかでは、歌うんでしょうね。

 今日は少しサムネイルを小さめにしていきましょうか。あんまりこう、マウンテンパーカとかに比べて、買ってる人も、詳細に記事書いてる人も少ないのではないかと思われるので、ちょいちょい。……DIGAWELさんの、シャツコート。

 全体の空気は、ラフなドクターコート、研究者みたいな雰囲気。フォルムはストンと落ちるようなラインになりつつも、少し丸みを帯びたような形。白という色感も相まって、フワッとした軽いイメージのコートになってますね。……シャツのようで、肩の具合とか、腕の作りとか、様々な端処理だったりはしっかりとコート。

L1000220 表の生地は綿麻の混紡のギャバ。白ですが、生成りと表現したほうが実際の色としては正しいかもしれません。なんというか、漆喰の白のような色味。温かみがあって、柔らかい。

 ボタンは水牛ボタンで。ツイードジャケットからの流れでしょうか、プラスチックではなくて、しっかりと本物の水牛ボタンを使ってくれるあたりは、流石だなぁというところで。……そして、何よりのポイントが襟。DIGAWELさんのサイトの画像や説明には分からない部分ですが、襟はディアスキンを使っています。さらに洗いが掛かって、シボがぐしぐし出てくれています。あっさりしがちな部分に、こういう味を足してくれるのは、非常に面白い。

L1000223 袖のボタンはやはりツイードの流れか、本切羽仕立て。袖を巻いたときに綺麗な崩れ方をしてくれるので、良いですよね。ボタンは同じく、あめ色の水牛さんで。いろいろとトラディショナルなポイントが多いのです。

 フラップポケットの中はピンクベージュの裏地。たぶん、パンツの裏地に使われていたものと同じだと思うんですけれど、手を入れたときの肌触りが素敵で。あとこのコート、ポケットに手を入れたときの形が、すごく綺麗なんですよね。……意味も無く、突っ込みたくなったりもしてしまうかも。

L1000226 ボディ、袖部など総裏地の仕立て。裏地はもっとはっきりとした白の綿麻生地。ただしやはり普通ではなくて、さりげなくヘリンボーン柄だったりしてます。表地がそこそこ厚く、裏地もあるので、思っていたよりも暖かい。特殊な日は除いて、東京なら冬でもいけるような、そんな勢い。

 内側にもポケットがついています。文庫本とかがすっぽりと入ってくれる大きめのサイズで。間違いなく、文庫本をいれるでしょう、僕は。なんだろうな、気分としては、やはり安部公房やドストエフスキーなんかが良いのかもしれない。……あ、でも東海林さだおとかでも、面白いかもなぁ、ワケワカラン組み合わせで(笑)。

L1000228 後姿には、これが。これまた、ツイードの流れでの作り。ともすれば無骨にもなりすぎるところを、うまくかわしてくれてます。シンプルすぎる後ろ姿にも、良いアクセントで。……それにしてもこのコート、白いわけですから、やはりコートのくせに気は使いますよね。汚れてナンボとはいえ、食べはねとかのナゾの汚れは避けたいですから(笑)。

 ここまで書いたとおり、このシャツコート、ツイードジャケットからの流れをとても多く汲んでいます。DIGAWELさんのモノはそういう広がり方というか、繋がり方も面白くて。このコートから広がるものも、当然あるわけで。綿麻のブラウスは、この生地シリーズみたいなもんですよね。あとは他にも、繋がりを感じるものがありますが、それは着た人がそれぞれ感じれば良いことなのかもしれません、書くことではないのかも。

 とにかく、僕はこのコートに滅法虜になっています。春にも合うだろうし。……って言いつつも、今日赤のマウンパを着て、「あー、やっぱり良いわな、今年もこれか」と思ったりしているのがアレですが。ただ、このコートに関しては、白という見た目で遠ざけずに、袖を通してみて欲しいところ。意外な良さに、グッと来ます。

 それでは。シメもガリレオ。エンディング部で、文字を宙に書いていたりするシーンがあるのですが、アレってよくやりますよね、実際。僕は小さい頃から、数学(算数なんかも)や漢字やら、あるいは立体やモノの形なんかを、よく宙に書いて考えたり意識したりしていたので、「あー、やるやる。ただ周りから見ると、やっぱなんか滑稽だったりもするなぁ」とか思ったり(笑)。……ただ、宙に書くという動作で、普通に考えたりイメージするよりも、より的確に具体的に、あるいは広がりを持って、考えられるんですよね。やらなくなることは、ないだろうなぁ。

 本日のカップ:小岩井コーヒー牛乳。今日は、ようやくコーヒー豆を買いに。明日から、またキッチリと飲めます。変わった豆を買えていないのが残念だけれど、来月あたりにちょっと面白そうな豆が入るとのこと。……楽しみだ。     circus

|

« 赤福 | トップページ | Meets »

「fashion」カテゴリの記事

コメント

DIGAWELさん良い仕事してますね☆
ベタな感じを好む僕にも、こんな繊細な服をチョイスする
センスが少しでもあれば(苦笑)
ガリレオはまってますよー!
ガラにも無く本まで読破してしまいましたから(笑)

投稿: Diamond_Dog | 2007年11月 6日 (火) 20時32分

>Diamond_Dogさん
良い仕事、してますよね。

このシャツコート、着ると非常にベタな空気が漂うくらい、はまるんです。
これ、前から持ってたよね、というような。

ガリレオ、面白いのです。
物理は苦手ですが、研究って良いなぁとか。

投稿: circus | 2007年11月 8日 (木) 00時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/11130/8775998

この記事へのトラックバック一覧です: ラボ:

« 赤福 | トップページ | Meets »