« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月

2007年12月12日 (水)

フラット

 さて。一昨年のこの日から数えて、丸二年。つまりは、このブログも二周年を迎えることが出来ました。一時の休止期間はあれど、基本的には不思議なくらいのハイペースで更新をしてきたと思います。記事数は、632。二年間にしては随分多いようにも、思えます。様々な意味で苦しいことはあれど、概ね楽しく素晴らしいブログ生活でした。

 二周年、見てくれている方、本当にありがとうございます。かなり初期から見てくれている方、絡ませてもらっている方、最近見てくれるようになった方、たまたま今日見てくれている方、総ての方々に感謝です。訪問者数もピーク時はかなりのものになりました。500はザラでしたし、ヒット数だけでいえば4桁も普通にありました。更新を重ねるごとにそういう変化があるのは、やはり嬉しいものでした。

 突然ですが、今日でこのブログは終了します。

 この前の休止うんぬんではなく、終了します。理由は幾つもあります。でもそれらは、結局僕の中の葛藤でしかないので、特に語るべきことではありませんけれど。

 モノを中心に据えてきたこのブログは、非常に楽しいものでした、個人的に。同じ趣向を持っている方々の声を聞けたり、あるいはさらに面白い何かを発見させてくれたり。勿論、このブログを終えたからといって、僕の生活からモノ好きという方向性が消えることはありません。ただ、そういう発展性を持ちうる可能性が狭まるのは、少し寂しくもあります。

 きっとモノ好きであり、文章好きであり、紹介したがりであり、とある夢を持っている僕なので、近いうちか遠いうちか分かりませんが、いずれはまたブログという形か、なんたる形かで似たような生活を作るとは思います。しかしながら、この場でのブログを続けることは、今度は確実になく。完全に、終了です。

 リンクをさせてもらっていた皆様、よくコメントを下さった皆様、本当に、本当に有難うございました。今の僕があるのは、ある種そういった方々のおかげによるものです。オーバーではなく、ごくごく純粋な想いで。

 とりあえず、今年いっぱいこのブログはこのまま公開状態にしておきたいと思っています。ブログ自体も手を加えることもあると思います。いきなり総ての記事をなくすのは、いろいろとフェアじゃないので。その後は基本的に非公開の状態で、残していきます。このブログは、僕の毎日のようなものだったので。

 何卒、よろしくお願い致します。

 復活することがあるとしたら、ココログとかではなくもっと狭い感じになると思いますが、その時にまた今見てくれている方々に出会えたら、なんて素晴らしいだろうか、と思います。そんな折には、また宜しくお願い致します。まるっきり、予定はありませんが。

 それでは。また、いつか。

| | コメント (21) | トラックバック (0)

2007年12月11日 (火)

カウントダウン、1。

L1000052 まぁ、いいだろう。そんな風に思えることで、色々なことが見えてきたり、楽になったり、開けたりすることがある。それも、いいだろう。そんな風に考えることで、多くのことが吹っ切れたり、手に出来たり、糧になったりする。ここ2年間は、そんなことの繰り返しだったような気が、する。……これからの長い間は、どうなるのか。ともかく、一つ、大切なことが、終わる。

 さて、今回は長いので、あしからず。二つほど、ブラウスを。一つ目がコチラ、綺麗なサラッとしたロングブラウス。これが、面白い。ロングブラウスの類はヨウジさんとこで結構頻繁に出ますし、ギャルソンなんかでも時折出てきますが、これまで「欲しいなぁ」と思いつつ、買ってはいませんでした。今回は、ある意味で初と言えるかもしれません。……ま、似たようなニュアンスのものは買っているので、完全に初とは言えないのですが。

 生地はいつものブラウスではなく、ドーバーで特別展開されたブラウスのような質感。サラッとしていて、幾分薄手で、光沢のある綺麗な生地。ドレッシーな感じと言ったほうが、パッと伝わるんでしょうか。ともかく、縫製の糸なんかも含めて、綺麗。形は正にロングブラウス。

L1000053 襟はステッチありのタイプ。そして第一ボタンは水牛ボタンになっています。丈の長さは、ほぼシャツコートと同じくらいかなぁという位の規格。長さといい、ボタンといい、やはりこれはある意味でシャツコートからの流れは汲んでいるのでしょうか。

 ブラウスの上に羽織るブラウス、というようなコンセプトらしいのですが、うんうん、と。ちなみにサイズはLを選択。無論、ジャストはMなんですが、着方を考えた時、あるいは長さの面白さを考えた時、どうせなら思いっきりいってしまおうと、L。中途半端はこのブラウスの魅力を消してしまうと感じたので。……色展開は黒もあります。黒はコットンビエラの生地。これはこれですごくシックで素敵です。もしかしたら、もしかするかもしれません。

L1000048 もう一つはコチラ。綿麻ギャバの生地のブラウス。洗いも強く掛かっていて、シワシワの状態。それが非常に綿麻ギャバの空気と合っていて、良い。

 襟はステッチなしの袋。ボタンなんかも通常の貝ボタン。フォルムは幾分丸っぽい感じですが、綿麻がかなりくしゃっとなっているからか、全体は大きく感じません。どちらかといえば、シャツジャケットと言っても良いような雰囲気。……こちらもサイズはLを選択。やはりジャストで着るよりも大きめに着るほうが、生地感が楽しめると思ったので。かなりラフに着てあげる感じになるかと思います。

L1000050 特徴はポケット、やはり水牛ボタンが付いたフラップポケットになっています。これだけで、随分と前の印象は変わります。どことなく、民族的な空気を纏ったブラウスに。……そう感じるのは、僕だけかもしれませんが。

 このブラウスは素晴らしいと思います。綿麻の生地もさることながら、定番のブラウスに負けないくらいに、フォルムとも相性が良い。「これは、かなり良く出来ました」と仰っていただけのことは、あります。見た目よりも、着て見ることによって分かる良さが多分にあるブラウスです。……気が向いた方は、試着なりしてみて欲しいところ。

 この他、今は随分とモノが多くありました。革モノも一通りはありましたし、このシャツ達にパンツ2種にハーフパンツ、シャツコートもまだありましたし、ツイードもまだ。そしてマウンテンパーカも黒も赤もありました。セーターもありましたし、去年欲しかったとあるモノもまた店頭に復活していました。アレは、いずれ買う。……雑貨に関してもちょいちょい細かい部分でモノは増えていたりして。一時の「モノが全部売れちゃって、ほとんどないんです」状態からは、落ち着いたような。……来年もたぶん、大物やらなにやら買うことにはなるかもしれませんが、楽しみです。

 それでは。ありがとうという言葉を、非常に暖かく感じる。それと同じくらいに、ごめんねという言葉にも暖かさを感じる。それは妙に不思議な感覚だけれど、自らがそれらの言葉を発する際も、そういうイメージ僕の中では付随して出ている。でもやはり、それぞれの言葉は、それぞれの意味を持って、それぞれの温度があって、それぞれの感情を喚起する。……ありがとうと、いつも言えたら、良いなぁと想う。

 本日のカップ:マンデリン/コーヒー。生活の一部に、コーヒーがしっかり戻ってきた。今年の春に体調を崩してからというもの、イマイチ波に乗れていなかったが、ようやく。一日に、いくらでもコーヒーを飲めるし、飲みたいと思える。明日は、何を飲もうか。たぶんきっと、ちょっと苦い味がするのだろう。     circus

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年12月10日 (月)

カウントダウン、2。

L1000045 ラクレットが、食べたい。しかしまぁ、スイス料理ってのが主体のレストランなんて全く知らないので、どうしたものか。自分ででっかいチーズを仕入れてどうにかするってのも、アリといえばアリなのだけれども、そのでかいチーズを、ラクレット以降何に使うのかがたまらなく手段がないので、困る。……リゾット何十回作っても、使い切れないわけで。

 こんなものが。雑貨の中でもとりわけ好きなタイプというのがあって、それはやはりドイツものだったり、どこかポップだったり、愛くるしいものだったり、あるいは古いものだったりします。コレも、その一つで。……ペリカンの古いカーボンペーパー。

 このカーボンペーパーは実は箱がもの凄い素敵なんです。タイプライターでカーボンペーパーを用いている女性の絵だったりが描かれているんですけれど、その絵がなんともいえず。今となってはやはり少し古めいた状態の箱に、やや褪せ気味の絵がまた良くて。……ヴィンテージの筆記具や雑貨屋なんかで見かけることもあるかもしれませんので、是非その辺は見つけたら見てみて欲しいところ。

 んで、それをとある方が幾つか持っていらっしゃって、「売ってくれないかなぁ」とお尋ねしたところ「ちょっとコレは、大切なものなので、そういうわけには」という感じだったのです。勿論、現代で全く手に入らないというものではないにせよ、なかなか出会う確率が高いモノなわけでもないので、「そうだろうなぁ」と。……すると、「箱はアレだけど、ペーパーだけなら、一枚お分けしますよ」との嬉しいお言葉。ペーパーだけでどないすんねん、と思われそうですが、僕にしてみればペーパーそのものも凄く良いので、喜んでいただくことにしました。

 赤ベースに青緑ベース。どちらも、とっても素敵です。やはりいずれ、箱ごとに出会うことがあれば、逃さず手にしたいところですね。ポスターやらなんやらは、結構売っていたりするんですが……ま、それなりに高かったり。あとはペリカンだと画鋲なんかもすっごく可愛くて、やはり手にしたいのですが、これまた今となってはなかなか手に入りません。……うーん、ある意味では本筋の筆記具を捜すよりも大変なのかもしれない。

 とりあえず、このカーボンペーパーは大切にとっておきます。そのうち箱ごとのモノを探すにせよ、コレをいただけたことに感謝を示しつつ。ま、「たぶんココに行けば売ってるのだろうなぁ、というか探してもらえるのだろうなぁ、というか絶対持ってるだろうし」という目星はあるのですが、それは近いうちにでも。……あ、ちなみに子ペリカンは無論のこと、2羽です。もっと初期のたっぷりいるのは、もっと素敵ですけれども。

 では。ドラクエ4をやっていて思うのは、「早く5が出ないかなぁ」ということ。4も勿論面白いのだけれど、やはり5にはどうにも及ばなくて。それはたぶん、僕が5に妙な偏愛をしているからかもしれないけれど、仕方が無い。来年春だというけれど、きっと3月末か4月あたりに照準は合わせてくるはずで。楽しみ。

 本日のカップ:マシュマロラテ。マシュマロを家でコーヒーに入れていると、妙な顔をされてばかりなのに、いざカフェなんかであると周りはすごく自然に受け入れていたりします。どうなんでしょ、コレ。やっぱり家の中と外だと、あらゆる価値観は変わるというコトなのか。     circus

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 9日 (日)

カウントダウン、3。

L1000044 カウントダウン、開始。何がって言われるとなんともなんですが、3カウント。

 ハーゲンダッツのアイス、新作のモンブランも食べました。中にスポンジが隠れていたり、上の部分はいかにもモンブランっぽくなっていたり、そこそこ美味しかったのですが、ハーゲンダッツにしては味の作りこみが甘くて、感激するほどではなく。……それよりももっと良かったのが、コレ。スーパーカップの杏仁豆腐味。いやー、ようやく出てくれたかという感じ。

 中華料理なんかを食べにいくと、時折ある杏仁アイスや杏仁ソフト。あれが滅法好きだったんですが、なかなか普通にはない。かといって、食べたいがために中華にいくのも面倒ですし、なんとかコンビニでカップアイスで出てくれないものか、と。……明治は素晴らしいですね。

 もっと杏仁豆腐の味が強くても良いかなとは思いますけれど、かなり美味しい。固い状態ではなく、少し部分的に溶け始めているくらいの状態が、非常に美味しい。しばらくはアイスといえば、コレを食べようと思います。いやー、マジで定番化して欲しいくらいです。

 杏仁豆腐味というと、周りはいかんせん「えー……」となりがちなんですが、食べれば良さが分かります。あ、むろんココナッツがダメとか、そもそも杏仁豆腐が許せないとかの方は別として。杏仁豆腐好きの方は、間違いなく、もれなく食べてみてください。こりゃ、良いです。

 シメ。年末は、疲れる。といっても、周りの人々に比べれば、随分と僕の負担は軽いし、大したことないのだけれど。もっと、勉強しなくちゃなぁ。

 本日のカップ:コーンスープ。冬は、やはりコーンスープが良い。小さい頃に飲んだ、病院のロビーにあるレストランのコーンスープの味が、今でも忘れられない。そしてまた、小さい頃に何故かよく飲んでいた、帝国ホテルのコーンスープの味も、忘れられない。どちらも、非常に良いコーンスープだった。それ以上は、まだ、ない。     circus

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 5日 (水)

Dq 携帯を会社に忘れるという、いかにもアレなことをしてしまった。別にとりたてて急用が入るとは思えないけれど、年末なだけに少し心配でもある。ま、携帯なんて無くても構いやしないんですが。……逆にちょっと解放される感もあったり。

 ドラクエ世代(といっても、かなり広いですが)としては、無論買わずにはいられないのでしょうか、4。ロトシリーズから離れ、天空という新しいジャンルに変わった節目。様々な副次的要素が加えられるようになってきた頃。……良くも悪くも、実験的なドラクエだった気がします。

 僕はドラクエといえばやはり3なんですが、5も捨てがたい。とはいえ、その間に挟まれた4がダメかというと、そんなことはなくて。ただ少し、仲間というシステム(4人よりも多い)が初だったので、いろいろと「ちょっとコレはなぁ」と思う部分があるのは事実なんですけれど。

 今、ゆったりと進めています。DSになったことで、どこでも出来るのは良いのですが、やりすぎには注意しながら。これから5、6と出てくるわけなので、長いスパンになるでしょうから。5に関しては飽きるほどやっているので、今更DSで買うのかは微妙なところですが、たぶん買ってしまうでしょう。で、プオーンの強さに打ちひしがれる、と。

 この4、DS版はやたらとマップが小さく感じます。気のせいでしょうか。マップというか、キャラクターサイズとマップサイズになんとなく違和感が。ま、携帯ゲームゆえなのかもしれませんが……やけに簡単になってるようにも思いますし。

 初めてドラクエ3をやった時は、「こんなん、一生クリアできないんじゃないか」と思ったものですが、今となっては全くですしねぇ。これはただ単に子どもには難しかった、ということなのか多機種に移植されるたびに簡単になっているのか。……5では、より判る気がします。でもでも気になるのが、この分だとやっぱり9は期待できないよな、ということ。この映像やクオリティだと、8の後は厳しいです、本当に。色々な思い入れがあるから、4とかは別に良いのであって。なんとかなるのかなぁ。

 では。気がつけば12月も着々と日が過ぎています。うーん、早い、早すぎる。あと一ヶ月足らずで、何が出来るか。この感じが、なんとなく大切だと、思う。

 本日のカップ:緑茶。冷やした緑茶は美味しい。周りの方々は、ペットボトルの緑茶は飲むのに、いざ店で頼むと不思議な顔をします。気持ちは分からなくもないんですが、僕としてはそれがむしろ不思議で。なんでしょう、やっぱりアットホームすぎるんですかね、緑茶は。     circus

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年12月 3日 (月)

グレー

Photo 新しい一歩を踏み出すことは、厳しくもあり悲しくもある。けれど、新しい先には、また何か素晴らしいものがあるかもしれない。そういう希望や光があるからこそ、踏み出すことは喜ばしい。……また、かつては理解が難しかったことが、今振り返ることで僅かなりとも理解が深まる。そして、それが更なる高みに繋がることが確かに伝わる。そんな唐突な感動があるからこそ、理解というものは美しい。

 さて、この間ようやく『東京奇譚集』を読みました。ようやくというか、村上さんの作品、とりわけ新作に関しては「読む準備やタイミング」みたいなものが僕の中にはあって、出たからすぐ読もうという気にはならないんですよね。……この間はそれがようやく訪れて、奇譚集。

 概ね楽しんで読むことが出来ました。「ハナレイ・ベイ」という物語だけは、僕としてはどうも受け入れがたい文章でしたが、その他はどれも村上さんらしくて非常に面白かったのです。以下、内容に関する記述が含まりますので、ご了承ください。

 初めの「偶然の旅人」。驚くほどにドラマチックというわけでもないし、どうしようもないほどに感動するような話ではないのだけれど、どことなく「僕もこういう瞬間が訪れるならば、それは凄く素晴らしい瞬間なのだろうな」と思いました。決して良い話ばかりではないというか、むしろセンテンスは暗いものなのですが、総合的に暖かい。こういう話を書ける(ノンフィクションに近い物語らしいですが)のは、羨ましいとすら。

 「どこであれそれが~」は、村上さんの日常と非日常をマーブルにするような得意な感じで。特に階段における女の子との会話は、とても良く。ミスター・ドーナッツがでてくるのはちょっと現代を感じてしまって、ダンキンはもう出てこないよなぁそりゃ、としみじみ思いますが。ドアだか、雨傘だか、ドーナッツだか、象だか……の象がやはり村上さんらしくて素敵で。

 「品川猿」もとてもらしい作風。ただ、これまでの村上さんの動物が話す作風の中では、ちょっと劣ってしまうかなぁという印象。アシカであれ、羊であれ、あるいはカラスであれ、どれもどこか良い人格というか話しぶりがあったわけですが、猿はそれが少し弱くて。まぁでも、面白いには違いないような。

 最も素敵で、心震えたのは「日々移動する腎臓のかたちをした石」で。ぐうの音もでないほどに、叩きつけられたような感覚。村上さんの短編では、時折こんな風に長編並みに強さがある作品があるから、やめられない。詳しくは、読んでください、何度も。

 これを読み終えた今、川上さんの作品を読むモードに入っています。少し離れていた川上作品に、これからまた浸れると思うと、なんだか嬉しい。村上さんの後だと、ちょっと物足りないかもしれないけれど。

 ではでは。今年ももう、12月。もう1ヶ月もないんですね。その間に、また僕の中ではいろいろと動くことがあるわけですが、なんにせよ幸せをテーマにこなしていければ。……多かれ少なかれ、このブログにもなにかしらの動きがあれば、またそれも一興。

 本日のカップ:レモンアップル。カップでは、ない。けど、ほどよく厚くもなく薄くも無い程度にスライスしたリンゴに、レモンをたっぷり(それはもう、たっぷり)絞る。それをレンジでチンするだけ。これが異常に美味しい。上司から教えてもらったのだけれど、これは良い。僕は勝手にグラニュー糖を入れたり、蜂蜜をかけたり、ヨーグルトと混ぜ合わせたり、もろもろのアレンジはさせてもらっているけれど、非常に良い。ぜひ、やってみてください。     circus

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »