etc.

2008年1月 2日 (水)

2008

 あけましておめでとうございます。

 旧年中で終わったこのブログ、非公開の状態に今年から変更するはずだったのですが、イマイチそのやり方が理解できないので、もはやこのまま公開の状態にしておくことにしました。全部削除するてのも嫌だったので。

 ということで、終了することになんの変わりもありませんが、それだけ。

 あ、ただ、某所で名前もタイトルも一新し、細々とブログはやることになりました。

 それをここで書くのはどうかとも思うのですし、だったらここで続ければいいじゃないかって話ですが、もっとこじんまりとした感じにしたかったので。あ、mixiではないですけれど。

 「なんだか知らんけど、関わってやるよ」って方は、メールなりなんなりして下さい。あるいは、それっぽいところで出会えたら、また。

 ではでは。     circus

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年9月10日 (月)

 んー、眠いです。そんな明日は3時起き。夏休みに突入することが出来たので、ちょっと高いトコロへ行ってきます。電車に揺られて、バスに揺られて、呆れるほどに歩いて(笑)。いやー、どうなんでしょうね、雨の予報がバッチリ出ているのですけれど。

 ということで、タイトルから想像できるトコロに行くわけです。きっと帰ってくる日には、ひどい筋肉痛でしょう。そして実は更新している場合ではなく、少しでも寝なければいけないのです。

 それでは。寝ます。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年5月31日 (水)

バックネット

Dsc01215 今、とっても迷い中です。明日のスケジュールについて。デニムを買いに行こうかなぁ、というのは前に書きましたが、それを6月中旬に先送りするか否か……。理由は至極簡単で、ま、ラストに書きます。

 今日は頂き物のチケットで、野球を観戦です。もらい物なので、チームにワガママは言えません。ライオンズ×広島だったのですが、ライオンズは良いのです。昔昔、森監督の頃、清原や秋山、郭とかが輝いていた頃に好きだったので。……しかしながら、広島って……いや、嫌いなわけではないですが、予備知識が薄い。

 そうは言えども、なんとこのチケット、バックネット裏のいわゆる年間指定でしか普通は買えない、会社の接待とか金持ちの道楽、ものすごいコアなファンとかが見るボックス席だったのです。よく、テレビとかで後ろに映っちゃってる席ですね。これはもう、ヨダレものです。行かざるをえない。……行ったらとっても素晴らしい席でした。

 だって、中継カメラとかの真後ろですもん、ほぼ。すっごい前で、すっごい真ん中で、すっごい広々。こんなの経験してしまうと、外野自由席なんて座れなくなりそうです、マジで。イスがまずやたらと分厚いし、幅もあるし、なにより空間が広く取られてる。……結構リラックスして見ることができます、きっと。

 僕はある意味、リラックスできませんでした。なぜなら、案内のお姉さんが常に右前1,5メートル程の位置に立っていたから……。飲み物の注文とかあれこれを受けてくれる人なんですけれど、通路に面した席なんでちょうどそこに基本立ってしまうわけです、待機位置。近すぎる。一塁側にボールを追いかけてみると、見事にお姉さんが被ります。そして時々、振り返りとタイミングが合致してしまい、ムダに目が合う……気が散って仕方ありませんでした(笑)。ま、便利っちゃ便利な案内なわけですし、格別悪い気はしませんけども。

 そしてオーナーズレストランが使えたりしますが、食事は価格高めでした。ステーキ弁当?だったかが4500円くらい、みたいな。僕らはだまって、観戦席で松華堂弁当です。ちなみに、コーンスープが美味しかったです。僕好みの、ホテル的な味。西武ドームでは是非。

 試合自体はそれなりに盛り上がりつつ進み、結果ライオンズ勝利。とりあえず、嬉しいです。ホームチームが勝つのはやっぱり。やたらと虫が多いことを覗けば、おおむね良好な試合でした。……カメムシ多すぎ。恐るべし埼玉。そこらにいました。少なくとも二ケタを確認しました。

 ところで、その案内のお姉さんなのですが、明らかに高校生だろって感じの人もいれば、すげぇでかい人もいたり、さまざま。基本的には、普通の案内の人たちと同じ制服を着ていたのですが……どうやらバックネット裏のお姉さんだけ、少しハーフパンツ(前だけスカート的)の丈が短かったとかナントカ。言われるまで全然気づかなかったのですが、帰りに出口の普通の案内の人を見て、そう言われればそうかも。気付く人は気付くみたいです。つーか、それって意味あるんでしょうか? ま、制服好きな人には受けるんでしょうが……別にねぇ、見に行ってるのは野球なわけで。

 さて、僕は東京ドームの巨人戦のバックネットを経験したくなりました。アッチはもっと凄そうですね……うーん。そんなチャンスはそうそう訪れないでしょうが、一度は見たいですよね。

 それではこれにて。んで、明日なのですが、もしかしたら祐天寺へ行くかも。もちろん目的はあそこですが……いろいろ入荷してるみたいですし、人に薄いほうのブラウスを頼まれたりなどあるので。どうしようかなぁ……行ったらまず、デニム買いに行く元気は使っちゃいますしね、悩みどころ。結果は明日の更新にて。

 本日のカップ:天下一/うおがし銘茶/煎茶。昨日のお茶を飲みたい欲求が続き、天下一。素直にこのお茶はおいしいです。すっきり、コクうま。なんか標語みたいですね(笑)。ちなみに、煎茶は金黄色に淹れましょう、緑色でなく。緑に濃く入ったときは、おとなしくお湯で金黄色まで薄めて。何気に、それがオイシイコツです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月 1日 (日)

あけました

Photo_1 あけまして、おめでとうございますです。新年早々、いつも通りに更新していきたい感じ。……と、その前に昨日の年越しの話を少し。

 まずは紅白の感想を。……ドン引きです。何がって、最後の投票が。何ですか? あれは。審査員の生のボール投票は無くなり、いくらでもデータ偽造が可能な審査が中心、訳分かりません。一瞬にして年末の雰囲気が興ざめしました。終わってます、たとえどんなに出た歌手がもっと素晴らしかったとしても、結局ダメだったでしょうね、去年の紅白は。

 そして内容はというと、良かった歌手をやった順に挙げると、「モーニング娘」、「森山良子」、あるいみ「WaT」、「グループ魂」、「一青窈」、「山崎まさよし」、「aiko」、「Def Tech」、「松任谷由美」、「ドリカム」……ですね。順に何が良かったか。モーニング娘はバブルの雰囲気がしました、何はともあれバカ騒ぎは悪くない。森山良子は使ってるギターがものすごい良い鳴りしてました、……流石オールドマーティン45。WaTはウェンツのバラエティ運を見ました、マイク倒れるなんて、あれで今年一年ネタになります。グループ魂は歌はともかく、琴欧州に絡んだのは大正解、阿部サダヲの力か。一青は普通にいい雰囲気で歌えていて、かなり落ち着きました。山崎は圧巻、あのくそ寒い中で、あれだけギブソンを鳴らせたら……やはりプロでしょう。aikoは安定していて文句ないです。Def Techが想像以上によく出来てたと思います、正直日本人側はアレですが……、白人さんがずば抜けて上手くて心地良かった。ユーミンはもう出ただけで良い、中継の割に歌もよかったし。ドリカムは最優秀な気がします、歌巧すぎです。特にはじめのベースとだけの部分は最高、響きました。

 他ははっきり言ってぐだぐだでしたね、演歌組はまぁ良いとしても。特にひどかったのは「ゴリエ」と「和田アキコ」と「スマップ」。ゴリエはなめてます。あんなんでいいなら、紅白なんてやる意味があるのでしょうか? そもそも100パー口パクでCD垂れ流しで。腐ってます、本気で。もっとひどいのは和田アキコ。……あの程度のパフォーマンスしか出来ないのだったら、紅白に対してNHKに文句を言う資格は、どう考えてもありません。まず自分がしっかり最高のパフォーマンスしてから言えよ、と。別にパフォは悪くないけど、なんかアレだったのがスマップ。仮にも大トリなのだから、「世界~」を練習する前にトリの「トライアングル」をもっと練習して来てくださいと。しまりません、あんなのじゃ。まぁ、それはスマップだから別にかまわないのですが……、結局は期待していませんし。でも紅白自体がスマップの番組みたいで、その意味でスマップに全体的に萎えました。

 最後に、みのもんたは別に気になりませんでした。NHKさんのナイスなセリフ全強制のおかげで。良くも無いけど、ジャマではありませんでしたし。うーん、すごい長くなりましたが、総じて言えばやはりあまり良く無かったです。演歌を固めすぎないとか工夫は見られましたが。まだまだ改良の余地はあると思います。

 昨日は紅白のあとはいろいろ回してテレビを見ていましたが、地方のチャンネルのマイナー歌番組に、知り合いが出ていたのでがっつり見ておきました、歌は上手かったです。路線はどうかと思うけれど。そんなこんなで喜びの唄を聞いたりして、昨日は終えました。

 さてさて、前置きの昨日の話がすっげぇ長くなりましたが、今日の本題はコチラ。画像の写真見て分かる方もいらっしゃることでしょう。森美術館で開催中の「杉本博司展」です。実はもう、僕は3回行きました。ヴィヴィアン展との都合もあるけど、恐らくあと1回は絶対みます……。でもそれだけ見ても、素晴らしい展覧会です。

 ところが、人は中に全然いません。すっごい楽に見て回れます。たぶん、知らない人が多いし、派手さもないのでみなさん見に来られないのでしょう。写真好き、良いモノ好き、良い雰囲気好きにはたまらないのですけどね……。

 まず素晴らしいのは展覧会のつくり。杉本さん自身が意見をして作ったそうですが、良いです。静かで広大で、……けれどどこか人間味がして。杉本さんの雰囲気が、そのまま形になった感じがしました。次に良かったのは作品の量。多すぎず、かといって少なすぎず。それぞれのテーマごとにしっかりした量が組まれているので、「疲れないけど物足りなくもない」という美術展の最高の状態を作れています。これまでの森美の感じだと量で圧倒してくると思いきや、そうでは無かったので感心しました。

 といっても、なにより素晴らしいのは作品です。「ジオラマ」シリーズはやっぱり面白いし、ビックリするし。「ポートレイト」は何度見てもすごいです、そもそもコレを撮ろうと思ったこと自体が。そして自分が一体化するような感覚すら覚える……「海景」。そして最も僕が好きなのが、「建築家の建築に対する脳内イメージを切り取る」ような作品の「建築」。コレは震撼します。こういうことが考えられるのか、と。何より、貿易センタービルツインタワーは別の意味でも震えました。あまりにも、今の存在と虚無と現実を表してしまっているような気がして……。しばらく見入っていました。

 他にも仏像の作品も良いです。特に映像の方。杉本さんの解説ビデオも途中であるので、それを見てから仏像映像を見ると、意味がわかります。……強さが伝わります。ただ、残念だったのは「観念の形」のところ。空間はとても工夫されていて良いのですが(全部一気に見れる特定ポイントがあったり)、作品の順番があまり必然性を感じませんでした。もっと良い順番があったはず、と思えて仕方がありません。作品自体は感ずるものがあり、ぐっとくるのですが……。

 そして「劇場」は好き好きでしょうね、やっぱり。あのコンセプトは面白いと思います。でもあまり劇場に足を運ぶことが少ないので、興味をそがれる部分はありました。もっと舞台とかを見に行くようにしよう、と思いましたね、教養としても。

 にしても、これだけの作品展なのに、見る人が少ないというのは非常に残念です。ハピネスとかの時には、森美にあきるほど人がいたのに。カラーズやアーキラボ、杉本博司展といった少々マニアックなものになると、軒並み人がいなくなるのは、どうなのかなと。……日本人はもう少し美術に興味を持ったほうがいい気がします。まぁ、コアな美術ファンからすると森美は邪道でしょうが。森美に限らず、原美とか国立ものとか良い美術館はたくさんありますからね、企画も面白いし。偉そうなこと言うほど、僕も見れてる訳じゃないんですけど、やっぱりお金かかるし……。でも常に意識はしています、それ大事じゃないですか?

 うーん、まだ「杉本博司展」を見に行ってない方、いっそヴィヴィアン展のついででも構わないので、見てみることをおススメします。ただしゆっくりと。共感できる人、いると思います、たぶん。いろいろ吸収できるはずです、写真からでも。9日までなので、是非行ってみて欲しいです。

 いやー、新年一発目の更新から、めちゃめちゃ長い文章になってしまいました……。僕の文章はどれも長いのですが、書くのが好きなのでどうしようもないですね。全部読んでくれている人がいたら、マジで嬉しいです、感謝です。でもこのスタイルは変わらないと思います。これが僕の楽なスタイル。

 それでは、今年もよろしくお願いいたします。たくさんの人に読んでいただいて、感想を持っていただけるよう、頑張りますです。ちなみにおみくじは「吉」でした。なんかリアクションしづらかった……。     circus

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005年12月12日 (月)

ようやく

初めましてです。いえいえ、お初にお目にかかります、circusです。

ようやく、ブログなるモノを始める事とあいなりました。

はっきり言って、しがなーい一般人ですが、いろんなことを書いていけたらなと思います。それこそ、買い物したり、鑑賞したり、哲学したり、歌ったり……そんな毎日を。

まだまだブログのことは、何も分からぬひよっこですが、毎日更新できるようにしたいです。

とりあえずはテストがてらここまでで……。

書きたいことはたっぷりあるので、コツコツとやっていきませう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)