life

2007年10月12日 (金)

湯治

L1000170 眠れるだけ眠っているような気がして、幾分喉も良くなってきたような、そうでもないような。それにしても、秋冬もそろそろ本番。とはいえ、イロイロと買うものが確定してしまっているため、新しいものが出てきてまたどうしようか焦っていたり。……どれを選択して、どれを見送るのか。非常に難しい問題ですね。

 最近うちで、妙に流行っているもの。ある意味で贅沢品としか思えないようなもの。果たしてどんな効果があるのか、信用できそうで出来ないもの。……入浴剤ってそんな感じがします。

 小さい頃はバスクリンってのが大好きだったもんです。入って気持ちが良いとかそういうんじゃなくて、単純に色が変わるから。その次は乳白色系の温泉の素みたいなのが好きになり、その次にはバブとかの炭酸系が好きになったりしました。年を重ねている具合が、モロにしますね(笑)。ゼリーみたいになるやつだったり、泡になるやつだったり、かなりのパワーアップを遂げている入浴剤ですが、ここんとこはあんまり使ってませんでした。

 そんな中で、久々にまともに使っているのがこれ。なんというか、見た目とかは全く魅かれもしないパッケージなんですが、使ってみると案外良くて。スパイシーなお湯ってどうなのか、って感じですが、山系の温泉に近いようなニュアンスのお湯になります。……んで、やたらと血行が良くなる。

 よくよく考えると、一袋で一回分だし、それで数百円するわけだし、別に普通のお湯でも悪いわけでもないのですから、やはり贅沢品なわけですよね。小さな、小さな贅沢。体調がすぐれない時こそ、すごく体に染みます。

 小さな頃から、「こんな入浴剤があれば好きなのになぁ」と思う理想像があるのですが、未だにそういう雰囲気のものには出会いません。色だけだったら、白だから、あるのですけれど。でも、お湯のしっとり感だったり、とろとろ感だったり、入浴剤そのものの形態だったりが、上手く組み合わさらない。……いずれ、出てくれるのかなぁ。

 それでは。好きな多種のブランドから、様々な秋冬ものが出るわけで、全部欲しいと思うこともあるけれど、そうはいかない。あー、ただでさえ貯金するべき時だから、一定以上は買えないというのに。貯金をしていると言うと、「お前はそんなことをしているのか、ダメなヤツだ。使ってこそナンボだぞ」と周りには言われたりします。分かります。使って、使って、結果としてまたお金が入ってくるし、経験が重なることがあります。尊敬している方にも、そういうニュアンスを言われましたし。……でもねぇ、ただただ使えばいいってもんじゃないし、貯金しているのはまとまった資金が必要だからだし。そのバランスが非常に、取りづらく、難しい。

 本日のカップ:小岩井コーヒー牛乳。豆を買いに行く体力が無く、代用。どうかなぁ、明日には完全に治れば良いのだけれど。     circus

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年5月26日 (土)

やるせなさを受け流す。

Dsc02347 暑かったですねぇ、今日は。街はすっかり半袖の人々で溢れていました。まだ五月だというのにこの暑さは、なんか変ですよ。八月とかどうするねん、と。そんな暑さにつられ、マックフルーリーを初めて食べてみたんですが、結構好きです。……ただ、量が多すぎですよね、アレは(笑)。

 本日は朝から精力的に。まず図書館へ走り、予約していた本などをしっかり調達。んで、ここんとこめっきりはまっている道すがらのパン屋へ行き、たっぷり購入。それから、出かけるコトに。

 向かったのは青山。込んでましたね、はい。コムデギャルソン青山では、なんかアレな光景。シャツやプリュス、レディスのところは少人数―自分らも含めて―しかいないのに、プレイの部分だけに異様な人だかり。……いやまぁ、プレイは別に良いと思うんですが、他もちゃんと見れば良いのに勿体無い、と感じてしまいます。パルファムのプレイTつき香水は軽やかにスルー。香りは悪くないし、Tの柄も嫌いじゃないけれど、別に殊更欲しいって感じも起きなかったので。

 コルソもドーバーもそこそこに混み合い。その間にも諸所のショップ―あ、ニーシングはまた価格が上がるみたいですね、ユーロ高の影響でしょうか―に寄っていますが、どこも基本的に混んでましたね、さすが土曜日。コルソのバッグは可愛いけれど、若干高いかなぁ……でも良い。

 今回の青山の一応の目的は、興味があった店に行くことでした。それが画像のショップカードの書斎館。とある人からの勧めもあり、足を運んでみることに。いろんなペンとかアンティークのデスク物なんかが並んでいて、シャレた空間でした。「ペリカンはやっぱり好きだなぁ」とか「この古いタイプライターっぽいのカッコいいなぁ」とか楽しめました。……でもそういうのは大概、高くて買えないわけですが(笑)。そのうち真面目に万年筆とかも欲しいですね、現実的に使うかは別として、モノとして好きなので。とはいえ、今日は何も買わずに退散。

 その後、雑貨屋なんかも見つつ久しぶりに「月光茶房」へ。コチラも目的の一つ。今日はタンザニアを頼み、さらにサンドウィッチも。意外にサンドウィッチもクオリティが高く、かなり満足しました。コーヒーはやはり、系統はともかくあの辺りでは確実に、まともに美味しいコーヒーだと感じます。……表参道を訪れる際は、寄ってみてください。落ち着いた空間でコーヒーって、いいですよ。

 その足でラルフローレンへ。使っている生地もキレイで、とても欲しいシャツがありましたが地味にサイズが大きく、断念。タックインを前提に作っているモノだったので、着丈が長かったんですよね。タックインせずに着たかったので、さすがに無理だなぁと。あとはジャケットでも魅かれるモノがありましたが、「こう暑くちゃ、これから着る機会もそうあるまい。急いで買うこともないか。」と珍しく懸命に冷静な判断(笑)。

 さらに古着屋を回る。連れは状態の良いGジャンとジャージを探していましたが、僕はとあるTとシャツを散策。結局どちらも満足いくモノは見つかりませんでした。その代わり関係ないスイングトップに良いモノがあったりはしましたが。……うーん、目当てを見つけるのは難しい。

 加えて多々のショップに寄り、「これは欲しいなぁ、夏に」とかあるものの、買う衝動にまでは至らず。ウダウダと歩き回った割に、かなり物質的な実りは無いおでかけでした。だから画像もショップカードなんですよね(笑)。ま、節約できたと考えて、良しとしましょう。

 では。メガネが欲しい。切実に欲しいのです。でも、そんなに先立つモノがない。要するにバカ高いのは買えないわけで。でも、欲しいところとかはモチロンあって。今回は欲しいメガネのイメージが凄くハッキリしているので、選びやすいはずなんですが……どうしようかなぁ。ミクリの赤はもう少し先送りにして、違うイメージがあるんですよね。むうぅ…………何か踏み切るきっかけがあれば良いんだけれど。

 本日のカップ:タンザニアにグァテマラ。月光茶房にて。僕の淹れるコーヒーとは、ある意味でタイプは違うんですけれど、ここもホリグチさんとこの豆を使ってるんです。煎りはやっぱり、僕が買ってるお店の人の煎りが巧いと思うんですけれど、豆の味が良いことには変わりありませんね。……今度は使いたいカップがあるんだけれど、言ってみようかなぁ。「アレで飲みたいんですけど」みたいな。     circus

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月24日 (土)

終わって欲しくない。

Dsc02199 「君、それはアレ―アレはご想像にお任せします―だよ」と言われました。確かにそうかもしれません。僕は確かに、そういう状態にあるのかもしれません。でも、自分でも正直よく分からない。何処までが正しい感情で、何処までが錯覚なのか。どれが愛すべき感情で、どれが割り切るべき錯覚なのか。……さて、どうでしょう。僕はただただ、大切な想いを抱えているだけなんだけれど。

 さて、今日はとても日常離れしたような、でも幸福感とまったり感に溢れた日でした。更新すべきモノはマジでちょっと溢れているんですが、今日はどうしてもそのことを書かなければなりません。……うん。

 都内某所で、花見じゃないんだけれど、ピクニック的な感じに楽しんできました。すごいわ、うん。尋常じゃないくらいにマッタリとした雰囲気。周りにいる人々や集まり、あるいは子ども達の誰よりも、僕達は和んでいました。それはどう考えても僕の力なんかではなくて、やっぱり共に集まる人達―つっても今日は二人か―のおかげによるもの。総ての空気を、彼女らが作り出してくれました。

 僕はいつもそうなってしまいます。幸福感を、享受するだけ。意識して提供することが、全然出来ない。だから、申し訳ないなぁ、とかなりの確率で感じることになります。ただそれでも、享受しても良いよ、という優しい人々がいるからこそ、僕はこうして幸せでいられるのだ、と思います。……うん、冗談じゃなくてね。

 二人とも、僕にとって現段階において、素晴らしく大切な二人です。たとえ向こうが僕をどう思っていようが、それは動かしようのないことです。この二人が、もしも何かで窮地にあるとして、そして僕が僕の意志でどうにかできるというのならば、僕は迷わずおおよそのことは何でもしてしまうでしょう。それが、僕の持ちうる中枢のポリシーと、人間的常識に反しない限り。そう想える、間違いなく筆頭の方々です。

 芝生っていいものですね。すごく暖かいし、柔らかい。そこに思い切り寝転がるだけで、心を安らげることが出来る。一人の方曰く、「ピクニックの定義は、食べて寝ること、だそうです」とのこと。あー、もう完璧ですよ。完璧に忠実に実行してやりましたとも。ちょっとだけ、寒かったけれど(笑)。

 ブーランジェピシエ―バゲットはやっぱり美味しい―やコンビニ、あるいは地方特産や酒―黒糖梅酒ってジュースみたいで美味しい―などで食物を固め、真面目なことも軽めのことも、あるいはちょっとマニアなことも話しながら、留まる。僕らの世界に存在する幸福に包まれた時間に、留まる。留まることが常に良いとは思いはしないけれど、たまにこういう時間があると、すごく心が豊かになります。

 三人して寝転がっていると、子どもがいぶかしげな好奇心旺盛な目でコチラを見てきます(笑)。でも、全然オーケー。むしろ笑顔で迎えます。親が「すいません!」なんて、すぐ遠ざけるんだけど。まぁ、アレですよねぇ、ちょっと不思議な光景ですもんね。そんな中、とても可愛らしいステキなポンチョ―クマっぽいんだな―を着た男の子がいて、「今日のヒーローはあの子ですね」なんてナゾの発言をしたり。「オレオでおびきよせるんだ」とか不適切な発言もしたり。……でも、ホントにスゴイ似合っていて、最高でした。僕が「うわー、ポンチョ欲しいわー、マジで―似合わないのは承知の上で―」なんて言っていたら、明らかに似合いそうな人が自分は似合わないからなぁと仰られたので、心の中で「いや、あなたは絶対似合うから。死ぬほど。」としんみり。

 とにかく、要は楽しかったんです、久々に。こんな風な幸福感はなかなか、ない。もうすぐ僕も他の二人も、ある意味で忙しさにまみれた社会に、多少の時差はあれども飛び出す現状で、こういう幸福感を今のうちに少しでも得られることは、非常にありがたいことだと感じました。……また、やりたいなぁ、こんなの。ていうか、動物園行きてぇ、水族館も可。

 んで、画像のクウネル。今月号は読んでいて、頬が緩む良さなので是非ご覧下さい。台所用品も、他の記事も。中にちびクウネルなるものが付いていて、さらに和みます。子どもつながりで、今日の画像。本来は桜の画像にしようかとも考えていたのですが、桜を見ていて妙に美しくて、「なんか、携帯のカメラで撮らずに、僕のイメージで残しておきたいな」と感じ、撮りませんでした。いずれどうにか、そのイメージは何かしらの形を成すでしょう。

 自然に触れ合うのは、良いです。久しぶりにそんなことを、本気で想った一日。その後にDIGAWELにも行きました。それはまた今度。

 それでは。おめでとうございます、安藤さん。金メダルです。いやね、今回はやってくれると想ってましたよ、マジで。4回転をせずにまとめたのは、作戦といはいえ残念ですが、優勝してのあの笑顔と涙を見れたら、それでもう満足です。あー、良かった。

 本日のカップ:黒糖梅酒。名前は不思議なんですが、飲むと独特の甘みで美味しい。梅の風味よりも黒糖の風味がちょいと強い感じですが、ジュースみたいに飲めてしまいます、キケン(笑)。次はシャンパンを持っていくのも良いですね、うん。     circus

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年3月21日 (水)

大いなる影響力

Dsc02195 更新が滞って申し訳ないです。長年勤めたアルバイトを辞めるにあたり、本当に感謝してもしきれないように、送別会を開いていただきました。懐かしい人達もいたり、パワフルな人達もいたり、その場で触れ合うことはほとんどない人もいたりしましたが、紛れもなく、僕らは同じ空間にいて、ある程度同じ気持ちを抱いて、十分にその意味と幸せを感じることが出来ました。こういうことは、素晴らしいことです。……僕は恵まれている人間です。

 そういうわけで、イロイロなモノまで頂いてしまいました。僕のことを考えてくれたモノであったり、美味しいモノであったり、リラックスできるモノだったり、最高に面白いモノだったりしました。その中で、恐ろしく感動してしまったのがコレです。……えーと、許可なく書いているけれど、いいかな。

 頂いたのは写真集。どうやら、古屋誠一さんの展覧会の際に作られたものでしょうか。「ちょうど展覧会もやってるんですよ」と言っていたので。今日になって、しっかり見させてもらいました。「写真集とかには好みが多分にあるので……」ということを仰っていましたが……十分に刺激を受けられます。先入観を一切排除するために、前置きの文章などは無視してまずは見てみました。

 無論、総てが総て好みなのか、と問われると果たしてそれに100パーセントでイエスと答えることは出来ないのかもしれません。けれど、やはり幾つもの写真にハッとさせられるものを感じたり、息を飲んでしまうような瞬間がありました。それは好き嫌いとは別次元の話なのかもしれません、僕にとっては。僕の場合、たとえ好きな画家や写真家であろうと、その人の作品を総て盲目的に絶賛してしまうような人間ではないので。しかしながら、確実にこの写真家には写真集には、何かがある。それを感じます。

 この写真集は、「本当に近いのだけれど遠い感覚」、あるいは「届いていて手の中にあるのだけれど何処か違う空間にソレが浮遊してしまっている感覚」、ひいては「心が温まる瞬間にそびえる、ひそやかな冷たさや寂しさ」、もしくは「目の前に確かに存在するものの絶対的な儚さ」……そういう空気が感じられました。笑顔満面で見る写真集ではないのだろうけれど、僕は結構気に入りました。せっかくなので展覧会も見てみたいところですが、いかんせん今やっているのはちょっと遠いトコロみたいなので、それがいささか残念です。

Dsc02196 感動してしまったのは写真集によるものだけではありません。その、パッケージ。画像にあるような紙に包んでくれていたのですが、これがお手製。古い雑誌のページを剥ぎ取り、ランダムな感じに、けれどどことなく整然とされるように貼り付けてあります。そして上に乗っている匙と共に黒の麻紐で結ばれていました。……麻紐からは良い香りがしていましたし。

 この作業は、感動します。「こういうことが好きなんですよ」とは言っていたけれど、それはともかく嬉しさが大きい。それはたぶん、僕自身も何かを創ることに魅力を感じていることもあるだろうし、モノを創る時に込める想い―この包みには僅かかもしれないけれど―というものの、大切さや暖かさを知っているからでしょう。

Dsc02197 ちなみに僕も、多くの仲間とお別れする際に様々な人に感謝のしるしのモノを、手渡したのですが、その中で数人の方には、自らの手で作った包み布を使いました。ソレがコレ、まぁどのようにでも使ってくださいってことで。……この間、チェック&ストライプで買った麻布を使用、裏表ですね。急いでいたのはこのためなのです。あまりに急いで相当枚数を作ったので、こだわれるポイントも省略し、さらには雑な面も出てしまいましたが、想いはすごくこもっています。

 この写真集をくれた方には、すごい乱暴な形でこの布と飴を手渡す結果になってしまったので、その方がこの布に込められた想いを感じてくれていることはないかもしれません。それは明らかに僕の自業自得なわけですが。……少しでも、何かを想ってくれていると僕としてはすごく嬉しいけれど。

 この方は、尊敬できうる人です。なんというか、とてもしっかりしてらっしゃる。僕は非常に好感を持っています。前に書いた「ドイツの薬ビン」もこの方から頂いたし、「知人の大きな卒展―この方は写真―」というのもこの方。うーん、感嘆するしかない。……しかもね、好みがかなり近いみたいだから、なおさら。話していても、かなり彼女なりの考え方を持ち、かつそれを表現しようとし、その上でまた考えているのが伝わってきます。それが心地良い。僕は言葉で表現するのがヘタなので、余計にそう感じるのかもしれません。

 長くなりましたが、そういうことです。尊敬している人とは、たとえそれがいかなる形であれ、繋がっていられたら素晴らしいだろうなと想います、切実に。そうすることによって、僕も少しずつ成長できるのも確かですし。今の段階で、周りに数人そういう風に強く想う人がいますが、彼女はその筆頭です。……なんか、すごく個人的な更新になってるけれど、大丈夫かなコレ(笑)。

 それでは。長々と読んでくれた方、ありがとうございます。個人的な更新だけれど、想いという意味においてはすごく普遍的なことを語ったようにも思えます。いずれにせよ、何かを感じていただけたなら幸いです。二日分の想いがこもっているから、長くなってしまったのかなぁ。……ま、僕らしいといえば僕らしい。

 本日のカップ:三ツ矢サイダー・レモン。マジでこれにハマっているみたいです。近々、記事にもしてしまおうと思います。もう一つの名作と共に。うちにこのペットボトルがゴロゴロしてるのは、壮観です(笑)。     circus

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月 5日 (月)

檻が欲しい気分

Dsc02168 更新が滅法遅いのは、僕の周りにいる人の中で、大切な人に属する一人と話しこんでいたり。ブログもモチロン、こうしたスタンスでやっている以上、重要視して生活してしまってはいますが、そりゃあ人には敵いませんがな。……でも今日は、ちょっと痛い一日だったなぁ。己のあまりの未熟さに、吐き気がしそうになりました。

 さて、うちには最近こんなモノがやってきたそうです。これまで健康志向な面はあんまりなく、例えあっても食物に関してのみだったにも関わらず……あれまぁ。血圧計ですって。必要に迫られて買ったのか、健康志向で買ったのかは定かではないのですが、なんだかオモシロイ。

 今のってすごいですね。小さい頃に遊んだような、あのギューっとなるやつが普通に付属して、それではかるんですねぇ……驚き。どれだけ、自分がこういうモノに疎いかが分かります(笑)。んで、あるとやっぱり気になるじゃないですか、自分の血圧。

 こういう家庭用ってのは、一回測って正確とかではなくて、長いスパンで測ってその上がり下がりを重視するってのは、それとなく分かっているんですけれど、単発的な結果も気になるわけで。ポチッ……ギュウー……ギュィーン…………グッ……プシュー……。って。

 結果としては、具体的数値はアレとして、そこはかとなく健康ではあるみたいです。高血圧でもなく、低血圧でもなく。ただ気になるところは、どちらも正常範囲内とはいえ、妙に上と下の差が広いことです。下がかなり低いんですよね、正常範囲内において。問題はないんでしょうが……なぜかひっかかります(笑)。朝が苦手なのはこのせいだろうか……などという、逃げの思考をかましてみたりしちゃいます。ただ単に、ぐうたらなだけだというのに。

 せっかく家にこんなのが来たので、毎日、とは言わずとも、何日かに一回、それっぽく測ってみようかと思っています。その中で高くなってきたら、肉を控えるというか。……まぁ、既に最近は肉を控え気味なんですけれどね、健康のためじゃなく、好みの問題で。

 ではでは。僕はたくさんのことを気にしすぎる傾向にあるんですが、それは良くもあり悪くもあると、ひしひしと感じます。あー……なんだかなぁ……センチメンタルな気分に少しだけなっています。表向きには忘れていることでも、節々に思い出してしまって、いろいろ感傷的になるものですね。

 本日のカップ:タンザニア/コーヒー。うん、やはり。これはこれで十分に美味しくはあるけれど、コクが足りない。ガツンとくるしっかりとしたボディが足りない。ブラックバーンがまた売りに出されるまで、しばらくタンザニアは控えようかな。……今とまた農園が変われば、一応は飲んでみたとしても。やっぱり僕にとっての絶大な信頼はサンタカタリーナ農園のグァテマラに違いないみたいです。     circus

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月16日 (金)

コミット

Dsc02151_1  池袋リブロの主催で、イルムスにおいて古本市をやってたんです。んで、何点か欲しい写真集だとかもあったりしたんですが……どれも足元見すぎな強気な価格。状態なんかを加味すると、買うわけにはいきませんでした。もう少しの間やってるみたいなので、次は半日くらい費やして吟味したいところです。今日は、時間がなさすぎたので。

 今日はぶらぶらしてみました。最大の目的も達成し、無駄に疲れた面もあれど充実した日でした。今日は、そのアウトラインみたいなことを。

 向かうは代官山。その前にヤボ用を済ませていたので、昼頃に代官山へ到着。オクラやセントジェームス、ハリウッドランチマーケットなどいつものルートを辿りつつ、A&Sはまだやってないなぁ、とか思いつつランチを食べに、「トムズサンドウィッチ」へ。……今年に入ってから、既にかなり頻繁に来てます、よく考えたら。今日のランチはハム&チーズを選択。クセの強いチーズに、アッサリ目のハム、そしてマヨネーズソースがよく合います。

 ただ、トムズに関してはここんとこ娘さんがめっきり厨房に立っているんです。レシピは一緒なので美味しいには違いないのですが……なんか、ちょっと違う。焼きの加減とか、ソースの配分とか、すごく小さなポイントが違う。村上春樹さん風にいえば「サンドウィッチを作るための、純粋な才能のようなもの」に差があるというか。うーん、もっと頑張って欲しいところですね、まだまだお世話になるので。

 食後にまだ少し小腹が空いていたので、その足で「ヒルサイドパントリー代官山」へ。家用のバゲットやライ麦パンを含め、その時食べる用のクリームチーズパンなどを購入。画像はそのバゲットです。もの凄く特別ではないけれど、すごくフラットに美味しいのです。焼きたてだと、なお更。……ところで、ここのライ麦パンはかなりイイ線いってまして、美味しいのでお試しアレ。もう少し酸味があっても良いけれど、相当満足の出来る具合です。

 幾つかの古着屋なんかを回りつつ、カウブックス方面へ。目的は純粋にプリズナーリサーチの下見。うーん、ええ、今はコメントしないでおきます。是かも非かも。ネイヴァルリサーチに関しては、猫目ボタンを用いてあるシャンブレーっぽいシャツがステキでしたね。裾にかけての広がり方がキレイで。……ところで、小林さんが普通にいました(笑)。外で腰掛けて本読んで。カッコイイです、自然な格好が。それにしてもジェネラルリサーチ―もうこの名ではないけれど、呼びなれているから総称として呼びます、僕は―はやっぱり好きです。なんだろう、モノの空気感とかなのかなぁ。

 そして、その足でDIGAWELさんへ。あるモノを購入し、しばし雑談。面白いモノうんぬんとか、シャツについてとか……いつでも、ためになる話を聞かせてくれます。ただ、缶コーヒーの缶をDIGAWELさんに置き忘れるという大失態を犯してしまいました、この場を借りてごめんなさい。また、春物に関するお話も若干お聞きし、楽しみになってきました。既にその話を聞いた中で、購入を心に決めたのがあったりします、気が早い(笑)。

 その後最大の目的のため、恵比寿へ。……えーと、いつも行く行き方でいけば良いのに、なぜか今日に限って「なんとなく、いつもと違うこの道で行ってみるべ」なんてことをしたもんですから、大変でした。極度の方向音痴な人間がそういうことをしてはいけませんね……めっちゃくちゃ迷いましたよ、はい。目的の場所に達するまで、倍くらいの時間を要してしまいました。猛反省。誰か、僕のこの方向音痴を治す術を教えてください、はぁ。

 しかし、目的の場所では満足いく結果を得ました。それはまた後日とういうことで。最高ですよ、マジで。僕の最大に尊敬すべき対象は、間違っていなかったと確認できました。ヒントとしては、またしてもお菓子です。どうぞ甘いモノ好きな方、後日をご期待ください。……って、ホントに食べ物ブログみたいになってきてますね(笑)。ま、それもまた一興。

 帰宅時に池袋に立ち寄り、古本あさり。後日にまた行きたいなぁ、もう少しゆっくり。古本とは関係なく、気になる別冊雑誌があったので、購入。これから目を通しますが……ま、ソコソコ面白いでしょうきっと。それにしても今日は沢山歩きました。本来なら代官山~恵比寿~祐天寺と回るのが早いし、電車も使えって話なのですが、あえて総て歩きで代官山~祐天寺~恵比寿という遠回りのルートを使ったからですね。たまには、いいでしょ、晴れてたし。

 ではでは。もう冬は、終わりなのでしょうか。このまま春になっても、個人的には春大好き人間なので構わないのですが……。こういう感じの天気だと、油断を招くので危険なんですよね。昼間が暖かいために、薄着で外出してしまい、夜に凍える。んで、風邪を引くという。今年は絶対にソレをしないように、と決めています。だもんで、暖かくなるなら完全に暖かくなっちゃって欲しいですね、花冷えなんかもやめて欲しい(笑)。自然に対する要望です。

 本日のカップ:野菜スープ。トムズサンドウィッチにて。ちょっといつもより薄味な感じがしましたが、スープはそれでも構いません。暖かいスープってのは、本当に幸せを喚起してくれます。ランチにスープが加わるだけで、僕としては満足度が一気に上がります。     circus

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年2月 3日 (土)

小春日和

Dsc02124 本当の無力さを、僕はまだ味わったことがないのかもしれない。……ところで、伊勢丹からアンダーカバーオープンのDMがきていました。まぁ、なんというか、伊勢丹にいろんな頑張りがあるのは分かるし、アンダーカバー(レディス)自体はそこそこ頑張っている気がするのでいいんですが……これ以上、百貨店なのにふざけた転売ヤーとかその関連の人達が、たとえ入荷の一時としてもこぞって集まるのは、気に食わない。某ナンバーナインだって、ひどかった。社会におけるアパレルの地位の認識が未だにすこぶる低いのは、そういう下らないプレミアだとか転売だとか、はたから見るとあまりにも気持ち悪い状態がはびこっているからな気がしてなりません。下世話というか。……毒吐いてますが、一理くらいはあるんじゃないかなぁ。

 今日は、もの凄い久しぶりに下北沢に行ってみました。それにしても、しばらく行かないうちに、なんだか下北沢は原宿チックな雰囲気を持つようになりましたねぇ。……奥ばったところはまだそうでもないんですが、駅前の雰囲気が。好きかどうかは別として、「僕のいるべき空気ではないなぁ」と感じてしまいました。……いえ、下北沢が悪いのではなくて、要は僕が馴染んでいないだけだと思いますが(笑)。

 目的としては、古着屋をふらっとすることと、画像のところへ行くこと。あはは、画像はパンですけれど(笑)。チクテカフェに行ってきたわけです、ふと気が向いて。町田のチクテベーカリーに行くのも良かったんですけれど、ちと遠いので。パンが食べたかったんですよね、早い話が。……特にアレを。

 ということでモチロン食べたのは、イングリッシュマフィン。セットなんで、ニース風サラダ、コーヒーと共に。野菜の波が来ている今、サラダが美味しく感じるのは必然。それと、マフィンってやっぱり美味しい。バター・ハチミツ、ハム・チーズともに好相性。……近場にこれくらいマトモなマフィンが売ってればいいんですがねぇ。ちなみに冬季限定のクリーム系のスープも美味しかった。温まります。

 土曜日だったせいか妙に混んでいて、何度「お待たせしてすいません」と言われたことか。別に自分が食べたくて好きで並んでいるのだから構わないのですけれど、そういう言葉をすっとかけられると、「あぁ、また来ようか」なんて思いますよね。

 まぁカフェなわけですから、学生基準のランチ的な価格としては若干高いのかしらとも感じますが、チクテカフェは空間代といいますか。現代ではこういうタイプの、落ち着くカフェみたいなのってところどころにあったりしますが、チクテはとても好みです。……うーん、いい。落ち着く。コーヒーの味は、もう少し頑張って欲しいですが。

 少しですが物販もやっているので、しっかりパンも買っておきました。マフィンは当然のごとく総て売れていたので(物販用はほんの少ししかないんですよね)、くろカンパーニュを。「そういえば昨日、メゾンカイザーででっかいセーグルカンパーニュを買ったばかりなんだけどなぁ」と思いつつも、味比べも兼ねて。……チクテオリジナルのシーチングのポーチも可愛かったですが、まぁあれなら自分で作れそうだし、ディーン&デリューカのほうが使い勝手良いし、ということでスルー。

 カンパーニュの味はと言いますと、うんまぁ、甘い香りがあってなかなか。でもやっぱりチクテさんはマフィンが格別ですか、うん。メゾンカイザーのも、まぁまぁ。メゾンカイザーのはセーグルを売りにして売っているパンなら、もう少し酸味が欲しいかもとは思いましたが。……パンも作りたいなぁ……。

 さて古着屋はと言いますと、目的のモノは見つからず。まぁ、そうそう見つかるもんじゃないので、仕方ないですが。そうやって古着屋を回っていると、なまじ良いモノがあったりもするため、キケンです。ガマンしましたが。

 あ、チクテカフェは是非とも一度行ってくださいね。次は面倒を気にせず、ベーカリーにも買いにいこう。

 では。ついに、自分の部屋の洋服用スペースに限界が訪れてきたようです。なんとか、なんとかしなければ。あんまり着ていない服なんかも、ちょいちょい処理しないといけないですか。ファッション系のブログとかをやってる方って、その辺はどう解決するんでしょう。やっぱ売ったりあげたりするんでしょうか。……だって、増えるペースに追いつかないですものねぇ、スペースが。

 本日のカップ:エチオピア/コーヒー。エチオピアにしては、あんまり独特な香味はしなくて、どちらかといえばマンデリンに近い感じでした。兄が淹れたんですけれど、最近兄がハマっている「極端に粗め、高温抽出」でやるとこうなるそうで。……んー、スッキリしているし美味しいけれど、僕としてはいつものように、コクや甘み系を意識して、香りを立たせたほうが好きです。     circus

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月21日 (木)

足下

Dsc02073 冷たくしているつもりは全くないのに、冷たいとか、怒っているつもりは全くないのに、怒っているとか思われたりするようです。なんだかなぁ。今までのいろんな経験が、僕の普段の佇まいをそういうようにしてしまっているのかもしれませんね。……自分で言うのもなんですが、悪い人間ではないとおもうんですけどねぇ(笑)。

 今日はザ・東京へ行ってきました。要するに東京タワーですね。なんだかんだ言って、東京にめちゃくちゃ住んでいるくせに一度も行ったことがなかったココ。ま、えてしてそういうモンではありますけれどね。……現地の弱みというか、いろんな状態は存在すれど、現地だからこそ縁が薄いってのはよくある話です。

 展望台に当然行くわけですが、ソコソコ長い時間滞在しました。しかも上の方のやつに。結局のところ、上の展望台だけでも2時間近く滞在していたかと。……えー、たぶん最長な気がします。少なくとも今日来ていた人の中では。かなり、光を見ていました。

 しかしながらそのおかげで、ディズニーランドの花火をついでに見ることが出来ました。ディズニー内で見るよりはそれはそれはミニサイズに見えますけれど、キレイなことには変わりなく、なんだかトクをした気分になりました。……展望台としての意義を、しっかり感じることは出来たかなと。

 普通の展望台に、下が見える床がありますよね、ガラスの。あれねぇ、縁まではいいんですよ、全然立てるんです。でも、ど真ん中に立つとなると、なんだか気が引けるんですよね。そりゃあ、落ちないことは分かってますよ、当然。でも乗っかると妙に縁がきしんだりするのが、どうにも。……高いトコロ総てが苦手なわけではありませんが、結構苦手なタイプらしいので、僕は。

 画像はあんまり完璧には撮れていませんが、夜の外での携帯ではこれが限度でしょう。もっとまともなデジカメとかならハナシは別なんでしょうが。……ま、そしたらそれはそれで、「このレイアウトはいかがなもんか」とか「この明るさはなんとか抑えきれないもんか」とかイロイロ考えたりしてしまいそうなので、これぐらいで悪くないです、はい。

 んでは。携帯のバッテリーの持ちが死ぬほど悪かったのですが、ようやく慣れてきてくれたみたいで、少しずつきちんと持つようになってきました。使い心地には、まだいささか不便はありますが、SO902iは何気に良い携帯な気がします。うん、やはり僕の選択は間違っていなかったですね。

 本日のカップ:エチオピア/イルガチェフェ村/コーヒー。そろそろ豆がショートしはじめてきました。スターバックスのブラックエプロンが比較的余っているので、まだしばらくはもちそうですが……最近は毎日しっかり淹れているので、消費が激しいですね。ま、そのほうが腕としても味としても良いので、続けたいとは思いますが。     circus

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月10日 (日)

夢の国まで―参の巻―

Dsc02044 時が経つのは早いもので、もうすぐこのブログも一周年になりつつあります。正確にいけば、あと2日くらいでしょうか。なんだかわかりませんが、ちょっと楽しみです。……うん。

 夢の国に行ったなら、やはり欠かせないのはお土産ってことになるわけです。とりわけ、お菓子。んでも、重要なのはお菓子の内容よりも、見た目だったりします。今回も、見た目重視と、堅実な中身のお菓子をお買い上げ。……堅実ってのは、要するにアレですね、チョコクランチ。ベタ中のベタです(笑)。

 僕の中では、ディズニーに関しては「キャラクターうんぬんよりも、全体の雰囲気が異常に好き」っていうタイプではあるのですが、そんな中で燃え上がって、ついついはっちゃけてしまうのがプーです、プー。ハニーハント最高です。……もんのすごい幸せ感が溢れてるじゃないですか、プーって。それがどうしようもなく、好き。

 お土産も、自分の絡むモノを選ぶとなると、当然プーになるわけです。今回、心を打ち抜いたのは、コレ。つぼです、ツボ。はちみつつぼ。あー、なんて羨ましいのでしょう。一回、つぼの中に手を突っ込んでみたいものです。……ちなみにもう一つ買ったプーもつぼです。以前にこのブログでも出した気がする、つぼキャンディー。

 コレ、見た感じも質感も結構好きなのですが、唯一欠点が。それは真ん中に付いておる顔です。これがねぇ、せめてもう少し膨らみがある感じだったら、最高だったのに……。プーのつぼですよっていう印なのでしょうが、もっとこう、出っ張り的な……ってそんな熱く評価しているのは、僕くらいのもんでしょうね(笑)。

 贅沢を言えば、どでかいプーを背負って帰りたいところではあったのですが、サスガにソレはいろんな意味で許されないので、止めておきました。誰もが一度は思いますよね? あのプーを連れて帰るんだい!って。……ま、実際そうなったりしちゃうと、部屋にソイツを常駐させるスペースはそれほど無いんですけれど(笑)。

 ではでは。DIGAWELのマウンテンパーカー、どうやら兄もちょっと見に行くみたいです。買ってしまうんですかねぇ。狙いは初めっからネイビーだそうなんで、おそらく在庫はあるんじゃないかって気はしますが。せっかくだから、兄が僕にDIGAWELで売ってるグレーの手袋を買ってくれたら嬉しいのに。……ありえませんけどね。

 本日のカップ:コロンビア/オズワルド農園/コーヒー。ダッチーオリジナルのレモンビスケットと共に。あーコレ、最強です、最強。めちゃくちゃ素晴らしい。コーヒーも抜群においしいし、なによりダッチーオリジナルのビスケットが毎度のコトながらヤバイ。ビスケットでは最強なんじゃないでしょうか、ってくらい。……絶対食べてみて欲しいですね、まだ食したことない人は。あ、麦全開のオート味も超おススメです。     circus

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月 7日 (木)

夢の国まで―弐の巻―

Dsc02016 感じ取ったイメージを、何気なく繰り返していたら、いつの間にか形をなそうとすることがあります。とても良い傾向です。今までに僕があまり使うことの無いコード並びや言葉が、するすると出てきます。……久々に、歌って気持ちの良い曲が出来そうではあります。

 ディズニー企画の二回目。ファストパスって取るじゃないですか、やっぱり。んで、それと普通の並びとの時間の兼ね合いやタイミングってのが、ディズニーでは結構重要だったりします。……今回は恐ろしいほどにいろいろなタイミングがピッタリでした。

 ファストパスを取ること、普通に並んで乗ること、パレードのギリギリの時間に丁度乗り物から戻ってくること、たまたまシンデレラ城のライトアップを見ていた角度から、うまい角度で花火を見ること……その他モロモロ、ほとんどのことがストレスを感じることなくスムーズに動くことが出来ました。ま、僕の力ではなくて、明らかに相方側の運や意外なほどのテキパキさによるものですけれどね(笑)。感謝。

 そんな中、アクシデントは起こりました、唯一。イッツ・ア・スモールワールドでのことです。眠くなりそうだけれど、せっかくクリスマスバージョンだから乗っておこうや、ということで乗ったのですが…………はい、途中でイキナリ停止しました。しかもそこから結構な時間、ずぅっとそのまま。眠いどころか、明るい小さな世界がなんだか虚しく感じるところでした。……止まったポイントがまた微妙なんですよね、よりによって南国調ですから。

 ソコソコ時間が過ぎると、ようやくゆったり動き出し、ゴール。すると、アレですよね、なんにも無いはずがないんですよ、天下のディズニーですから。僕達は大丈夫だったけれど、もしかしたらファストパスの時間が過ぎてしまった人や、タイミングが悪くなってしまった人もいるかもしれないわけですから。ホントに長く止まっていたので。……そしたら画像のコレです。なんか、手っ取り早くアトラクションに取り掛からせてくれるそうです。一回だけ。

 そうです、と語尾を濁しているのは、僕達はコレを結局使わずじまいだったからなのです。夜までの時間帯では、並ぶなんてことはファストパスの絶好のタイミングのおかげでほぼ皆無でしたし、夜もはっきり言って空いていたせいです。唯一、ビッグサンダーマウンテンにおいて使おうかという雰囲気も出たのですが、その後に何か混んでいるのがあるかもしれぬ、なんて使わなかったんですよね(笑)。……あー、もったいない。とはいえ、別にそれがダメってことはないんですけれど。

 ただただ気になるのは、使ったらどうなっていたのか、ということ。ファストパスがある乗り物ならば、そこから入れてくれるのかという気もしますが、ないのは果たしてどうなるのか。……アレですかね、芸能人用の扱いとかをかますのでしょうか。別枠で、「コチラからどうぞ」みたいな。それはそれで経験してみたかったような気がします。どうなるのか、知っている方、いらっしゃいますでしょうか?

 ま、ともかくそんなアクシデントがあるのも、またスゴイな、と。滅多に起こることではない、というか巻き込まれることはないですから。良き思い出かな、と前向きにディズニーを擁護したりしてみます(笑)。……不思議なモンで、やっぱり止まっていても誰もキれないし、文句も言わないんですよね、本当に。やんややんや、ともならない。みんな幸せを崩したくないし、ディズニーをそれなりに信頼しているからでしょうね。コレって、結構スゴイことですよねぇ……うん。

 ではでは。さて、詩を書く作業に戻ります。おともはやはりコーヒーと、真っ白い単なる紙と、どこにでもあるようなエンピツです。書いては、グシャグシャして、また書く。混沌までたどり着いたら、違う視点で削ぎ落としたりする。その、繰り返し。ほとんど英語は使いません。カタカナ語は使うけれど。英語を使ったのは、過去に一度限り。……ま、どうでもいいですかね。

 本日のカップ:エチオピア/イルガチェフェ村/コーヒー。濃い目に抽出する結果となりました。ま、それでもえぐみが出ないということは、少なくともまともな淹れ方が出来ているということでしょう。それにしても、豆が優秀でたまらない。素晴らしいクロップです。     circus

| | コメント (0) | トラックバック (0)